みちおかレディースクリニックの口コミと体験談

みちおかレディースクリニックについて、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

みちおかレディースクリニックについて

外観も内装もホテルのような感じです。受付の方もコンシェルジュのような格好をしていて、対応や言葉遣いもとても丁寧です。食事はホールで集まって食べます。とにかく食事が豪華で毎食和食や洋食のフルコースのような食事です。夜食には手作りのスイーツがあります。 助産師や看護師は若い方から年配の方まで幅広い年齢層です。 副院長がベヒーマッサージを教えてくれたりします。 とにかく健診中から産後の入院中まで、とても安心して過ごせました。 またここで産みたいと思わせてくれる病院です。

みちおかレディースクリニックの基本情報

みちおかレディースクリニックについて、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒802-0974 福岡県北九州市小倉南区徳力2丁目22-28 車(駐車場あり)

出産にかかる費用

出産 費用

約47万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

男性医師1人で年齢は50代くらい。マスクで無愛想に見えるが口調は穏やかで優しい。

みちおかレディースクリニックの良い点・オススメポイント

ママ友

食事が豪華でとても美味しいです。ディナーホールで他のママたちと話をしながら楽しく食事ができます。部屋は個室でプライベートが管理されています。産後のママのケアもしっかりしてくれて、ベヒーマッサージなどに通って他のママたちと話をしたりできて孤独にならないので、健診から産後まで通うのにはとてもオススメです。

みちおかレディースクリニックを選んだ決め手!

最初は子宮頸がんの検診で行きました。その時もしかしたら妊娠しているかもと思い、一緒に検査してもらうつもりでした。 私はその時まだ結婚していなくて、これで妊娠していたら恥ずかしいという気持ちがありました。 実家から一番近い産院があったのですが、受付に友人がいたため違う産院をと思い、実家から2番目に近くて評判もよかったのこちらの産院に決めました。

みちおかレディースクリニックの改善して欲しいポイント

産婦人科医の先生が一人なので、診察時間内にお産が始まるとどうしても診察が中断してしまい、かなり待たされてしまうので、個人院では難しいかもしれないのですがもう一人先生がいたらいいなと思いました。 過去に帝王切開での出産経験のある人でもこちらで普通分娩ができるといいなと思います。 これが私が思う改善点です。

みちおかレディースクリニックについてもっと詳しく

エコー

以下では、みちおかレディースクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科医の先生は診察時必要最低限しか話をしません。でも、質問をすれば詳しく丁寧に教えてくれます。 助産師や看護師は明るく、話をしやすいです。細かいところまで気配りや心配りができています。 何度も通ううちに親しみを感じることができました。 事務スタッフはとにかく全てが丁寧です。電話もとても気持ちの良い対応で初めてでも安心して話ができました。 妊娠中に事故にあった際の保険会社とのやりとりも問題なく行ってくれました。

院内の設備

ベッド 入院

個室は洋室と和室が有ります。 全身座式シャワーがついていて、産後に浴槽につかれなくても全身ポカポカ温まることができます。 院内のアメニティーは一般的なホテルに置いてあるような物と、赤ちゃんのガーゼや爪を切るハサミなどもありました。 産褥ショーツやパジャマも一プレゼントしてもらえて産後にとても重宝しました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事の特徴は和食や洋食のフルコースのようで豪華で、とても美味しかったです。 毎回メニューの説明をしてくださいます。 夜食には手作りのスイーツもありましたが、しっかりと栄養管理がされているようで乳腺炎などなる心配もありませんでした。 エステなどはありません。 アクティビティはマタニティヨガやベヒーマッサージなどがあります。 マッサージ機があります。

私のみちおかレディースクリニックでの出産体験談を紹介します!

分娩 新生児

実家でおしるし→陣痛→破水し、病院に電話して夜中の2時前に到着。 この時陣痛間隔は9分くらい。 陣痛室で助産師に内診してもらうとすでに子宮口7センチ開いており、すぐに分娩室へ。 着替えをして点滴や酸素マスクをつけられ、子宮口が全開になるのを待った。 周りでは助産師や助産学校の実習生がいろいろな準備をしてた。 私はまだ子宮口が全開になってないと思い、ひたすらいきみ逃しをして呼吸を意識していた。 助産師さんが全開になったことを教えてくれなくて、付き添っていた母親に「もういきんでいいんだよ」と言われて知った。 そこから陣痛に合わせて何度もいきむ。 仕事中だった旦那が病院へ到着し、そこから立ち会う。 頑張って何度もいきむがなかなかうまくいきめない。 途中、赤ちゃんの心音が確認できなくなり焦る助産師。 先生を呼ぶ。 モニターが赤ちゃんの心音を確認する。 先生が来て、いきむのと同時にお腹を押す。 何度か繰り返し、先生が「見てみて??出てくるよ??」と言ったので足元を見ると… 我が子が出てきて元気に泣いていた。 平成24年9月23日午前4時41分 2970gの男の子 陣痛開始から約5時間の出産でした。 初産だったけれど、とても安産でした。 陣痛は思っていたほど痛いと思わず、もっと痛いものだと思い込んでいたので全然耐えれる感じでした。 我が子が誕生した瞬間は感動して泣くかと思っていたら、やっと出てきてくれたー??という思いと無事に産めたことへの安心感で力が抜けました。 それでも一生忘れることのない大切な記念日になりました。

みちおかレディースクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このみちおかレディースクリニックの体験談・口コミは、9/23/2012時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(198913)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!