葛飾赤十字産院の口コミと体験談

葛飾赤十字産院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

葛飾赤十字産院について

検診から出産まで転院することなく診てもらえます。大きな病院でNICUもあるので、子供に万が一のことがあったときのことを考えると心強いです。また、助産師外来もあり医師には相談できない精神的なことや、生活の悩みなども相談できます。出産の方法も普通の分娩台か畳の部屋か選ぶことができます。フリースタイル出産を提唱しているので、こちらのバースプランに沿った出産ができます。

葛飾赤十字産院の基本情報

葛飾赤十字産院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都葛飾区立石5-11-12 最寄駅は京成線の立石駅です。駅から徒歩10分弱あります。

出産にかかる費用

約55万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんもいます。検診の際、指名することもできますが待ち時間が長くなります。

葛飾赤十字産院の良い点・オススメポイント

順調な経過の場合、後期に助産師外来を受診することができます。検診で医師に相談するよりも、丁寧に応対していただけます。出産に関する不安事項はもちろん、妊婦生活をどうしたらよいかのアドバイスや、出産後の生活についての疑問などに答えてくれます。また、分娩の際、どのような出産にしたいかバースプランを提出することができます。出産する部屋は普通の分娩室か和室か、会陰切開をするかしないか、カンガルーケアを希望するか、また産後すぐの骨盤矯正など細かいことまで希望に応じてもらえます。

葛飾赤十字産院を選んだ決め手!

NICUがあり、万が一出産の際に何かがあっても安心だと思いました。また、家から近く徒歩で通えたこともつわりのひどかった時期にはありがたかったです。出産に関しては、なるべく自然な形の和室での出産を望んでおり、会陰切開もしたくなかったので、バースプランをちゃんと作ってもらうことのできる、こちらの産院に決めました。

葛飾赤十字産院の改善して欲しいポイント

検診の際、特に土曜日などは待ち時間が異常に長いです。2時間ほど待つこともしばしばありました。体調が良い時はいいのですが、つわりがひどかったのでトイレで吐きながら待合室で待っていました。それと、出産後、入院中の食事があまり美味しいと思えませんでした。祝い膳的なものはありません。出産と授乳などでヘトヘトになった母体のためにもう少し美味しくて豪華な食事でも良いのかなと思います。

葛飾赤十字産院についてもっと詳しく

以下では、葛飾赤十字産院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

検診の度に先生が変わることもしばしばあり、少し不安ではありましたが、どの先生も優しく丁寧に診察してくださいました。助産師さんが多数在籍されていて、妊娠初期から、サポートが充実していました。どのように妊婦生活を過ごせばよいか、また実際の出産に向けてどのような準備をすればよいかなど具体的なアドバイスをしてくれました。事務の方もみな丁寧に応対していました。

院内の設備

6人の大部屋、次いで4人部屋、2人部屋、個室とそれぞれ分かれています。私は6人部屋でしたが24時間母子同室のため、まわりに気を遣いました。大部屋の場合、追加料金はありませんが、洗面台が部屋に一つだったり、他の人の照明などが気になることがありました。出産に最低限必要な産褥パッドなどのアメニティはあります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

ここは母乳育児に力を入れています。産後すぐに乳頭を吸わせたり、夜間の授乳に関しては、授乳室へ行き助産師さんに指導してもらいながら母乳を与えます。夜中預かってもらうこともできますが、基本3時間おきの授乳で、連れ戻されることもありました。昔はもっとスパルタで産後の肥立ちが余計に悪くなったという話も聞きましたが、最近はそこまで厳しくはないようです、

私の葛飾赤十字産院での出産体験談を紹介します!

妊娠の経過が順調だったので和室での分娩を希望していましたが、気づかないうちに高位破水しており、和室での分娩は断念せざるを得ませんでした。しかし、初めからなるべく医師の介入のない助産師さんによる分娩を希望していたので、その通りにしてくれました。医師は常に待機して経過を見てくれますが、出産は助産師さんのもとで進み、会陰切開もせずにすみました。出産に至るまでには陣痛微弱だったため、促進剤を飲みましたが陣痛がつかず、結局促進剤は途中でストップし、それから半日経って本陣痛に至りました。本陣痛が来たのが夜中で、そこからお昼前に出産しました。主人の立会いを希望していましたが、実母も分娩室に入れるとのことで、主人と母の2人に見守られながらの出産でした。

葛飾赤十字産院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この葛飾赤十字産院の体験談・口コミは、5/19/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198071)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!