社会福祉法人聖母会聖母病院の口コミと体験談

社会福祉法人聖母会聖母病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

社会福祉法人聖母会聖母病院について

キリスト教の総合病院です。 産婦人科についていえば、自身の母親の時代から、お産といえば聖母病院と言われていたほどの産科では有名な病院です。 看護師さんの中にはシスターの格好をした方もいます。見た目がシスターなだけでなく、スタッフの方たちはみなさんホスピタリティーにあふれていて、具合が悪いときにも本当にやさしく接してくださいました。 総合病院のため他にも診療科がたくさんあり、妊娠中にトラブルがあっても、該当する科がであれば同じ病院内で診てもらえます。

社会福祉法人聖母会聖母病院の基本情報

社会福祉法人聖母会聖母病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都新宿区中落合2-5-1 西武新宿線下落合駅徒歩7分です。駅からまっすぐ坂を上っていき、左手にあります。

出産にかかる費用

約62万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通の分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

当時は女医さんが2名。40~50代のベテランでした。

社会福祉法人聖母会聖母病院の良い点・オススメポイント

施設は比較的新しく、明るい雰囲気です。 検診の際は複数の先生がみてくださいましたが、どの先生もやさしかったです。 陣痛~分娩時には助産師さんがつきっきりで背中をさすってくれました。陣痛中に置き去りにされる産院もあると聞きますが、聖母病院ではそういったこともなく、心強かったです。 入院中は母子同室で、徹底して母乳の指導をしてくれるので、完母を目指すひとにはおすすめです。 また、産後2週間で母乳や育児についての指導が受けられるクラスがありました。 育児に対して疑問や疲れが出てくる時期に適切な指導をしていただき、大変ためになりました。

社会福祉法人聖母会聖母病院を選んだ決め手!

自宅近く(北関東)で妊婦健診に通院していた産院と、実家近くの聖母病院とで比較検討しました。 検診のみで通院していたところは事務的な感じだったため、聖母病院の雰囲気のよさを痛感しました。 漠然としたものではありますが、母の時代からの評判と、自身の予定日の数か月前に親戚も聖母病院で出産しよかったといっていたことなど、身近な人物からの影響も大きかったです。

社会福祉法人聖母会聖母病院の改善して欲しいポイント

人気がある病院のため、検診時の待ち時間がとにかく長いです。予約制ですが、予約時間前に着いてもそこから 2時間程待つこともありました。元気な時はいいですが、つわりの時期などはもう少し待ち時間が短くなれば…と思いました。 立地上しかたないかもしれませんが、ほとんどが4人部屋で、自分の赤ちゃんの泣き声が迷惑になっていないかなど、気になることもありました。一方で個室に入った友人に聞きましたが、快適さは十分なものの、費用はかなりかかったとのことです。

社会福祉法人聖母会聖母病院についてもっと詳しく

以下では、社会福祉法人聖母会聖母病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

主治医の先生のほかにも、そのとき在任されていた先生方全員に診ていただきましたが、とてもやさしい先生ばかりでした。 分娩以外にも悪阻で10日間の入院をしましたが、夜中に何かあっても親身に接してくださいました。 悪阻で具合悪そうにしているとボランティアの方が手をひいてくれたり、車いすを持ってくるなど、すぐに手を差し伸べてくれます。

院内の設備

個室もありましたが、大部屋(4人部屋)に比べ、室数は少なかったです。大部屋でしたが、2人に1つ洗面台がありました。カーテンで区切られているだけの、ごく一般的な大部屋といったところです。窓側の2か所にあたればいいですが、廊下側の2か所は少し暗かったです(どちらも経験あり)。院内は明るい雰囲気で、見舞客と話ができる広くてきれいな休憩室がありました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、事業所給食が提供していました。十分おいしいのですが、産後は母乳で栄養がとられてしまうため、量が少なかったように思います。副菜のうちの1つは選択制で、2メニュー用意されているうちのいずれかを選ぶシステムでした(一方はたしか数十円高い)。3時のおやつもバリエーションに富んでいて楽しみのひとつでした。

私の社会福祉法人聖母会聖母病院での出産体験談を紹介します!

予定日を超過し、10日すぎて生まれなかったら陣痛促進剤を使うといわれていました(予定日16日→26日の朝から促進剤使用の予定)。 ところが25日の夜から陣痛が10分間隔になり、22時頃病院へ到着。0時近くまでは夫・母とともに待合室のようなところで経過をみていました。日付が回る頃いよいよ陣痛が強くなり、陣痛室へ移動。陣痛中は助産師さんがつきっきりで背中をさすっていきみのがしをしてくださいました。その助産師さんが場所を離れる際は必ず他の助産師さんがくるような体制がとられていて、とても心強かったです。3時過ぎに分娩室へ移動しましたが、痛すぎて自力で分娩台へ上がれず、みなさんに持ち上げてもらいました。分娩中は赤ちゃんの頭が大きすぎて体力消耗し、かなりの時間を要しましたが、5時過ぎに出産。陣痛促進剤を使わずに、しかも安産で生まれてよかったねと助産師さんたちに言われました。 産後は、悪阻で入院していたときにお世話になった助産師さんにもお会いすることができました。 ホスピタリティーあふれる方ばかりで、陣痛から入院中、終始気分よく過ごせました。

社会福祉法人聖母会聖母病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この社会福祉法人聖母会聖母病院の体験談・口コミは、1/26/2011時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(196869)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!