一宮市民病院の口コミと体験談

一宮市民病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

一宮市民病院について

一宮市ではトップクラスの大きな病院です。 その中でも産婦人科は年間約850件もの分娩数があり、新生児集中治療センター(NICU)があります。 また母乳外来が月?金までやっているので、産後おっぱいのトラブルにもすぐ対応できるのでよかったです。母乳外来の値段は初診(この病院を初めて利用する人)で4000円、外来再診で3000円です。

一宮市民病院の基本情報

一宮市民病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県一宮市文京2?2?22 駅からバスが出ていて便利! 駐車場もたくさんあるので車で行けるところも良かったです。

出産にかかる費用

49万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

一宮市民病院の良い点・オススメポイント

初めてのお産だったので、安心して出産できるこの病院を選びました。また、助産師の数が多く、聞きたいことがすぐに聞ける環境だったのがとてもよかったです。また妊娠後期に行われるマザークラスでは2時間しっかり講義を聞くことで、お産への志がしっかりできました。妊娠後期に助産外来という、助産師が妊婦健診診査や妊娠中の保健指導をしてくれる外来があるのですが、そこでは助産師さんとマンツーマンでゆっくり超音波検査を行ってもらえます。通常の健診ではバタバタしていて聞けないこともここで聞けるため、お腹の赤ちゃんのことを知れるいい機会になりました。

一宮市民病院を選んだ決め手!

一宮市には「産婦人科」と調べると14件もの病院が出てきます。そのなかで自分が生まれた足立産婦人科と大雄会病院と一宮市民病院で悩んでいました。足立産婦人科の女医の先生の評判が良かったので悩んだのですが、つわりが酷かったこともあり、出産時に何があるかわからないと心配していたためNICUがあるこの病院を選びました。

一宮市民病院の改善して欲しいポイント

陣痛がきて、5分間隔になったら病院へ連絡するように言われていたので連絡したところ、1時間ほど家で待機するように言われました。待機していたところ10分もしないうちに2分間間隔になり、急いで病院へ行きました。そのまま分娩台に上がり、出産となったのですが、後で話を聞いてみると産気づいた人が3人もいたため対応が遅れたようでした。大きな病院だとスタッフも多い分患者も多いため、このようなことも起きるのだな?と少し残念に思いました。無事に出産できたので良かったですが、とても心配になりました。

一宮市民病院についてもっと詳しく

以下では、一宮市民病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

妊娠初期、つわりが酷く、食べ物はもちろん水分もとることができませんでした。病院へ行って相談したところ、点滴を打つことになりました。その診察の時に先生に「辛かったらいつでも点滴打ちにおいでね」と言ってくれてとても嬉しかったです。それから1週間毎日点滴に通いました。点滴を打つ時にも看護婦さんたちにやさしい言葉をかけてもらって何度も泣きそうになったのを覚えています。

院内の設備

個室は一日5000円追加したら入ることができます。私は6人部屋だったのですが、特にストレスになることはなかったです。しかし、2人目出産時は1人目が病室に来ることも多々あると思うので多少騒いでも大丈夫なように個室にしたいと思います。院内のアメニティは全くと言っていいほどなかったです。ホテルのようなアメニティやサービスを求められる方にはおすすめできません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

友達などから聞いた噂で、ここの病院の食事はおいしくないと聞いていました。しかし実際は温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、しっかりと提供され、すこし薄味ではありますが美味しかったです。またお祝い御膳は豪華で抹茶塩の天ぷらが美味しかったです。個人の産院ではシェフが作った食事などが提供されるところもありますが、母乳の出があまり良くなかったので薄味のご飯が結果的には良かったのかな。と感じました。

私の一宮市民病院での出産体験談を紹介します!

出産前日の夜、急にお腹が痛くなりトイレに駆け込むと少し下してしたので、お腹が冷えたのかな?と思っていました。しかし何度もトイレに行きたくなるのでこれはおかしいな?と思い時間を計測してみると10分間隔の痛みだったので陣痛だとわかりました。友達に出産体験を聞くと、結構耐えれるものだよ。と答える人が多かったのですが、今まで味わったことのない痛みで本気で死ぬんじゃないかと思いました。前に書いたように陣痛が2分間隔でも家にいたので移動が大変でした。陣痛が終わった瞬間にダッシュで病院内を走りました、、、その後2時間ほどで生まれたので初産にしては早かったと思います。陣痛が痛すぎて「死ぬ??!!」と叫んだことと、産むときに何度も「あと何回いきんだらいいですか!!?」と聞いてしまい、後から思うと恥ずかしかったな?と思っています。

一宮市民病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この一宮市民病院の体験談・口コミは、7/24/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(192743)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!