古賀病院(現大分東部病院)の口コミと体験談

古賀病院(現大分東部病院)について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

古賀病院(現大分東部病院)について

総合病院の中の産婦人科です。個人病院のように豪華な食事や特別なサービスはありませんが、きちんと教育されたスタッフさん、助産師さんですし、丁寧な対応です。総合病院なので他の病気や、症状にもすぐに専門の科で対応でき安心できます。自然に囲まれた環境ですし騒音などに悩まされることなく過ごせます。料金も良心的だと思います。

古賀病院(現大分東部病院)の基本情報

古賀病院(現大分東部病院)について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

大分県大分市志村765 大分バス志村で下車して徒歩5分

出産にかかる費用

約35万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医無し 年配の男性医師 優しい雰囲気で丁寧です。

古賀病院(現大分東部病院)の良い点・オススメポイント

助産師さんが明るく楽しく朗らかです。たまたま担当していた助産師さんが同年代の方で、親身になってくれていたんですが、(諸事情により妊娠中に離婚していました)勤務交代の時間が過ぎてるにも関わらず残ってくれて付き添ってくれました。また、総合病院なので産婦人科には関係ない病気や症状、気になることがあったらすぐに専門の先生に診察してもらえます。

古賀病院(現大分東部病院)を選んだ決め手!

妊娠中に離婚したためやむなく生活保護を受給していたため、出産を受け入れてくれる施設がいくつかに限定されていた、というのが一番の理由ですが、その中でも交通の便が良く、家から近かったことで選びました。離婚するまでは別の産婦人科病院に通院していたのですが、食事が良い、部屋がキレイ、設備が新しいといった理由で選んでいました。

古賀病院(現大分東部病院)の改善して欲しいポイント

個人の産婦人科専門の病院ように退院前にフランス料理がでる、とか豪華な食事はなく、普通の入院と同じ扱いですが、可能であれば食事が良くなるといいです。味は美味しいんです。エステとか、女性ならではのお楽しみのサービスがあると嬉しいですね。退院したらベビーのお世話やら何やらで忙しくなると思うので、頑張ったご褒美、みたいなサービスがあるといいです。

古賀病院(現大分東部病院)についてもっと詳しく

以下では、古賀病院(現大分東部病院)について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

外来の看護師さんも病棟の看護師さんも皆さん明るく、丁寧でした。短い期間の入院ですが、明るく楽しく過ごすことができました。ベビーと一緒に過ごす時間も私の体調など考慮してくれて良かったです。先生はやや年配の男性医師でしたが、きちんと説明してくれたり、優しい雰囲気で良かったです。事務スタッフも、支払いで長時間待つこともなく、スムーズでした。

院内の設備

産婦人科は個室でした。シャワーとトイレがついています。まずまずの広さで圧迫感なくゆったり過ごせました。アメニティなどは無く、個人で準備しなければなりません。古い建物なので華やかさはありませんし、普通の病院なので部屋は無機質な感じですが、掃除かきちんとされていて清潔感はあります。古くても不快な印象は全くありません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

通常の病院食です。バランス良く、美味しい食事でしたが、他の個人病院のような華やかな料理やはなく、おやつも普通の病院食でした。エステや、他のサービスはありませんが、定期的にマタニティビクスの講習や、お母さん学級、業者さんによる商品(粉ミルクやおむつ、他のベビー用品など)説明会などはきちんとしてくれます。

私の古賀病院(現大分東部病院)での出産体験談を紹介します!

訳あって妊娠中(妊娠4ヶ月過ぎ)に離婚しました。自分の家族とも疎遠になり、出産まで全て一人で準備しなければいけませんでした。生活保護を受給し、この病院で出産することになり通院するようになりましたが、他の妊婦さんと同じように対応してくれました。たまたま同じ歳の助産師さんがいて、より、親身になってくれてました。外来受診の時、マタニティビクスの時などに顔を合わせて楽しくおしゃべりしたりでした。いよいよ出産当日。予定日より12日早くおしるしがきました。午前2時、お腹の張りに気づき、間隔が短くなってきたため、慌てて入院の準備をして、病院に電話をしました。とりあえず受診を、と言われすぐにタクシーで病院にいきました。ちょうどいつもの助産師さんが夜勤をしていて、触診の結果即入院となりました。長期戦になるだろうとノンビリ構えていたため、朝になったら友達に連絡しようと思い誰にも連絡せず。しかし、あっと言う間に陣痛が強くなり、メールを打つなんて余裕はありませんでした。分娩室に入り激痛と戦っている間、助産師さんはちょうど勤務交代の時間となりました。日勤の助産師と交代になりましたが、付き添いもなく一人の私の側にいてくれました。途中で頂いたお水が美味しかったのを覚えています。一人だったため、激痛でも、大きな声を出すわけにもいかず、「静かなお産」と言われていたそうです。

古賀病院(現大分東部病院)の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この古賀病院(現大分東部病院)の体験談・口コミは、11/7/2005時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(193892)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!