妊娠前の保険の見直しは大事?もしもの時に妊娠中でも加入できる保険と一緒に説明します!

最近は保険が私たちにとってぐっと身近なものになりました。保険業の自由化で、保険を取り扱うお店も増えたり、商品も増えたりして、いったいどんな保険をどんなタイミングで選べばいいのか、とても難しくなってきているのも事実です。今回は妊娠に入っておくといい保険妊娠中に入れる保険についてご紹介します。

もし保険加入を考えているなら妊娠中よりも妊娠前に!

皆さんはご自身がどのような保険に加入しているか、その保証内容などきちんと把握していますか?

健康な時には加入しやすい保険ですが、妊娠や出産時には加入するハードルは高くなります。妊娠前に加入している保険をきちんと把握し、見直すことが非常に重要になります。

いろいろな保険の種類があるので、加入の際は保証内容などを検討して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

妊娠・出産において保険は必要?

妊娠や出産時にどれだけのリスクがあるのでしょうか。保険に入らなくても大丈夫なのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

保険の多くは妊娠・出産は給付金対象外ですし、妊娠から出産の中で、異常や問題が発生しなかった場合であればなおさら、保険の必要性がないことになります。

けれども万が一のリスクに備えて保険に加入することは、とても賢い選択です。以下のことがその理由として挙げられます。

妊婦の状態や出産形態によっては医療費負担が増える

妊娠中にどんな症状が出てくるか、どんな出産形態になるかは誰にも分かりません。妊娠によって身体に異常が現れて入院することも、自然分娩のはずが帝王切開になることも起こりうることです。

そうなると高額な医療負担を強いられることもありますが、保険に加入していれば、給付金で賄えます。

妊婦健診で子宮などに異常が見つかることもある

結婚や妊娠を機に、婦人科で検査を受けたところ、子宮筋腫が見つかったという例もよくあります。その時に子宮筋腫をケアしてくれるための医療保険に入りたくても、妊娠中ということで加入出来ないということもあります。

妊娠前に入っておけば、妊娠後に発覚したとしても子宮筋腫の治療分の医療費は保険で対処出来ることもあります。

保険加入は妊娠前がおすすめです

加入する女性

基本的に妊娠中は保険に加入することが、できないのは知っていますか?保険は健康状態の人しか入る事ができません。

妊婦は健康体ではありますが子供がお腹にいるという通常とは違う状態であるため、保険に入る事がとても難しいのです。

可能であれば妊娠前に入ることをお勧めします。

加入している保険を妊娠前に見直そう

結婚後、妊娠を希望する前には特に医療保険を見直してみましょう。妊娠前のブライダルチェックで子宮筋腫や子宮がんが見つかったりすることもあり、分かってからでは保険には加入できません。妊娠前に医療保険を見直すことをおすすめします。

他の保険の中でも見直すべきものはあるのか、新たにどのような保険に加入すべきなのかをぜひ一度夫婦で話し合うことが大切です。

妊娠中でも加入出来る保険はあるの?

妊婦

もし保険加入前に妊娠した場合、もしくは現在妊娠中の妊婦が保険に加入したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

最近は、条件付きではありますが、妊婦さんでも入れる保険が出てきています。

何週までの妊婦なら加入可能?

保険会社、保険の種類によっても違ってきますが、だいたい27週までの妊婦さんは保険に入ることができます。

その他、27週以降や10ヶ月になっても加入可能な保険もあります。

加入の際の注意点とは?

保険料が通常の保険よりも割高になっていることや、妊娠の経過によっては加入できなかったり、特定部位不担保が付いたりすることもあります。

医療保険においては以下のような妊娠中に起こる様々なトラブルには給付金が支払われないことが多いようです。

  1. 切迫早産
  2. 帝王切開
  3. 子宮頸管無力症
  4. 子宮外妊娠
  5. 早期破水
  6. 全治胎盤
  7. 妊娠中毒症

その他、女性特有の疾患の多くが保証対象外となることが多いようです。

帝王切開は通常保険に入っていると、手術とみなされ一時金が支払われますが、妊娠中に入るとこれがもらえないことがあります。その他に子宮疾病など妊娠中に特に考えられる疾病についてはこの特定部位に入ってしまい、給付金が受け取れない場合があります。

