葛飾赤十字産院の口コミと体験談

葛飾赤十字産院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

葛飾赤十字産院について

大きな産院で、近隣の区からも人気があります。医師外来はいつも混んでいます。当日朝7時からインターネットで予約がとれるのですが、7時ちょうどにアクセスしても、いつも、予約時間が午後になってしまいます。経過が順調で医師からOKがでれば妊娠20週から助産師外来で妊婦健診ができるようになります。助産師外来は時間指定で予約をとることができ、待ち時間も短かったです。マタニティヨガやマタニティビクスの教室もあります。母乳育児に力を入れていて、産後すぐに指導が始まります。初産のママには授乳時に助産師がマンツーマンで指導してくれます。母子同室ですが、シャワーや食事のときなどはナースステーションに赤ちゃんを預けることもできます。食事は母乳に配慮した内容になっており、カロリーひかえめです。母乳外来もあり、出産から産後までママ・赤ちゃんをケアしてくれる産院です。

葛飾赤十字産院の基本情報

葛飾赤十字産院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都葛飾区立石5-11-12 京成電鉄 青砥駅、立石駅から徒歩約10分 京成バス 新小53系統「葛飾区役所」下車 徒歩3分

出産にかかる費用

約54万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

医師は女性と男性半々くらいです。助産師はすべて女性です。

葛飾赤十字産院の良い点・オススメポイント

助産師外来では、助産師さんが体調や出産への不安などの相談に丁寧に答えてくれます。また、バースプランを立てることができ、こちらの希望にできるかぎりこたえてくれます。母乳育児に力を入れていて、産後も丁寧に指導をしてくれるので、母乳で育てたいという人には非常におすすめです。母乳外来や小児科も併設しているので、産後も頼りにできます。

葛飾赤十字産院を選んだ決め手!

妊娠がわかって、初めて受診したときに、お医者さんが感じよく対応してくれて、印象が良かったです。自然な、無理のない出産・育児を目指しているところにも共感しました。妊娠中のマタニティビクスや赤ちゃんとのタッチケアなどのクラスも充実していて魅力的に思いました。母乳育児に力をいれていること、料金が高すぎないこと、母子同室であること、そして、自宅から近いことなども考慮し、この病院に決めました。

葛飾赤十字産院の改善して欲しいポイント

医師外来がいつもとても混んでいました。なので、医師の数がもっと増えればいいと思います。また、待合室も妊婦さんやその家族がたくさん来ているので、イスの数を増やしてほしいです。受付から離れたところに座っていると、名前をよぶ声が聞こえないので、マイクを使ったり、受付番号を表示する等、もう少し配慮してもらいたいです。産後、病院の食事が足りず、おなかがすいてしょうがなかったので、食事の量をもっと増やしてほしいと思いました。日曜日も売店が開いているといいのになと思いました。

葛飾赤十字産院についてもっと詳しく

以下では、葛飾赤十字産院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

混んでいて忙しそうにしていますが、こちらからの質問に対しては丁寧に答えてくださいます。エコーや血液検査があるときは、ファイルを受付に提出するのですが、どこに出していいのか分からず戸惑うことがありました。診察が終わってから、会計するまでに少し時間がかかります。「ご意見箱」みたいなものがあって、対応に不満があった場合などは投稿することができます。

院内の設備

6人部屋、4人部屋、個室、特別室があります。個室はとても人気が高いようです。分娩室には和室(フリースタイル分娩用)もあります。シャワー室が2階と4階に2つずつあります。コインランドリー&乾燥機が2階と4階に2つずつあります。ドライヤーもあります。シャンプーなどは置いていないので自分で持参する必要があります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

妊娠の経過が順調な方(医師のOKが出た方)はマタニティビクスやマタニティヨガのクラスに参加することができます。(有料:要事前予約) 食事は母乳に配慮されたカロリーひかえめな内容です。乳腺炎などの人のためにはさらに脂肪の少ない『おっぱい食』という食事に変更することもできます。(追加料金なし) 私が通院していたときは無かったのですが、マタニティ鍼灸ルームというものができたようです。 ナチュラル・バース・クラス(NBC)という母親(両親)学級があります。土曜日にやっているので、平日仕事をしていても参加することができます。

私の葛飾赤十字産院での出産体験談を紹介します!

【一人目】 予定日の12日前、健診を終えて帰宅すると、陣痛が始まったので、タクシーで病院へ行ったのですが、「もっと痛くなってから来てください」と言われて帰されてしまいました。帰宅して食事や入浴を済ませた後、もう我慢できないというくらい痛くなってきたので、主人と一緒にまた病院へ行きました。1?2時間陣痛室で過ごし、破水したあと、歩いて分娩室へ移動しました。助産師さんに「便秘してますか?ちょっと出しますね」と言われて、便をかき出されました(!!)それから1時間後、主人立ち会いのもと出産。うまれてすぐの赤ちゃんを胸に抱き、おっぱいを吸わせました。会陰の裂傷があったので、医師に縫合してもらったのですが、結構ひどくて時間がかかりました。母乳育児を希望していたので、産後は助産師さんの指導のもと一生懸命おっぱいをあげました。最初はなかなか出なかったのですが、3日目くらいから、おっぱいの張りが強く痛みが増してきたので、食事をおっぱい食に変えてもらいました。小さい赤ちゃんにおっぱいを吸わせるのはとても大変でしたが、授乳クッションや枕、タオルなどを使って助産師さんに高さを調節したりしてもらって、毎日何回も必死に授乳したのを覚えています。 【二人目】 予定日の5日前の明け方、生理痛のような痛みで目が覚め、「これは生まれる!」と思って急いでタクシーを呼んで病院にいきました。助産師さんと問診したりしているうちにどんどん痛みが強くなり、最初から分娩台でした。前回は会陰の傷が痛かったので、傷をつくらないようにしたいと前々から助産師さんに相談していたので、助産師さんもいきむタイミングなどに気を使ってくれて教えてくれました。約50分後、出産。ほとんど傷をつくらず、出血も少量でした。今回は立ち会ってくれる家族がいなかったので、助産師さんに頼んで写真を撮ってもらいました。二人目は母乳の出もよく、赤ちゃんもよく飲んでくれたので、助産師さんからの指導はあまりありませんでした。

葛飾赤十字産院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この葛飾赤十字産院の体験談・口コミは、7/20/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(193633)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!