防衛医科大学校病院の口コミと体験談

防衛医科大学校病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

防衛医科大学校病院について

防衛医科大学校に付属している病院の産科です。地域の中核的な病院であるため、埼玉県各地や隣接する東京多摩地域からの妊産婦さんも多くいらしています。ハイリスクの妊婦さんに対応してくださるため、高度な医療、急変時の迅速な対応などが期待できると思います。

防衛医科大学校病院の基本情報

防衛医科大学校病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

埼玉県所沢市並木3丁目2

出産にかかる費用

約30万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

防衛医科大学校病院の良い点・オススメポイント

個人の産婦人科病院にあるような、妊婦さんを喜ばせてくれるような設備や食事はありませんが、病院自体のありかたとして本来あるべき姿としての「安心な出産」に集約されています。健康で途中経過も順調な妊婦さんには必要ないかもしれませんが、妊娠というものは人それぞれに状態が違います。ふだんの生活では全く問題のない人でも、妊娠すると身体の状態が変わってしまったり、また赤ちゃんに問題が出てくる場合があるかもしれません。そういった不安を持った方にはおすすめの病院です。

防衛医科大学校病院を選んだ決め手!

近くに個人の産婦人科も何軒かありましたが、「なにかあったときに安心」という家族の意見もあり、わたしも夜間でも対応してくださるという安心感から、総合病院の産科にしました。実際、わたしは妊娠中に何度もトラブルに見舞われ、緊急入院をすることになりましたが、すぐ対応していただきました。

防衛医科大学校病院の改善して欲しいポイント

総合病院の抱える大きな問題のひとつですが、やはり訪れる患者さんの数が多いので、外来診療は順番待ちがかなり長いです。基本的に予約診療ですが、予約の時間から2?3時間過ぎてやっと診てもらえるということも多々ありました。構造的な問題で、改善するのはなかなか難しいのかもしれませんが、その点は患者さんに優しいとは言えないと思うので改善してほしいと思います。

防衛医科大学校病院についてもっと詳しく

以下では、防衛医科大学校病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科医の先生は、権威ある教授の方や経験豊富なベテランの先生が多くいらっしゃいますので、安心してお任せできるという印象です。看護師さんも優秀なかたが多く、適切な判断をしていただいて有り難かったです。優しく温かい看護師さんに癒されました。

院内の設備

個室あります。医療の上で必要と認められた場合は個室の差額料金はかかりません。設備は、華美なものなどは全くないので、殺風景に感じられてしまうかもしれません。必要なものが過不足なく備えられているという印象です。また、産科病棟にはテレビがおいてありません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はごくごく普通です。豪華なフルコースのようなものは一切出されません。一般的な病院食です。アクティビティとしては、骨盤を元に戻すための体操を毎日行う時間があります。他には、赤ちゃんとの退院後の生活に向けた沐浴指導やおっぱいマッサージ等、適宜行われています。

私の防衛医科大学校病院での出産体験談を紹介します!

初めての赤ちゃんを身ごもった時、喜んだのもつかの間、妊娠が分かってから1週間目で出血があり、急きょ病院に駆けつけました。つわりもありかなり身体も辛いなか、かなりの時間待たされて、やっとエコーで心拍が確認された時は涙がこぼれました。わたしはあまり妊娠向きの体質ではないらしく、つわりでほとんど何も口にできず、7kgも体重が落ちてしまい「これ以上体重が落ちたら入院だ」と言われてしまったりしました。6か月目に入りやっとつわりがおさまり食事も摂れるようになったら、今度は7か月目に入った途端、おなかの張りがおさまらなくなり、夜中の12時に病院に電話したら「今すぐ来てください」とのこと。診ていただくと子宮口が3cm開いているとのこと。そのまま緊急入院となりました。おなかの張りを抑える薬を点滴し、トイレ以外の移動は禁止状態で3週間。あまりにも、精神的にも参ってきてしまったので主治医にお願いし「家で安静にしているなら」という条件つきで退院させてもらいました。それからは出産予定日までなるべく近づけるように毎日をおそるおそる過ごしている状態でした。28週、30週、32週・・・というふうに今○週だからあともうちょっと、とカレンダーを見ながらおなかの赤ちゃんに「がんばって」と話しかけているような毎日でした。予定日よりも2週間余り早く陣痛が来て、入院。規則的な陣痛が始まってから36時間かかっての出産でした。夜中じゅう ナースステーションのベッドでうんうん唸りながら、頭がもうろうとしていました。満開の桜が咲く、青空のきれいな美しい朝、わたしの初めての赤ちゃんは元気に生まれてきました。元気な元気な男の子でした。神様にありがとう・・・と心から思いました。

防衛医科大学校病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この防衛医科大学校病院の体験談・口コミは、ー時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(189745)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!