医療法人社団公和会中村記念愛成病院の口コミと体験談

医療法人社団公和会中村記念愛成病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院について

栄養士さんが、妊娠中も細かく栄養指導してくださるし、ただ増え過ぎなど言われるより一緒に考えてくれる感じが良かったです。食事がおいしいと評判だったのでここにしましたが、噂に違わずおいしい食事で、入院中の楽しみでした。お祝い膳なども充実していました。 母乳育児を勧めており、出産後落ち着いたらすぐに赤ちゃんを連れてきてくれて授乳開始。ずっと赤ちゃんと一緒にいられて、嬉しかったです。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院の基本情報

医療法人社団公和会中村記念愛成病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒090-0051 北海道北見市高栄東町4丁目20?1 車で通いやすい場所でした。

出産にかかる費用

出産 費用

約30万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

医療法人社団公和会中村記念愛成病院の良い点・オススメポイント

和食

なんといってもご飯がおいしいです。私は二人目だったので、慣れていましたが、初めてのお産で寝不足や不安で疲れやすい、ストレスフルな入院中に、ご飯でホッとできるというのは大きいと思います。あと、流産してしまった時もこの病院でしたが、お医者さんも看護師さんも、優しく配慮ある声かけをしてくださり、とても慰められました。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院を選んだ決め手!

中村産婦人科の他に、北見レディースクリニックと赤十字病院を考えましたが、北見レディースクリニックは厳しいという評判や、赤十字は看護学校も付いていたので、学生さんが見学に来たりしたらいやだな、と思ったのが、二つの病院をやめた理由です。 中村病院では、友達も産んでいたし、院長先生のコラムなどを読んで、良い印象を持っていました。でも一番の理由は、ご飯がおいしいことです。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院の改善して欲しいポイント

流産で落ち込んでいる私にはとても優しく配慮してくださったお医者さんが、筋腫を取る手術をして、お腹を切った同じ部屋の患者さんに「傷跡はお腹のお肉に隠れるから大丈夫!」なんて言っているのを聞いてしまいました。多分手術が成功して、良くなる患者さんだったので軽い冗談のつもりだったのでしょうけれど、女性にはキツイ冗談だなぁと思いました。やっぱり、どんな患者さんにも優しくしてほしいですね。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院についてもっと詳しく

病院 妊婦

以下では、医療法人社団公和会中村記念愛成病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

とても優しく、親切で、柔らかな物腰が印象的でした。キツい物言いはされたことがありません。分かりにくいことや、不安に思うところなど、質問すると丁寧に説明してくださいましたし、手術のときや分娩のときなども、こうしてこうして、それからこうしますよ、と手順や流れを事前に教えてくれたので、とても安心できました。

院内の設備

病院 個室

個室はあります。出産の時は利用しませんでしたが、流産したときには、頼まなかったけれど空いているからと個室にしてくださり、一人でそっとしておいてもらえたのが、今でもありがたかったと感謝しています。全体的に施設はきれいで、使いやすかったです。アメニティについてはよく覚えていません。でも、シャンプーリンス石鹸などは、ちゃんとあったと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

出産のときではないのですが、年をまたいで入院したことがあります。そのときは、元旦の食事は、口取りからおせち料理、お雑煮も出ました。きちんと病院で作られたもので、味つけも優しくおいしかったです。普段の食事も地場産の食材が使われており、調理も工夫されていて、退院後料理するときに取り入れたものもあります。

私の医療法人社団公和会中村記念愛成病院での出産体験談を紹介します!

出産 家族

夫と上の子が出産に立ち会いましたが、2歳だった上の子はショックだったようで、泣き叫びながら走って出て行きました笑。 一人目の時は微弱陣痛で、夜の9時に病院に入りましたが、朝になって止んでしまうということがありました。夫はしばらく生まれませんと言われて「はあそうですか」と家に帰り、朝まで爆睡。一晩苦しんだのに陣痛が止んでしまった私は、院内の階段を上り下り。再び陣痛が始まるも、「うっ」と来ると、夫が「生まれる?ねぇ生まれるの?」と私の肩をゆさゆさ。痛いんじゃー!触るんじゃねー!と怒鳴りたかったけれど、ぐっと我慢。陣痛がやむと、「まだ生まれないの?いつ生まれるの?」と夫。こっちが知りたいわー!と怒鳴りたかったけれど我慢。もう一生言ってやると思いました。それでも実際生まれたら号泣でキスして抱きしめてくれました。

医療法人社団公和会中村記念愛成病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この医療法人社団公和会中村記念愛成病院の体験談・口コミは、5/18/2005時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(190943)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!