佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の口コミと体験談

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科について

大学病院なので色々な持病をお持ちの方が出産されているようです。全ての科が揃っていますので何かあった時の対応は早いし安心できます。NICUもありますので赤ちゃんに何かあってもすぐに対応していただけます。NICUに自分が絞ったお乳も24時間いつでも届けることもできます。24時間先生もいらっしゃるので安心できます。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の基本情報

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

佐賀県佐賀市鍋島5丁目1番1号 佐賀駅バスセンター(乗車)?佐賀医学部(降車)バスで25分

出産にかかる費用

約25万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有 年齢は幅広い 雰囲気は良い

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の良い点・オススメポイント

先程も述べましたように、何かあった時は全ての科が揃っていますので安心できます。NICUもありますので赤ちゃんが小さかったり、様子がおかしい時は新生児専門の先生がすぐに診てくださいます。基本的に4人部屋なので同じ部屋どうしのママと仲良くなったりもします。先生も24時間いらっしゃいますし、スタッフの人数も多いです。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科を選んだ決め手!

私も元々持病がありまして高校の時から大学病院に通っていましたので必然的にここになりました。個人の産婦人科はやはり引き受けられないと断られました。全ての科が揃っていますので何かあってもすぐに対応していただけますし、入院していたらなおさら対応も早いです。もちろん家にいる間に何かあってもすぐに対応していただけるようです。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の改善して欲しいポイント

産後はもっとボリュームある食事メニューだといいなと思います。エアコンを使う季節には消灯の時間と同じくらいに節電の為と言って消されるので、夏は本当に暑くて大変でした。冬も寒かったし赤ちゃんも同じ部屋で寝るので大丈夫かなっと思うところはありました。帝王切開で下半身がまだ麻酔が効いてて全く動けない状態でも赤ちゃんを横に連れてこられるので、それはきつかったです。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、佐賀大学医学部附属病院 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

女医さんが多かったので非常に話しやすかったです。エコー検査も丁寧に解説してくださいました。看護師さんは厳しい方も数名いらっしゃいましたけど、ほとんど友達みたいに気軽に話してくださる方ばかりでした。事務の方も感じが悪いなと思ったことは特にありません。全体的には良かったです。悪い印象はほとんどありませんでした。

院内の設備

基本的に4にん部屋です。特別室もありますが1部屋とかでした。大学病院なので施設面はあまり良くありませんでした。夏と冬は節約の為にエアコンを消灯と同じくらいの時間に消されるし・・・、お風呂、トイレはもちろん共同でした。婦人科も同じフロアなので高齢の方もいらっしゃいました。洗面台ももちろん共同でした。シャンプーなども持参しなければなりません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

普段は病院食に少しおやつがついてる程度です。退院2日前くらいにメインがステーキ、ハンバーグ、海老フライ、鯛の塩焼きのなかから1つ選べるお祝い膳があります。それだけは食べられないくらいの量です。あと退院の前日くらいに体のこってるところをアロマテラピーの資格を持った看護師さんがマッサージをしてくれます。

私の佐賀大学医学部附属病院 産婦人科での出産体験談を紹介します!

帝王切開だったので下半身麻酔をして手術しました。耳はもちろん聴こえるので赤ちゃんの産声ももちろん聞けます。赤ちゃんをお腹から出される時がめちゃくちゃ気持ち悪くなります。でも先生から「今から赤ちゃん出すから少し気持ち悪くなるからね!」と言われていたので覚悟はできていました(笑)お腹を切られてる時も麻酔が効いてるので痛くはもちろんありませんが切られてるなぁ?という感覚はありました。赤ちゃんを取り出すまでは15分くらいだったと思います。麻酔をかけたり、胎盤を出したりお腹を縫ったりするので時間がかかるので時間は1時間半から2時間くらいだったような気がします。最後は軽く眠くなる点滴をされました。その間に後処理をされていたようです。点滴が終わるとすぐ目は覚めました。ちなみに縦切りでした。

佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この佐賀大学医学部附属病院 産婦人科の体験談・口コミは、平成23年11月10日午前9時41分時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198018)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!