助産院ほほえみハウスの口コミと体験談

助産院ほほえみハウスについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

助産院ほほえみハウスについて

一軒家でアットホームな助産院です。 産院と言うより、お家感が強い、家庭的な感じです。 診察の時間を長くとってくれているので人と会う事がありません。 待ち時間もなく、すぐに検診を受けられました。 他の人がいないので、家族や子供連れでも気兼ねなく、一緒に検診室に入れました。 入院中、子供も一緒に寝泊まり出来ます。

助産院ほほえみハウスの基本情報

助産院ほほえみハウスについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

静岡県掛川市高御所1652 高速道路掛川ICより車で10分

出産にかかる費用

約45万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女性の先生です。質問しやすい雰囲気でゆっくり話してくださいました。

助産院ほほえみハウスの良い点・オススメポイント

待ち時間がないので、妊婦さんにはありがたいです。 検診の時間を長く取ってくれているので、エコーの時間も長くゆっくり質問しながら検診を受ける事が出来ました。 他の妊婦さんがいないので、主人や子供も一緒に気兼ねなく行けました。 産後、子供も一緒に寝泊まり出来きるのが嬉しいです。 入院中、毎朝、母乳マッサージをしてくれます。

助産院ほほえみハウスを選んだ決め手!

大きな病院と迷ったのですが、こちらの助産院さんは、上の子が一緒に寝泊まりできる事が 1番の決め手でした。入院中、見てくれる人がいなかったので、本当に助かりました。 他には、大きい病院だと、面会者が制限されてしまって、祖母、祖父がガラス越しにしか見てもらえず残念だったのですが、 こちらの助産院さんは制限がなく誰でも面会に来れたので。

助産院ほほえみハウスの改善して欲しいポイント

改善点、と言うほどではないですが、あえて上げれば 住宅街の少し入り組んだ所にあるので、初めての方はアクセスしずらいと思います。 母親学級や両親学級みたいなものがなかったので、妊婦さんとの交流の場があれば良かったと思います。 部屋が2階だったので、産後すぐは1階の食堂まで歩いていくのがきつかったです。 一軒家なので音が響きました。

助産院ほほえみハウスについてもっと詳しく

以下では、助産院ほほえみハウスについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

女性の先生1人、助産師さん1人、2人でやっていました。 診察時の対応も良く、アドバイスもしっかりしてくれて相談も安心して出来ました。 休みの日でも、電話で対応してくれ、検診時に体調が良くなかったりした後日、体調確認の電話をくれたりしてくれたので 心強かったです。 食事を作りに来てくれる栄養士さんも嫌いなものを聞いてくれて、美味しく食べる事が出来ました。

院内の設備

一軒家です。洋室(ベッド)と和室(布団)から選べます。1階のは診察室、分娩室で、2階が妊婦さんの泊まるお部屋になっています。シャワー室も2階ですシャンプー、コンディショナー、ボディーソープは置いてありますが、持ち込み可能です。洗濯機あります。 完全個室です。産後お部屋にポットで好きなお茶を置いておいてくれます。 新生児用のオムツ一袋、お尻拭き、清浄コットンナプキン、が用意されてます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は栄養士さんが来て作ってくれていました。好き嫌いの有無を聞いてくれて、 食べれない物を抜いたバランスの良い食事を提供してくれました。3時にも手作りのおやつがありました。 入院中に希望があればフェイシャルエステも出来ます(有料)。 ミルクや母乳のお話をしてくれ、1缶ミルクを頂きました。 毎朝、母乳マッサージをしてくれます。

私の助産院ほほえみハウスでの出産体験談を紹介します!

36週の検診時に子宮口が5センチ開いてると言われました。なるべく動くようにね、とアドバイスを受けて、歩いたりしたのですが なかなか下りて来ず…37週の検診で子宮口は5センチで変わりないけど、赤ちゃんの推定体重が3000グラム越してるから、今日、破膜させちゃいましょうか?と言われました。先生はもう少し待ってもいいですよ、と言ってくれたけど大きくなって産むのが大変になったら、赤ちゃんも辛いし、と主人と母親に電話で相談して、その日に破膜させる事にしました。 15:32に破膜をして、すぐには陣痛は来なくて、ソファーでテレビを見たりして過ごしてました。 15:50頃から陣痛が始まって、すぐにかんかくが短くなりいきみたくなりました。 16:25頃、頭が見えてきてるよって、アタマを触らせてくれて、16:37いきんだらスルッと出てきてくれました。 年子だった事もあり、スーパー安産でした。

助産院ほほえみハウスの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この助産院ほほえみハウスの体験談・口コミは、2/11/2015時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198126)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!