成田赤十字病院の口コミと体験談

成田赤十字病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

成田赤十字病院について

日赤ということで、個人病院よりも医療設備が整っていることが特徴です。 ある程度の異常分娩に対応している為、ハイリスクの妊婦さんが多く利用されてます。 出産は無痛分娩と通常分娩が選択できます。産後は翌日から母児同室、基本母乳育児になります。 豪華な出産が出来る産婦人科とはほど遠いですが、 その分輸血から妊婦さんと新生児の疾患には、一通り対応出来る設備が整っています。

成田赤十字病院の基本情報

成田赤十字病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

千葉県成田市飯田町90-1 京成本線「公津の杜」から徒歩15分 成田駅前からバスで5分 

出産にかかる費用

50万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

成田赤十字病院の良い点・オススメポイント

笑顔

NICUなども併設されている為、万が一の場合の対応は地域で一番充実しています。 出産で一番心配される出血多量についても、輸血の手配がよその病院より早く出来るので安心です。 重大な疾患があった場合も、ドクターヘリでもっと大きな病院に移送されます。 高齢出産や疾患をお持ちの方の出産は、迷わずこの病院を選択された方がよいと思います。

成田赤十字病院を選んだ決め手!

高齢出産なのと死産経験から、他の選択肢を考えず、この病院を選びました。 地域には豪華な出産で有名な病院や、アットホームで知られている病院もある一方、 田舎のためか、医療知識が30年前で止まってる?という病院もありました。 基本的に出産はどの方の場合も「いつ何があってもおかしくない」のが通常ですが、 特に今部長をされてる先生は、出産に関するいろんな資格を持っている事や、 異常分娩に対応した件数が、一般の病院の先生と比べてケタ違いです。 そういったことからも、無事に赤ちゃんを出産するならと、日赤を選択しました。

成田赤十字病院の改善して欲しいポイント

大きな病院なので仕方が無いですが、周辺の個人病院の出産と比べてしまうと、食事はいいとは言えません。 子供さんが病棟内に入ることを禁止されてますので、上の子が生まれたての赤ちゃんを見ることが出来ません。 感染症の問題があるので気軽にいえませんが、姿だけでも見せてあげられる何かの仕組みが出来ればと思いました。 あと、設備的に仕方が無いとは思いますが、待遇が充実している病院と同じまたはもっと高い料金になっています。 せめて食後のデザートが少しだけ豪華になってくれたら、なんてことを考えたことがあります。

成田赤十字病院についてもっと詳しく

スタッフ

以下では、成田赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生も助産師さんも看護師さんも、大人数の為、人によってばらつきがあります。 いい人はいいけど、残念な対応の方もいます。ただ、いい人の方が多いと感じました。 ハイリスクの先生は丁寧な対応をしてくださいました。 (忙しい病院なので、個人病院のようなアットホームな雰囲気は求めるのは厳しいかもです) また、若手の助産師さんとベテランの助産師さんで、持ってる知識や対応に違いがあります。 出産の時には人手不足で、いろんな方にお世話になりましたが、 若手の方の指示とベテランさんの指示の違いで、かなり右往左往しました。 これまた大病院なので仕方が無いのでしょうが、事務手続きは時間がかかります。

院内の設備

個室あり。ただし個室は緊急度が高い人優先になるので、個室か大部屋かの選択はほぼ出来ませんでした。 院内のアメニティは、トイレについてる石鹸や消毒くらいでしょうか。 パジャマは1日75円でレンタルしています。 基本的にいろいろ整った個人病院と、そういう点を比べないほうがいい病院です。 ただし、院内はどこも清潔が保たれています。(当たり前とは思いますが、重要ポイントとも思ったので)

入院時の食事やその他のアクティビティについて

とにかく命最優先で選ぶ病院なので、リッチな食事やエステなどは夢物語です。 朝はパン2枚かおコメのご飯かのどちらかが選べます。 出産のお祝い膳は、一応豪華になっていて、チョコレートケーキもついてきまいsた。 産後と母乳で食事量が増えてる方は、ふりかけを売店で買ったほうが無難です。 ただし、売店にはコンビニ程度のものならいろいろ揃っています。

私の成田赤十字病院での出産体験談を紹介します!

出産

満月の日で、同じ日に出産した人が4人か5人いました。 前回の出産(死産)の関係で、胎動がきちんとあるうちに出産をする為、 2800g超えた頃、陣痛促進剤を使用しました。 分娩室が足りなくて、出産の時間も重なってしまったため、 陣痛室での出産になりました。 分娩室のあの足を広げる装置?って評判が悪いようですが、 平らなベッドでいきむほうがかなり大変でした。 お浣腸はしない方針の病院でしたが、便意をガマンするかどうかで 若い助産師さんとベテランさんの間で意見が分かれ、 結局浣腸をした後、出産が早くなり、出血も多めになりました。 どうすれば一番よかったのかは、やはり時の運なのでしょうが、 言える事は「前日までにちゃんとお通じを済ませたほうが良い」事でした。 娘が出てきてくれた頃は意識が朦朧としていて、 ちゃんと声をかけてあげたりとか出来ませんでした。 その娘も、今週幼稚園の入園式を迎え、元気に過ごしてます。

成田赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この成田赤十字病院の体験談・口コミは、4/27/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(190871)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!