佐久総合病院 佐久医療センターの口コミと体験談

佐久総合病院 佐久医療センターについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

佐久総合病院 佐久医療センターについて

長野県佐久市にある佐久総合病院の分院のような形で、2013年に新しくできた専門医療と救急等に特化した予約・紹介型の病院です。 里帰り出産だと産婦人科は病床の数などで、なかなか受け入れてもらえない事が多い中、佐久医療センターは快く受け入れてくれる数少ない病院です。 32週以降から佐久医療センターで受診となり、それ以前は特に受診する必要がないので、里帰りをするのに行き来する手間がかからないのも良い点だと思います。

佐久総合病院 佐久医療センターの基本情報

佐久総合病院 佐久医療センターについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒385-0051 長野県佐久市中込3400番地28

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

佐久総合病院 佐久医療センターの良い点・オススメポイント

笑顔

2013年にオープンした病院ですので、清潔感があり明るく開放的で病院臭さがないのが良い点だと思います。 また、陣痛室から分娩室まで歩いた方が良いと言う話もありますが、個人的にはLDR型の個室で歩かなくて良かったのはとても助かりましたし、他の妊婦さんが陣痛で苦しんでいる声が聞こえなかったのも良かったです。

佐久総合病院 佐久医療センターを選んだ決め手!

里帰り出産を希望しており、実家の近くの産院をいくつか検討しました。 田舎なのであまり産院が無く、3件ほど電話をかけましたが2件は空きがないという事で断られました。 もう1件は一度受診に来て下さいということでした。 佐久医療センターは32週になったら受診しに来てくださいということでした。 また、丁度新しくオープンするということでした。 受診が32週になってからで良かった事、新規病院で新しかった事、そして総合病院のため何かあった時にも安心できるという点でこの病院に決めました。

佐久総合病院 佐久医療センターの改善して欲しいポイント

丁度4月に出産したというのもあるのかもしれませんが、新人と思われる看護師さんが数時間ついてくれたことです。 人を育てるという事ですので仕方のないことなのですが、点滴の針を刺すのに時間がかかったりしてとても不安でした。 点滴を外した後もひどい青あざになってしまいました。できることなら不安でいっぱいの初産婦には新人をつけないでほしいなぁと感じました。

佐久総合病院 佐久医療センターについてもっと詳しく

以下では、佐久総合病院 佐久医療センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

女医さんがいたのでとても話しやすかったです。 また、助産師さんも数多く、皆親身になってくれましたし、気さくな方ばかりでした。 授乳部屋にはベテランの助産師の方がいて、おっぱいマッサージをしてくれたり授乳方法を教えてくれます。 少しおせっかいなおばちゃんといった印象もありますが、初めての授乳に戸惑っている私としては、それくらい強引なほうが良かったと思います。

院内の設備

分娩室はLDR型の個室なので、陣痛室から分娩室まで歩かなくて良いのも個人的には良かったと思います。 病室は個室・大部屋とあります。 新しいこともあり、院内はとても清潔感があります。大部屋にもトイレがついています。 また、テレビもありましたがほとんど見ませんでした。 シャワー室は予約制で、自分の空いている時間に入る事ができました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院の食事は、特に美味しいという事もなく病院食といった感じでした。 ごはん(白米)の量が多かったです。 夜にはおやつとしてロールケーキなどのお菓子がついてきました。 また、退院時には「お祝い膳」として病院内のレストランで食事ができるサービスがありました。 2人までは無料ということで、私は旦那と食事をしました。 病院内のレストランなのでやはりそれほど美味しいという訳ではなく、塩分など気を使っているような味でしたが、サービスとしては嬉しかったです。

私の佐久総合病院 佐久医療センターでの出産体験談を紹介します!

笑顔

予定日の一週間前の夜中に破水しました。 最初はお漏らしかと焦ったのですが、トイレに行ってもおさまらず破水と思い病院へ直行しました。 LDH型の病院だったので入院後しばらくはベットの上でジッとしていました。 明け方あたりから少しずつお腹が痛くなってきました。 でもまだまだ耐えられる痛みでした。 お昼頃には痛いなーという痛みが10分間隔くらい。時々助産師さんが子宮口を調べに来てくれたのですが まだ3センチくらいということで、まだまだ産まれないということでした。 ちょっとがっかりして、痛みに耐えていたのですがだんだん強い痛みに。 頑張って呼吸法でいきみたいのを逃していました。 腰が痛いとか、お腹が痛いというより、便秘でたまらない!という感じでした。 しばらく陣痛に耐えていたのですが、しんどくなってきたのでさすがにナースコールをしました。 すると子宮口もほぼ全開ということで分娩することに。 途中吐き気もありましたが、いきみを我慢しなくて踏ん張っていいのがとても楽でした。 そして夜7時頃無事出産。 初産にしては7時間ほどのでしたので安産でした。 産声はカエルみたいで、顔もくちゃくちゃでブサイクだったけど 可愛くて、そして無事に産まれてきてくれてホッとしました。

佐久総合病院 佐久医療センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この佐久総合病院 佐久医療センターの体験談・口コミは、ー時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(190091)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!