窪谷産婦人科の口コミと体験談

窪谷産婦人科について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

窪谷産婦人科について

わたしが出産した時はまだ病院も改築前で、医院長も違っていたと思うので参考になるかはわかりませんが、当時は夜食も出て設備も整った病院という良い情報があったのでそこを選びました。でも、実際は何でも機械任せで、(今当たり前かもしれませんが)陣痛の波形で何もかも判断され、私は二人目で予定日前日に異様にお腹ご固くなったのから病院に連絡を取り、一応準備をして行ったのですが、陣痛波形が弱いからまだまだと迷惑そうに言われて肩身の狭い思いで入院しました。同室の初めてお産をする方は陣痛が頻繁に来てるのになーすはなかなか来ず、私がコールしたてあげた時は既に出産間際で、それなのに浣腸をしたため、危うくトイレで出産するところでした。 有名だから、沢山の入院患者を受け入れたせいで、ナースや助産師の目もととかず、それは産後も同じでした。 新生児室には常にたくさんの子供達がいるのに、新米のお母さんに優しく指導するナースもおらず、マタニティーブルーになりかけて泣き出す人も何人かいました。 その度に私たち経験者が慰めてオムツ交換のやり方を教えてあげたりしたのを覚えています。 またナースの手が足らないから、夜中も交代で新生児の様子を見てあげたりもしました。 おかげで休む時間もありませんでした。 私の出産ですが、何故お腹が異様に固くなっていたか… 病院に着いた時点でエコーをとるか、診察をしてくれてればわかった事でした。 分娩室に入ってから、当直だった新米の(今は医院長らしいです)医師が 子供の頭が小さすぎるとか双子かもしれないとか、エコーの機械を運ぶようにナースに言ったりで 陣痛が来ても産まないように言われて、本当に大変なお産になりました。 子供は背中にへその緒が巻き付いていて、向きも逆さになりそうになっていて それでお腹がかたかったんです。 今の病院は評判もいいらしくて良かったです。 ただ、病院選びはしっかりと経験者の話を聞いてからにした方がいいと思います。 わ

窪谷産婦人科の基本情報

窪谷産婦人科について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

千葉県柏市中央2丁目2ー12

出産にかかる費用

25?30万位か…

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

窪谷産婦人科の良い点・オススメポイント

駅から徒歩で通えること…小さな娘も幅跳び一緒に歩いてお見舞いに来てくれました。 妊婦さんが沢山いるので、その分妊婦さん同士がお友だちになれます。同じ日に産まれた子供達をベッドに並べて、記念写真を撮ることもできました。

窪谷産婦人科を選んだ決め手!

2つです。 もう1つの方でもよかったのですが、当時はそちらも改築前で 暗い雰囲気があったのでやめました。やはり子供を産んでお世話になるのですから、なるべく明るい環境の方がいいと思って窪谷に決めたんだと記憶してます。

窪谷産婦人科の改善して欲しいポイント

現在はどうなっているのけわからないので何とも言えませんが、もし当時のままのやり方でいるのてあれば、もう少し妊婦さん一人一人との関係を大事にしてほしかったです。新米妊婦さんを不安がらせるような言葉を言ったりするのは、見ていてこちらが悲しくなりました。

窪谷産婦人科についてもっと詳しく

以下では、窪谷産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

当時は 先生は優しかったと記憶してます ただ、看護師が厳しくて、新米のお母さんには辛かったと思います。 ただ、最後に助産師さんが、髪の毛と血液は関係があって、髪を洗うことは出産直後には不向きだと教えてくれたのを覚えています。

院内の設備

出産前は相部屋でしたが、産後は個室で過ごしました。赤ちゃんが起きて泣くと放送で知らせがきて育児室に行きました。そんなに広い部屋ではなかったです。アメニティについては当時はなかったけれど今はわかりません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

改築前だったので、当時はエステ等はありませんてした。当時にしては珍しく、夜食にミスタードーナツが出ました。それを楽しみにこの病院を選らんでる妊婦さんも多かったです。今は立派な病院になったのでもっと違う事があるような気がします。

私の窪谷産婦人科での出産体験談を紹介します!

上記にもしましたが、2度目のお産でもこんなに苦しい思いをすることになるとは思ってもいませんてしたを陣痛が弱いからと嫌みを沢山言われて、本当に肩身が狭かったてす。やっとお産に迎えると思ったら、今度は分娩台の上で息むのを我慢するように言われてどれだけ苦しかったか…ナースと新米の医師との不安を煽り立てる会話が私の耳にも入り、無事に出産できるのか怖くてたまらなかったです。やっと産まれた子供はなかなか泣き声もあげず、逆さにされて叩かれていました。身体の色も赤紫色で、へその緒が巻かれていたせいなんだと思いました。泣き声を聞けた時は安堵で沢山の涙がこぼれました。チアノーゼ状態の息子は、どうひいきめに見ても可愛いとは言えなかった。

窪谷産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この窪谷産婦人科の体験談・口コミは、ー時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(189722)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!