ヤナセクリニックの口コミと体験談

ヤナセクリニックについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

ヤナセクリニックについて

女医さんがいるということで産院を選びました。(途中から産院を変更しました) アロマセラピーなどにも力を入れていたり、妊婦さんのための講座、またパパになる方への教室、妊婦さんのためのエアロビクスや出産後のマッサージなどがあります。いろいろなイベントがあったり、母乳育児を推奨しているところです。出産もなるべく自然なお産に近づけるために、陣痛を和らげたりリラックスするためにアロマのお風呂に入れたりします。 女医さんがいるということで、とても人気のある産院です。待ち時間も大変長いです。お産が途中で入ったりするとさらに長くなるのはもちろんのこと、予約していてもその通りに行かないことの方が多いです。ただ女医さんというだけで安心感が非常に高いのはすごく気持ち的にもゆとりができました。

ヤナセクリニックの基本情報

ヤナセクリニックについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

三重県津市乙部5?3 PMCビル1F  セントレアへのフェリー乗り場、なぎさまち方面へ走ると左手に見えてくる大きなビルです。PMCと表示あり。

出産にかかる費用

約55万

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

当時は女医(院長先生ともう一人)。院長先生は40代後半で柔らかい物腰の印象です。

ヤナセクリニックの良い点・オススメポイント

アロマオイルのいい香りが院内を包んでいたり、バースプランを考えてスタッフの方へいろいろお願いできることがあります。また出産に備えていろいろ準備しなければいけないもののあるのですが、「出産セット」という大きなバッグにとりあえずの母乳パッド、悪露用のナプキンなどをセットにしたバッグをいただけるので、逆にいえば他に何が足りないかというものをこちらで準備すればいいだけになっています。また部屋にそれぞれシャワー室とトイレがあり、タオルの交換は毎日はもちろんのこと、シャンプーなども小さいボトルの物をいただけます。家から準備するものはほとんどないといってもいいと思います。またお料理がとってもおいしくて、夜食もきちんとあります。

ヤナセクリニックを選んだ決め手!

初めは男性医師が院長を務める産婦人科に通っていたのですが、その男性医師の発言や、自分自身の中で「男性にこの痛みや不安を相談して、きちんとわかってくれるだろうか」という不安からこちらの女医さんがいる婦人科へ変わりました。 変わって本当によかったと思います。痛みの微妙なニュアンスや感覚などはどうしても言葉で言い表すことができず、でも女性ならではのこうしたときに痛む・・・や、こんな不安がある・・・といったこともくみ取っていただけたので、いろいろ安心してお話することができました。何より女医さんというだけで心強かったです。

ヤナセクリニックの改善して欲しいポイント

改善点はやはり待ち時間のことでしょうか。 医師は当時は2人おりましたが、なんせ予約をしていても待ち時間が非常に長い。 予約なしだと2時間、3時間待ちはざらです。出産、急患などが入ると当然ながらもっと長いです。 また妊婦さんは診察の予約可能なのですが、それ以外の検診、婦人科系の病気などの診察の場合は予約ができないので 診察時間内に行って、予約の間に入れてもらっての診察なのでさらに待ち時間があると思います。 またいつ呼ばれるかわからないので、せめて妊婦さん以外の外来診察の時も、予約が取れるとありがたいと思います。

ヤナセクリニックについてもっと詳しく

以下では、ヤナセクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

スタッフの方はとても忙しそうでしたが、こちらの問いかけにはきちんと対応していただきました。 たまにツンツンした感じのスタッフの方もいましたが、これだけ忙しかったら仕方ないのかな・・・と思うことも。 ここは、まず総合受付に連絡をして、そこから電話をつないでもらうという形の病院なので(いくつか同じビルに病院が入っているため) 急いで聞きたいことがある場合などは少し手間取ります。

院内の設備

全部個室でした。プライバシーは守られますし、面会したくない場合などはスタッフの方に伝えておけば、誰かが訪れても部屋まで通すことがなかったので、出産後の疲労の時はとてもありがたかったです。アメニティはタオル類、シャンプーやコンディショナー、ボディソープなどはお泊りセットのようなものをいただけます。なくなったら連絡するともってきていただけるので助かりました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は大変おいしかったです。これだけ食べてもいいの!?と思うくらいのボリュームで果物やデザートもきちんとあったり、さらに夜食があったりします。また産後しばらくするとアロマオイルを使ったリフレクソロジーのマッサージをしていただけて、香りとマッサージでリラックスすることができました。 アクティビティは出産までに母親、もしくは父親学級があったり、栄養指導などの講座があったりといろいろなことを教えてもらえる機会がありました。

私のヤナセクリニックでの出産体験談を紹介します!

私は血圧などの関係で予定日よりも1カ月早く帝王切開になったのですが、腰からの麻酔の効きが悪く、 お腹にメスが入り始めた時はよかったのですが、徐々に痛みが走るようになり、麻酔を足しながらの手術でした。 ところが途中から激痛になり、吐き気があり、心拍数もあがってしまったりで大変でした。 「痛いー!」「気持ち悪いー!」「吐くー!」を連呼してたように思います。 私は太っているので、腰からの麻酔の時に背骨がうまく確認できず、また血管が細いために点滴をさす血管を探すのにも 大変時間がかかりました。帝王切開した傷は表面から中に向かって横、縦、横に切りました。今は表面上に残る傷跡も 幸いにもケロイド状態にはならなかったので、1本の線として残っていますが、糸で縫ったわけではなくホチキスみたいなもので 止めたのでその部分の傷はほとんど残っていません。赤ちゃんが出てしまえば楽かとも思ったのですが、その後の処置も辛かったです。(お腹をいったん綺麗にして、閉じていく作業です) 手術だったのですが、自己責任でとのことで主人の立ち合いも許されたので、手術室に主人も一緒に入ってきてもらい、手を握っててもらいました。主人は倒れることなく(笑)最後まできっちりと居てくれたので心強かったです。 手術後はもともとあった腰痛が悪化。尿管が入っていたのでトイレは大丈夫だったのですが、傷の癒着が起こらないようになるべく動いてねと言われるものの、傷の痛みやら腰の痛みやらでまったく動けず。寝返りを打つのでさえ難しかったです。 後陣痛が非常に長く、3日ほど苦しみました。手術当日は痛みどめと子宮を元に戻す促進剤などを定期的に入れてもらいながら、それでも激痛で唸っておりました。ベッド脇に建てるようになったのは手術4日後でした・・・。

ヤナセクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このヤナセクリニックの体験談・口コミは、平成21年1月中旬時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(197935)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!