日本赤十字社 和歌山医療センターの口コミと体験談

日本赤十字社 和歌山医療センターについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

日本赤十字社 和歌山医療センターについて

総合病院の産婦人科です。 里帰り出産の受け入れ制限はありません。 総合病院ですので、その他の診療科への提携ができています。 入院中の担当助産師さんは毎日変わりますが、その日の状況がすべてパソコン入力されており、毎日スムーズに検査や、患者の状況が把握されています。 LDRも2部屋あり、希望するとそちらを24時間借りることができます。

日本赤十字社 和歌山医療センターの基本情報

日本赤十字社 和歌山医療センターについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

和歌山県和歌山市小松原通四丁目20番地 最寄りの駅 ●JR和歌山駅 ●南海電鉄和歌山市駅 <最寄りのバス停> 「日赤医療センター前」JR和歌山駅、南海電鉄和歌山市駅より約20分

出産にかかる費用

50万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんあり。 30代から40代

日本赤十字社 和歌山医療センターの良い点・オススメポイント

総合病院なので、小児科やNICUもあり、子供に万一のことがあればすぐに対応していただけます。 また希望者には出産後の2週間検診をしていただけます。 助産師さんがとても親切で親身になってくれます。 基本母子同室ですが、24時間ではなく夜は預けます。泣いたら呼んでくれるようにお願いしたり、朝までお預かりでもいいし、自分の体調にあわせて預かってくれます。

日本赤十字社 和歌山医療センターを選んだ決め手!

3つの産院を検討していました。 3つのうち2つは個人病院でした。口コミが良く人気がある産院でしたが、最終的に我が子や自分の身に何かがあった時にすぐに対応していただけるのではないかと思い決めました。 あともう一つは過去の対応人数の多さです。 たくさんの経験があるからこそしていただけることもあるかとと思いました。

日本赤十字社 和歌山医療センターの改善して欲しいポイント

4週間検診だとそうでもないのですが2週間、毎週検診というようになってくると、外来される方が多いので、予約がとりづらくなります。応援の医師が来てくれていますが、もう少し医師の数が増えるとスムーズになると思います。 初診の時は何時間も待たないといけないので、待ち時間をもう少し改善していただけたらとおもいます。

日本赤十字社 和歌山医療センターについてもっと詳しく

以下では、日本赤十字社 和歌山医療センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

受付の事務スタッフの方もテキパキと対応してくれます。 外来担当の看護師さんもすごく親切で気を使ってくださいます。 先生も人気の先生は初診からでないと途中からお願いすることはできない方もいらっしゃいますが、どの方も親切で、わからないことや気になることがあるときはすごく聞きやすいです。 助産師さんも元気で明るい方ばかりです。

院内の設備

個室は別途料金がかかります。大部屋は4人部屋で、トイレ洗面所つきです。 お風呂にはシャンプーリンスがあります。使用時間が決まっています。時間内であれば使われていないときは自由に使えます。 ドライヤーもナースステーションで借りることができます。 雑談室には無料のお茶、お湯、レンジなどがあり入院中は自由に使えます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は入院するとメニュー表が渡されます。 朝はパン、ごはん、おかゆから選べます。そのほか昼と夜も2種類メニューがあり好きな方を選択し、記入したものをナースステーションに提出します。 時間になると部屋に持ってきてくれます。 エステなどはありませんが、散髪屋はあります。コンビニもあります。ATMも2社あります。

私の日本赤十字社 和歌山医療センターでの出産体験談を紹介します!

2人目の出産のときは、その日の検診で今日生まれますといわれました。 ですが1人目の出産の時の痛さの記憶があり、あまり痛さを感じませんでした。 念のため陣痛の感覚を図ってみると、経産婦さんが病院に連絡を入れないといけない陣痛感覚を大幅に過ぎていました。 あわてて連絡し病院に向かいました。 あまりに軽やかに歩くので、そんな元気な陣痛来てる妊婦さん知らないわといわれました。 対していたくないので生まれないので自宅待機と言われたら恥ずかしいと思いつつ診察してもらうと、本当はもっと痛いでしょう?といわれました。 破水から1時間ちょっとで産まれました。 1人目の時の痛さの記憶があったので、まだまだしんどい、痛い!と思っていたのですごくあっけなく生まれてきたなという風に思いました。

日本赤十字社 和歌山医療センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この日本赤十字社 和歌山医療センターの体験談・口コミは、4/1/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198084)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!