厚生連JA広島総合病院産婦人科の口コミと体験談

厚生連JA広島総合病院産婦人科について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

厚生連JA広島総合病院産婦人科について

地域の二次医療を担う総合病院であり、産科だけでなく婦人科の手術適応患者さんも沢山いる。小児科にNICUがないため、リスクの高い産科患者さんは、隣の市の県病院に転院になる。主治医は決まっているが総合病院のため、学会や産休などで主治医がいない時には違う医師に変わることがある。また、待ち時間が平均2時間程度。しかし、日によってはほとんど待たない日もあった。採血室が内科の隣にあり、他の科の患者さんも同じ採血室なので待ち時間が長くなってしまう。

厚生連JA広島総合病院産婦人科の基本情報

厚生連JA広島総合病院産婦人科について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

広島県廿日市市地御前1丁目3-3。広島電鉄宮島線JA広島総合病院前駅より徒歩1分。

出産にかかる費用

出産 分娩

約45万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん在り。20代半ばくらいで、優しい雰囲気だが着々と仕事をこなす感じ。

厚生連JA広島総合病院産婦人科の良い点・オススメポイント

分娩 病院 医者

胎児や母体にそれほどリスクが考えられないお産であれば対応できる。医師の数も多く、何かあった時にもすぐに対応したり、沢山の意見を聞くことができると思う。また、助産師さんたちの雰囲気もよく、産後も授乳時などよく声をかけてもらえて不安などを聞いてもらえた。私は、医師もだけれど助産師さんの対応が良いのでこの病院をオススメする。

厚生連JA広島総合病院産婦人科を選んだ決め手!

3つの病院を検討し、1つは、住んでいるのと同じ市内だが個人病院で訴訟をおこされていたり、知人に聞いた話もあまり良くないため外し、もう1つは、同じ市内だが医師が高齢なうえ1人しかおらず、待ち時間も長いため外し、残る1つは、他県だが私自身過去に他の科で勤めていた病院であり、他の2つとも通院にかかる時間も同じで総合病院であり安心できるため選んだ。

厚生連JA広島総合病院産婦人科の改善して欲しいポイント

待ち時間がもう少し短いといい。外来では忙しいため、医師も看護師さんもゆっくり話ができる雰囲気ではないため、もう少し聞きたい事や不安などゆっくり話ができる雰囲気や、場所があればいいなと思う。また、助産師さんの保健指導が、患者さんが診察室に出入りする廊下や、体重、血圧を測る場所の横にあるため、話が丸聞こえなので、それを改善したら良いなと思う。

厚生連JA広島総合病院産婦人科についてもっと詳しく

以下では、厚生連JA広島総合病院産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

分娩 病院 医者

医師は外来では無駄な事は一切話さない先生が多いが、こちらから聞くと丁寧に答えてくれる。他のスタッフも同様。しかし、病棟では、雑談で笑ったり聞きたい事もすぐに聞ける雰囲気。分からないことは後で確認して教えてくれる。初産婦さんには助産師さんが丁寧に授乳時など声かけするが、経産婦さんはあまり気にかけてもらえてない感じもした。

院内の設備

個室は有るが1日プラス4200円くらいかかる。双子の人や希望者が個室を利用していた。院内のアメニティは大人のものは自分のものを使うのが前提。入院セットでシャンプーやパジャマなどを有料で申し込みもできる。赤ちゃんの綿棒や清浄綿、爪切りなどは授乳室にあった。病棟内にはお風呂があり、浴槽には週3回お湯が入れられる。ドライヤーも脱衣所にある。トイレは個室、 大部屋とも部屋毎についている。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

沐浴 

食事は普通の病院食。お乳のためにも質素と聞いていたが、産後なのでおかずも沢山で種類があり量も多い。さらにおやつに卵ボーロなどが出た。出産祝い膳は少しだけ豪華だがあまり変わらない。祝いのおやつは和菓子が出た。私は葛餅だった。しかし、食事面では満足できた。その他エステなどは無い。母乳マッサージや沐浴指導があるくらいである。

私の厚生連JA広島総合病院産婦人科での出産体験談を紹介します!

新生児

上記病院で3人出産している。今回は、朝破水したようなので電話して病院を受診し、破水していたので入院して陣痛促進剤を点滴しながら陣痛が来るのを待っていた。陣痛室と分娩室は別なので、初めは陣痛室で過ごした。以前と変わっていたのは、陣痛室も分娩室も感染予防のため子どもも大人もマスク着用しないと入れないと言われた。陣痛室には畳とベッドがあり最大2人の産婦が入れるようになっている。3回とも1人だったので気兼ねしなくて済んだ。上2人を連れて実母と陣痛室で過ごした。点滴開始から30分毎に助産師さんが来て促進剤の流量をあげる。促進剤だと決まった時間に助産師さんが来てくれるので安心できた。点滴開始から3時間くらいで痛みが一気に強くなりナースコールして分娩室に移動して内診し子宮口7センチ。だが3人目なので一気に進むかもしれないと、そのまま分娩室で痛みに耐える。助産師さんは1人で準備したりパソコン入力したりしていたが、痛みに耐えられなくなったので腰を押して欲しいと頼んで押してもらう。だんだん助産師さんの数も多くなり医師も呼ばれて、分娩室に入って40分でいきみ逃しをしたまま、あまりいきまずに出産した。

厚生連JA広島総合病院産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この厚生連JA広島総合病院産婦人科の体験談・口コミは、11/18/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198800)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!