順天堂大学病院の口コミと体験談

順天堂大学病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

順天堂大学病院について

高度医療を提供する言わずと知れた、有名大学病院です。 産科以外に他科がかなり多くあり、産科以外の分野で何かあっても、連携医療にて対応可能な安心できる病院です。 通常分娩から異常妊娠での分娩まできめ細かな管理にて、どのように出産するかよく考えて分娩方針を決めていきます。 たとえば、切迫流産や多胎での出産になる人などは、安全を期してこういった 大きな病院に転院することがあります。

順天堂大学病院の基本情報

順天堂大学病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒113-8421 東京都文京区 本郷2-1-1 丸の内線、御茶ノ水駅から徒歩8分

出産にかかる費用

65万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

順天堂大学病院の良い点・オススメポイント

万歳

入院の際に、出産・入院セット一式をもらえます。(もちろん、出産費用に含まれています。) 中身としては、産褥ショーツから入浴セット・入院スリッパ・コップ・授乳枕までとにかくそのセットあれば問題なく入院生活を送ることが出来ます。 出産の大変な時に、大きなバッグを持って病院に行く必要がないのでとっても助かります。

順天堂大学病院を選んだ決め手!

私が、順天堂大学病院に決めたのは、立ち合い出産が出来るからです。最寄の都立病院を予約できたのですが、立ち合いが出来ないということで、順天堂大学病院に決めました。 一般的に立会出産は許可されるところが決まっています、特に都内だと検索すれば一発でわかるので立会を希望するときは検索したほうがいいです。 主人は立ち会い出産を希望していて、それ以外の検討理由はありませんでした。

順天堂大学病院の改善して欲しいポイント

考える

とにかく、都立の病院と比べたら、20万程度出産費用が多くかかります。 私立ですし、しかも大学病院なのでしょうがないとは思いますが、もう少し費用が安くなるといいと思います。 病院食は美味しかったです。 また、救急の夜間入口から産科のフロアまでがかなり遠いです。陣痛が来ているのに歩いてエレベーターに乗り、歩いてまた違うエレベーターに乗って産科に到着します。陣痛がきている妊婦にとってはかなり過酷な道のりになるので、そういったところは改善してほしいです。

順天堂大学病院についてもっと詳しく

以下では、順天堂大学病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

スタッフさんは、経験者と新人さんが入り混じっていて、いうことがバラバラです。これはどの病院でもそうなのかもしれませんが、あの看護婦さんはこういったけど、あっちの看護婦さんはこういった、などは日常茶飯事だと思います。 また、スタッフ間のぎくしゃく間が伝わってきたこともあり、見ているこっちが気を使いました(笑)

院内の設備

個室はありますが、差額ベッド代金が発生します。正直高いです。セレブの方々が使用するのではないかと思います。 しかしながら、出産はタイミングが読めないため出産のときに個室しか空いていなければ個室に入れられます。もちろん、差額ベッド代金は発生しますので、最後の支払いに予定額が上がっているはずです。 アメニティは申し分ないです。機器については年期が入っているものはありますが、メンテナンスが出来ていると思うので信用してました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

特に出産セットがもらえる以外は特徴的な点はありません。 食事は通常の食事が出ますし、デザートもついてきます。出産後に甘いものは嬉しかったです。 また産後すぐに母子同室が可能です。24時間体制で看護婦さんが授乳の仕方を教えてくれます。その点はとてもよかったです。 出来るだけ母乳での育児を推奨しているので、母乳育児希望だった私にとってはその点でもよかったです。

私の順天堂大学病院での出産体験談を紹介します!

陣痛がきたのが午前5時頃。お腹が痛いと病院に電話したら、「5分間隔になるまで自宅にいて、5分間隔になったら病院に来てください。」と言われました。5分間隔でないと初めての妊婦は陣痛が遠のいてしまうことがあるためだそうです。 そして午前8時半、陣痛が5分おきになったのでタクシーをよんで病院へ行きました。 病院へ行くと、夜間入口は違う棟にあり、痛みがつらかった私は警備員さんに車いすをお願いして産科まで連れて行ってもらいました。 旦那は自分の趣味のために外出していって、病院に8時半に行くと言ったにもかかわらず、病院には来ませんでした。 結局私は一人で陣痛を耐えて、出産に至りました。 看護師さんが私の手を握ってくれ、とても嬉しかったです。

看護師

順天堂大学病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この順天堂大学病院の体験談・口コミは、8/17/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(190913)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!