田中産科婦人科の口コミと体験談

田中産科婦人科について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

田中産科婦人科について

決して今風のお洒落な病院ではないですが、清潔感あり、アットホームでスタッフの方々もみな気さくで話しやすいです。 副医院長が大学病院に在籍しているので、ハイリスクの場合、提携先の病院と繋がっているのが心強い。入院部屋の個室は、狭くビジネスホテルみたいな感じですが、閑静な住宅街にあるため、静かでお家にいるような居心地の良さです。 また、今はお産の出来る病院が減っており、キャンセル待ちも多い中、割と融通が効き、予約が取りやすい病院だと思いました。実際私は、妊娠15週目で問い合わせましたが、まだ可能でした。

田中産科婦人科の基本情報

田中産科婦人科について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都世田谷区松原2丁目30?6 京王線「明大前」下車 徒歩5分

出産にかかる費用

約70万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

健診に一人(非常勤)20代?30代 普通な感じ

田中産科婦人科の良い点・オススメポイント

好き

分娩の予約が取りやすい。紹介状が無くても、大丈夫。 妊婦健診代は、割高ですが、毎回内診をしてくれ、エコーでは、DVD録画をしてくれます。その後助産師さんとワンツーマンで、カウンセリング、指導があります。個人的な悩みもきちんと聞いてくれ、穏やかに妊婦ライフを過ごせます。 出産後も母子同室は義務でなく、選べるので、かなり勝手が効きます。こじんまりとした病院なので、スタッフの皆さんともすぐに顔見知りになれます。 また、母乳にうるさくないので、出なくてもあまりネガティブなことは言われず、ストレスはありませんでした。

田中産科婦人科を選んだ決め手!

スタッフの方々の対応と病院の雰囲気。あまり病院っぽくない待合室で、くつろげる。 何より、医院長と副医院長の人柄。この先生なら任せられる!と思ったからです。出生前診断の相談も、副医院長が納得行くまで細かく説明してくれました。あと、他の産院より分娩予約が遅くまで取りやすい。住んでいた場所から、交通の便が良かったから。

田中産科婦人科の改善して欲しいポイント

健診代がもう少し安ければ、いいなと思います。 また、分娩が重なり、助産師さんが一人しかおらず、あまり診て貰えなかったので、ちょっと不安でした。その点でどのような改善をすればいいのかは、私個人では言えませんが。 分娩室がちょっと暗くて古い感じだったので、音楽でも流して欲しかったです。個室で家族の宿泊が可能でしたが、ソファベッドが小さすぎて、寝るには窮屈でした。

田中産科婦人科についてもっと詳しく

ナース

以下では、田中産科婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

とにかく、気さく。話しにくい方は一人もいなかったのが、驚きな位です。健診に行ったのに、世間話までして帰るという日々も多かったです。事務の方もいつも同じ方々で名前も覚えてくれ、親しくなれ支払いの相談も気楽に出来ました。 助産師さんは、日によって何人か入れ替わりでした。食事や体重管理、生活の相談にも乗ってもらいました。

院内の設備

双子出産は受け付けていません。 個室あり。(5部屋)二人部屋(1部屋)一階が診察室で、二階が分娩・手術室、個室、新生児ルームがあります。 アメニティ・・・石鹸のみ(タオル、シャンプー、箱ティッシュ等は全て持参) 出産後、歩けといわれましたが、院内が狭いので、歩く場所がなく、そういうお部屋かスペースがあればいいな、と思いました。外出するわけにもいかないので。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、和洋毎回メニューが重ならないよう出されました。和食は昔ながらの食堂で食べるような栄養を考えたメニューでした。 ボリュームあり。栄養バランスを良く考えている印象を受けました。個室に冷蔵庫があるので、外から買って来て常備してしておくことも可能。 出産直後の晩御飯は、みんな「鯛」と「お赤飯」が出ました。ご年配の栄養士さんが作って下さっているのかな、というメニューでした。

私の田中産科婦人科での出産体験談を紹介します!

出産

高齢初産で出産までずっと不安でしたが、一度も体調不良にならず、仕事もギリギリまで出来、健康に妊婦生活を送れました。 素朴な病院でしたが、とにかくアットホームで、私には合っていました。また、途中で何度かオリモノ検査で、カンジタ菌が出ましたが、毎回内診をしてくれるので、発見が早くすぐに処方してくれたのも良かったです。 出産は、私は24時間以上陣痛と闘い、床中転がりまわっていましたが、助産師さんもそっとしていてくれ、あまり緊迫感がありませんでした。ただ、何も知らず、食事だけはきちんと摂っていたため、私は陣痛の痛みで10回位嘔吐してしまいました。 先生の健診では翌日の朝、出てくるだろうと予定されていたため、促進剤も打たれなかったのですが、夜中に子宮口が一気に広がり、助産師さんが大慌てになりました。もう一人の妊婦さんも同時進行だったため、私は二番目。陣痛室での出産になるのかと思いましたが、何とか前の妊婦さんが分娩を終え、私は分娩室に移動できました。なんだか訳の分からない状況でした。 ただ、最後の一歩が進まず、分娩台で更に一時間苦しみました。それでも、ダメで最後は、助産師さんが副医院長を呼びに行き、 助産師さんと夫でお腹を押し、会陰 切開で子供の頭を引っ張り出してもらいました。先生のすばやい判断はさすが!と思いました。もう私は力尽きたので、帝王切開でも良いと思っていましたので。 あと、私は出産の痛みは、陣痛の痛みだったんだと、実は経験して初めて知りました。とにかく元気な我が子に会えたのが何よりです。その後の痔は泣きそうでしたが。

田中産科婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この田中産科婦人科の体験談・口コミは、11/15/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(195617)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!