総合病院浦河赤十字病院の口コミと体験談

総合病院浦河赤十字病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

総合病院浦河赤十字病院について

苫小牧から襟裳町に向かうまでは出産できる病院が浦河赤十字病院までないので、産婦人科は込んでいるほうです。 けれども、常在している産婦人科医はおらず3?4日ごとに先生が変わります。出張医は苫小牧市立病院や王子病院、 札幌の病院の先生が多いです。

総合病院浦河赤十字病院の基本情報

総合病院浦河赤十字病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

北海道浦河郡浦河町東町ちのみ1丁目2番1号

出産にかかる費用

42万円以下(助成金が残り戻ってくる程)

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

総合病院浦河赤十字病院の良い点・オススメポイント

田舎ですが「ここで出産したい」と思うほど綺麗です。 そして、小さい子供を連れて行っても、助産師さんたちは子供に声をかけてくれたり 自分が受信している間抱いていてくださるので安心感があります。 もし、何かあった時にはやっぱり苫小牧や札幌へ運ばれてしまいますがスタッフの方が身近に感じられるので 浦河赤十字病院をえらんでしまいます。

総合病院浦河赤十字病院を選んだ決め手!

決め手は近くに浦河赤十字病院しか出産できる場所がないということです。町の病院なので妊娠していることを知られたくなくても知られるので、最初は出産に対応していない産婦人科へ行ったのですがやっぱり最初から最後まで経過を見てもらえるところを選びました。

総合病院浦河赤十字病院の改善して欲しいポイント

常在していただける産婦人科医がいらっしゃったらいいなと思います。 もし、それができなくても、3,4人の少人数の先生で検診をしていただければもう少し身近に感じることができるのではないかと思います。そして、不妊治療外来ができればとおもったことがあります。

総合病院浦河赤十字病院についてもっと詳しく

以下では、総合病院浦河赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科医の先生は毎回検診を受ける度に違うことが多いのでどの先生が良いのか比べてしまうことがあります。 けれども、毎回変わるからこそ自分に合う先生、エコー写真が上手だと思う先生、相談しやすい先生を見つけることができます。 もし、浦河赤十字病院で出産をするのが嫌だと思っても好きな先生の病院へ行って出産すれば良いのでは?と思ったことがあります。看護士さんや助産師さんは変わることが少ないので相談しやすいです。そして身近に感じやすくまた利用したいと思う印象を持っています。事務スタッフの方はも親切です。

院内の設備

2年程前に病院自体が改装されたので全館とてもきれいです。 LDRが2部屋、分娩室1、個室は2つ、病室が1つで4人入れます。 診察室も2つあり、内診台の部屋が1つあります。産婦人科の場所は2階の端にあるので比較的病気をもらいにくい場所に設置されている気がします。授乳室やおむつ替えの部屋も設けてあるので子供連れでも安心して利用できます。 出産のときには入院に必要なものを有料で毎日貸し出していただけるのでそれも便利な制度だと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

出産3日後にはお祝い御膳が出ます。天ぷらやお吸い物デザートなど「こんなに食べていいのか!?」と思うくらいのメニューが出てきます。 私が出産した時にはちょうど出産ラッシュだったので部屋が足りず、同料金で3日間もトイレ、洗面所つきの個室に滞在させてもらえました。 妊娠中には母子学級を受けることができます。月末に1度行われていますが、その時に病室やLDR、院内を見学できます。そして、その時に質問も受けてくださるので助産師さんを身近に感じることができあまり不安なく出産に臨むことができるかと思います。

私の総合病院浦河赤十字病院での出産体験談を紹介します!

一人目の時には微弱陣痛で43時間ほどかかりました。 二人目の時には9時間ほど。 どちらの時もなかなか子宮口が開かず5センチ開くまでに時間がかかり、10センチまでは我慢できる時間でした。 どちらの時も陣痛が強くなってくると呼吸は整えられても陣痛の痛みに耐えることがつらく誰かに傍にいてほしいと思いました。 あの痛みを一人で耐える人はすごいと思うほどです。一人目の時にはうまく胎児が回転せず、吸引分娩になったので踏ん張ったら一気に出てきてしまい大便をするような感覚であっという間だったのですが、二人目は、自力で頑張ったので産道を通っているという感覚がありました。産道を通っている途中で陣痛が収まると「こんな時に止まらないで!!」と思ってしまいました。 だから、二人目の時のほうが「これこそ出産」と思うようなスタイルでした。 二人の子供を産んで思ったことは、出産は命がけということです。一人目の時には子供が新生児気胸で苫小牧の病院へ運ばれてしまい、今回は私が大量出血で貧血症状が続き、6か月たった今でも授乳のためか貧血気味です。 もし、医療が進んでいない時代に出産をしていたら私も子供も命を落とすのではないかといつも思います。

総合病院浦河赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この総合病院浦河赤十字病院の体験談・口コミは、ー時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(189731)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!