信州大学医学部付属病院の口コミと体験談

信州大学医学部付属病院について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

信州大学医学部付属病院について

全国的にも有名な国立大学の付属病院です。何年か前に改築し、綺麗な病院になりました。売店も品揃えが豊富です。混んでいますが、院内に、タリーズコーヒーがあり、待っている間そこで一息ついて、リフレッシュすることも出来、病院に行く楽しみの一つにもなりました。産婦人科はどこもそうかもしれませんが、完全予約制なところが少し難あり。

信州大学医学部付属病院の基本情報

信州大学医学部付属病院について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

長野県松本市旭3丁目1番1号 松本駅・JR篠ノ井線になります。 ※本院まではバス(約15分)やタクシー(約10分)

出産にかかる費用

50万円

出産の際の分娩の種類や方法

経膣分娩。普通分娩。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有 30代から40代の女医

信州大学医学部付属病院の良い点・オススメポイント

前述したように、タリーズコーヒーがある所はオススメです。 コーヒーだけでなく、パスタやサンドイッチもあるので食事も出来るし、ケーキやアイスもあったので、小腹が空いた時にもさいてきです。 スタッフ面だと、助産師が比較的若い助産師が多かったので、私は年齢が近く、相談しやすかったです。 皆優しく、話しやすい雰囲気作りをしてくれていたとおもいます。

信州大学医学部付属病院を選んだ決め手!

もともと松本市では分娩できる病院が4つしかなかったのですが、自分自身も信州大学医学部付属病院で誕生しており、生まれた病院、という愛着が私の中ではありました。また、分娩医療機関を決定する際に、周りで出産した人や、知人などにどこで出産したかなどを聞きました。信州大学医学部付属病院が一番多かったので、安心出来たため、決めました。

信州大学医学部付属病院の改善して欲しいポイント

改善点は、医師の中で、横柄な態度を取る医師がいた所です。妊娠中は色々と過敏になっていますし、不安なことも多いので、そういったことを相談しやすい、環境作りを医師にもして欲しいと思いました。見た目からして威圧感がある医師がらたいども威圧的だった時には、がっかりしました。正直言って、もうその医師には診てもらいたくないと思ってしまったので、態度に気をつけて欲しい。

信州大学医学部付属病院についてもっと詳しく

以下では、信州大学医学部付属病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

前述した通り、約1名の医師は、もう診てもらいたく無いほど嫌でした。(私との相性が悪かったのかも知れませんが) その他の医師は、話しやすい雰囲気作りをしてくれていたように感じますし、横柄な態度を取るような医師は居ませんでした。 出産する前に、妊娠高血圧で入院しましたが、女性医師も居て安心出来ました。 助産師の方たちは、皆優しく、今度産む時もここにしたいと思いました。

院内の設備

大部屋は四人部屋でした。水道もあるので手洗いなともトイレまで行かなくてよかったです。浴室も二つあり、午前9時から、夕方5時までの間、好きな時間に入ることができました。デイルームも併設されており、見舞いに来てくれた人と話をしたり、食事をすることができたし、デイルームに自販機があったので喉が渇いた時にすぐ飲み物が買えました。 また、売店の品揃えも豊富でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は栄養バランスを考えた食事でした。ただ、量が結構多かったので、仕方なく残すことも少なくありませんでした。週一でカレーが出ましたが、カレー好きな私にとっては楽しみでした。昼食は、ラーメンだったり、そうめんだったり、マンネリにならないように工夫されているなぁと思いました。また、産後には、お祝い膳というものを用意してくれて、出産頑張ったご褒美が嬉しかったです。

私の信州大学医学部付属病院での出産体験談を紹介します!

出産1週間前に高血圧の為、念のため入院になりました。担当医からは、普通分娩を目指すが、血圧が上がり普通分娩では、母体や胎児に悪影響との判断をした時には、緊急帝王切開になる事、子宮口を広げるためにバルーンを入れたり、胎児の頭を吸引する事もある。との説明があり、不安でしたが、点滴をしながら、無事に普通分娩で出産出来ました。 産道に子供が長くいたお陰で、尿管を付けたり、中々出てこなかったので会陰切開しましたが、無事で良かったてす。 大学病院のために、事前に出産時の見学をお願いする事がある、と聞いていて、了承していましたが、実際の分娩時に、看護学生や研修医が5人ほど居ました。さらに医師や助産師も何人か居て、10人ちょっと居て、こんなに沢山居るの?と思い、ビックリでした。

信州大学医学部付属病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この信州大学医学部付属病院の体験談・口コミは、5/23/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(197970)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!