北里大学病院の口コミと体験談

北里大学病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

北里大学病院について

もともと長年、不妊治療をし、妊娠をしても不育治療を併用しての妊娠期間だったため、とにかく設備のしっかりしていて迅速な対応が出来るという理由だけで選んだ病院です。 やはり一番の特徴は私のようにリスクを抱えた妊婦を受け入れてくれることと、NICUの完備だと思います。 そのため、遠方からもハイリスク出産の妊婦さんが通院されています。

北里大学病院の基本情報

北里大学病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

神奈川県相模原市南区北里1?15?1 バス:小田急線相模大野駅から「北里大学病院 北里大学行」に乗車し約25分

出産にかかる費用

帝王切開のため約47万円くらい

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

当時女医さんはいらっしゃいました。30代前半くらいの若い女医さんです。

北里大学病院の良い点・オススメポイント

ハイリスク出産の対応が出来ること、NICUの完備、設備の完備、無痛分娩を扱っていること。それと何よりも助産師さんと看護師さんの対応がものすごく良かったことです。出産時も若い助産師さんがずっと励まして下さいましたし、産後も何かと快く対応して下さいました。産後の不安な時期も、こちらの助産師さんと看護師さんが親身に相談に乗ってくださったから乗り越えられたと思うほどです。

北里大学病院を選んだ決め手!

長年の不妊治療をしてのやっとの妊娠で、それと同時に流産しやすい不育症も患っていたので、万が一のことを考え迅速に対応していただける設備の整った病院しか考えていませんでした。結果、北里大学病院が一番良いと考え、こちらの病院しか検討はしておりませんでした。それと不育治療の別病院の医師が北里大学病院の医師と知り合いということで信頼し受診を決めました。

北里大学病院の改善して欲しいポイント

とにかく妊婦検診の時の待ち時間が長すぎるということです。一応予約制にはなっていますが、毎回朝10時の予約でも、実際診察をしてもらえるのは13時過ぎだったり、最高に待ったのは朝10時の予約で15時の診察だった時です。 あとは、交通の便があまり良い場所にはないので電車を乗り継ぎ、バスで30分くらいかかることです。

北里大学病院についてもっと詳しく

以下では、北里大学病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科の担当医師は、何十年ものベテランの男性医師です。初めは質問しづらいかと思いましたが、質問しても丁寧に答えて下さいましたし、ベテランなので安心して最初から最後まで診察していただくことが出来ました。事務スタッフの方も看護師さんも助産師さんもとても親切な方ばかりです。特に入院した際の看護師さん、助産師さんは一生忘れることの出来ないほど親切で温かみのある方たちでした。 何を質問してもすぐに答えていただける、様々なことに迅速な対応が出来る、親身になって話を聞いてくださる。完璧です。

院内の設備

母子同室で、相部屋がほとんどですが、個室もあります。 すべての部屋にトイレが設置してありますが、部屋のすぐ外にもトイレはあります。 シャワー室も部屋の外に設置してあり、シャワーが4?5個設置してあります。あまりシャワー室が人と一緒になることはありませんが、一緒になっても広いので問題ありません。また、洗面などの際の洗面所も設置してあります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

お祝い膳などはありません。他に個人病院が行っているエステとかマッサージなどもありません。 際立って特徴的なアクティビティはありません。また、食事は人によるかと思いますがそれほどおいしくはありません。私はいつも物足りなさを感じていました。 出産後3?4日すると、ミルク業者の説明会があります。赤ちゃんのミルクの与え方などの講習をし、その後サンプルを頂けます。

私の北里大学病院での出産体験談を紹介します!

念願かなってのやっとの妊娠のため、個人病院などは一切考えておらず、とにかく設備が整って安心して出産できる病院ということで北里大学病院での出産に決めました。 通院は電車の乗換えとバスで約1時間を要し、待ち時間もものすごく長かったので毎回診察のたびに一日仕事でした。 ずっと逆子が治らず、一旦37週の時に正常に戻ったにもかかわらず、翌週の検診ではまた逆子に。たまたまその時担当医師が急なオペが入ってしまい、代理の若い女医さんに診ていただきました。翌日には39週になるし、このまま逆子だとへその緒が突然飛び出したりする可能性もある、など言われ不安だったため急だったのですが、翌日に帝王切開で出産することに決めました。 翌日、朝から麻酔を使用し、麻酔の処置が終わると帝王切開で出産。麻酔の処置が終わってから出産までは30分くらいでしょうか。 何も問題なく、痛みもありませんでした。 数時間して麻酔が切れた頃、ものすごい痛みでつらかったのですが、看護師さんが薬をくれたり励ましてくれたのでなんとか乗り越えられました。 産後、胸がものすごく張って、母乳の出が悪かった時も頻繁に助産師さんがマッサージをしてくれたり、胸の張りを抑える手作りシップなどをしてくれ助かりました。 本当にこちらの病院で出産して心から良かったと思っています。

北里大学病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この北里大学病院の体験談・口コミは、7/15/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(193890)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!