医療保険に迷ったらこれ!口コミ&保険比較

関連記事:

医療保険に迷ったらこれ!口コミ&保険比較

子供が生まれると保険の事を考えなければなりません。パパやママの医療保険…

妊娠前に加入したいおすすめ保険紹介

次からは妊娠前に入っておくことをおすすめする保険と、妊娠中に加入出来る保険をご紹介します。まずは妊娠前に入っておくことで女性が助かる特典のある保険をご紹介しますので是非お早めにご検討くださいね♡

メディカルkit 女性プラン

東京海上日動ひまわり生命のメディカルkit女性プランは健康なら5年後とに給付金がもらえるのがオトク。もちろん女性特有の疾病にも手厚い保障があります。

女性特有の特定疾病で入院した場合には給付金が上乗せされます。

妊娠前に入っておくことで、妊娠をきっかけに判明した女性特有の疾患などにも対応できます。

メディカルkit女性プラン

ABCおかあさん保険

比較的新しい保険の種類で、「少額短期保険」といいます。補償内容も契約金額も通常の保険とは違いずっとリーズナブルになります。

ABCおかあさん保険は、少額短期保険の女性保険部門で売り上げNo.1を誇る少額短期保険専門の保険会社、ABC少額短期保険会社が取り扱う女性向け医療保険です。

若い女性で、保険の支払額を少額に抑えたい方に向いている保険で、通常は保証対象外の普通分娩に伴う入院も保障の対象となっている保険です。

出来る限り妊娠前に加入することをオススメしますが、ABCおかあさん保険(ABC少額短期保険)は妊娠19週目までならその妊娠に伴う帝王切開の費用も保険の対象になります。

ABCおかあさん保険

終身医療保険フレキシィ「女性専用タイプ」

終身医療保険フレキシィには女性専用タイプがあり、女性特有の疾病には手厚い保障があります。

入院給付金は女性特有の疾病であれば上乗せもありますし、10日以上の入院給付が5年以上ない場合は5年ごとに健康給付金5万円が受け取れます(90歳まで)。

若いうちに加入すれば毎月の支払額も安く抑えられ、保障は一生涯続きます。

終身医療保険フレキシィ「女性専用タイプ」

妊娠中に加入できるおすすめの保険

保険加入する妊婦

では、妊娠中に入れる保険にはどんなものがあるでしょうか?おすすめの保険をご紹介いたします!

EVERYONE(エイ・ワン少額短期保険株式会社)

33週までに加入すると、帝王切開なども保障してくれます。ただし、加入時に帝王切開での出産を指摘されていた場合は対象外になってしまいます。

死亡保障はなく、お手軽な少額短期保険になっています。

詳しくはこちらから♪

なでしこくらぶ(フローラル共済)

妊娠10ヶ月まで加入できます、加入時に妊娠していなければその後に妊娠した場合の正常分娩についても保障してくれます。

妊娠している場合は、身体の状態によって条件がついたり、加入出来ない場合もあります。

詳しくはこちらから♪

入院保障付死亡保険(フローラル共済)

妊娠27週まで加入できます、異常分娩に関しての保障はされます。

正常分娩での入院保障もされるようですが、妊娠前の加入に限る可能性がありますので確認したほうが良いです。

詳しくはこちらから♪

たすけあい 女性コース(コープ共済)

特に制限は設けられていませんが、加入時に異常分娩を指摘されていると保障されない可能性があります。

また、生協の組合員のみが加入できる保険になります。

詳しくはこちらから♪

保険の見直しはパートナーと専門家のもとで

保険についてしっかり見直そう

妊娠してから加入できる保険が多くなってきましたが、妊娠前に加入した場合に比べ、条件が多く加入した時の妊娠に関して全く保障されないといったことが考えられます。

保険によっては妊娠前に加入すると、正常分娩についても保障してくれる比較的安くうれしい保障内容の保険もあります。結婚してすぐ、妊活を始めるまえなど…妊娠する前に加入が賢い方法です!

ライフプランの見直しは必ず専門家の指導のもと、妊娠前に夫婦で行ってみて下さいね。

「保険」「妊娠前」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!