さとうウィメンズクリニックの口コミと体験談

さとうウィメンズクリニックについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

さとうウィメンズクリニックについて

とにかく綺麗で清潔感のある病院です。木をたくさん使った建物なので病院にいるという感じがあまりしなくて、リラックスできます。 医師や助産師さんの人数も多いと感じました。とても人気のある病院なので特に里帰り出産の方は早めの予約が必要です。 個人情報の管理もしっかりしているので、受付や診察で名前で呼ばれることはありません。

さとうウィメンズクリニックの基本情報

さとうウィメンズクリニックについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

山形県天童市南小畑4-1-1 天童駅から車で3~5分

出産にかかる費用

57万円ほど

出産の際の分娩の種類や方法

無痛分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

さとうウィメンズクリニックの良い点・オススメポイント

大好き

助産師さんとマンツーマンで話をする機会が多いので、わからないことはしっかり聞くことができます。 エコーはDVDかUSBに録画してもらえるので、お腹の赤ちゃんの様子を家族に見せることができます。 母乳育児に対して積極的な病院で、出産入院中は助産師さんが親身になって授乳指導してくださいます。 入院中の食事は毎食がごちそうです。フルコースを食べることができる日もあります。

さとうウィメンズクリニックを選んだ決め手!

さとうウィメンズクリニックと、もう一つ別の産院とで迷っていたのですが、助産師さんが多いこと・病院が綺麗な事・完全個室であること・入院中の食事が美味しいこと・私の周りではさとうウィメンズクリニックが人気だったこと・無痛分娩を行っていることが決め手でした。特に、無痛分娩と行っている個人病院はこちらしか近くに無かったので。

さとうウィメンズクリニックの改善して欲しいポイント

駐車場がもう少し広いと助かります。 とても人気で混雑しているときは、妊婦さんだけでなく付添いの家族や子供で待合室がいっぱいになってしまうことも。そんなときは、スタッフさんが妊婦さんに席を譲るように案内していただけるとありがたいなと思います。 大きい病院までとは言いませんが、もう少し値段が安いといいと思います。

さとうウィメンズクリニックについてもっと詳しく

スタッフ

以下では、さとうウィメンズクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生はみなさん優しいです。ただ、人気の産院で混んでいますので、診察待ちが多かったりすると先生によってはエコーの時間が短かったりします。 看護士さん・助産師さん・その他スタッフさんも親身になってくださいました。私は陣痛時間が24時間を超えていてパニック状態になったりしたのですが、皆さんに励ましていただいて無事に出産できました。出産後に授乳がうまくいかないときも、深夜でもすぐに部屋に来て指導してくださいました。

院内の設備

完全個室です。ただ、出産が重なったり入院患者でいっぱいの時は違う部屋を使ってもらう時もあるとのことでした。 各部屋にシャワー・ウォシュレットトイレ完備です。電動ベッドなので産後起きるのが辛くても助かります。大きめのソファーベッドがあるので、家族が泊まることもできます。 洗顔や、ボディーソープはありません。入院セットの中には歯ブラシはありました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はシェフが、和・洋・中様々な料理を作ってくれます。お部屋とダイニングルームのどてらで食べるか自由に決めることができます。出産お祝いディナーはフレンチのフルコースです。本人は無料ですが、お金を出すと家族も一緒に食べることができます。(お子様ランチもあったと思います。) 待合室にはアロマ、予約制でマッサージもあるようです。

私のさとうウィメンズクリニックでの出産体験談を紹介します!

笑顔

出産は8月3日。1日の夜中から陣痛がありましたが、まだ我慢できる程度でした。(前駆陣痛?) 朝になって痛みも増してきたので産院へ。診察したところ子宮口が1?、陣痛はきているがまだまだだろうということで帰宅しました。だんだん痛みが増し、7分間隔になったのでお昼過ぎにまた産院へ。まだまだ子宮口が開かないのでまた帰宅。我慢できない痛みになり、夜にまた受診するも支給口は開かず、入院するか聞かれるも自分の意志で帰宅。家に着いても歩ける状態でなく産院へとんぼ返りして、即入院しました。 痛みは酷くなり、陣痛も5分間隔になったのに子宮口が開かず、助産師さんから「母体が出産前に体力がなくなってしまう。よくここまで耐えたから無痛にしない?」とアドバイスされて無痛分娩へ切り替えました。 無痛の注射は激痛でしたが、効き始めると今までの陣痛の痛みが嘘のように楽になりました。無痛と言っても陣痛以外の腰や股関節の痛みは消えないのは辛かったですが。 促進剤を入れて、子宮口が最大に開いて、吸引での分娩でした。陣痛時間は24時間以上。 無痛してよかったのは、赤ちゃんが出てくる瞬間をしっかりと見ることができた事です。

さとうウィメンズクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このさとうウィメンズクリニックの体験談・口コミは、8/3/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(190692)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!