おふろcafe utataneって?子連れに嬉しいポイント盛りだくさん!口コミも一緒にご紹介~♡ 施設紹介

最近ちまたで話題の「おふろcafe utatane」ってご存知ですか?♡ご家族でお越しの方も、ビジネスでお越しの方も、観光でお越しの方も…もちろん、お一人でお越しの方も楽しめるという従来のスーパー銭湯の概念を覆すような新しいカタチのお風呂施設なんです★子連れで行っても楽しめると話題のおふろcafeについてまとめました♩

子連れでも嬉しいポイントがたっぷり♡おふろcafe utataneとは…?♡

自宅から少しの時間で温泉に入りに行ける♩休日はそんなスーパー銭湯で疲れを癒す人も多いのではないでしょうか^^

しかし、「大浴場に入れない子連れ」や「男性が多い休憩所が苦手な女性」そんな声も実は多いスーパー銭湯。

「おふろcafe utatane」は、そんな従来のスーパー銭湯の悩みをまるっと解決した温泉+カフェスタイルのスーパー銭湯なんです♩

くつろぎの空間で食事やコーヒーを楽しみながら温泉に入れて、子供連れでもまったく困らない!という、至れり尽くせりな今話題のスポット!

その癒し空間は、従来のスーパー銭湯の休憩所には無い「おふろcafe utatane」ならではの、よりリラックスできる席が充実!お風呂だけでなくカフェだけでも十分楽しめるクオリティなんだとか★

どんなところが子連れでもOK?♡子供と一緒でも楽しめる魅力&口コミをご紹介♡

綺麗な施設・リーズナブルな価格、それだけじゃないっ!

子供と行っても楽しめる♩「おふろcafe utatane」の魅力をご紹介します~♡

魅力1♡大人も子供もくつろげる♩暖炉のあるくつろぎスペース^^

入った瞬間から目を引く暖炉まわりのくつろぎスペース♩

壁には大きな本棚にたっぷりの書籍達…!中心はストーブの火がゆらゆらと灯ってます♡

お客さん達がゆったりくつろげる理想的なスペースです♡

行った人の口コミ♡

従業員の方々の教育もよく出来ていて、非常に居心地が良いです♩

ひと言 『癒されます!』小さなストーブの周りで本を読む事がなによりも癒されます。 出典: travel.rakuten.co.jp

人は、キャンドルや暖炉の「炎」を見ていると心が静まる・和む・癒される、といった効果があるそうです♡

魅力2♡充実のキッズルームに思わず大人もくつろいじゃう…?^^

8歳までの子供を連れて入れる個室形式のキッズルームや、ハンモックまであるこちらのお風呂カフェ♡

そばで遊ばせながらママは雑誌を楽しむという過ごし方もアリ♩

もちろん従来の温泉施設にあるような、ごろ寝スペースやリクライニングチェア、マッサージチェアなども完備しています★

行った人の口コミ♡

子供をキッズルームで遊ばせてる横でハンモックでの仮眠…!幸せすぎるー!

あー、家にこのハンモック欲しいよ!! 出典: m.designbits.jp

なかなか家の中でハンモックを置いたりなんてできませんよね…。これは至福…!♡

魅力3♡子供が寝ちゃった時にも…そのまま宿泊もできちゃう♩

ゆったりと広がる空間に宿泊もできるこちらの施設♡

心もゆるまるような眺めの良いツインルームです♩浴室内にベビーバスもあるので、赤ちゃん連れの方も安心して宿泊できます^^

行った人の口コミ♡

とにかく、お風呂が良かった^^ 温泉もすべすべして気持ち良いし、様々なタイプの浴槽が楽しめ、最高!

宿泊棟は列車のデザインで子供も大喜びでした☆1階は人で夜も賑わっていましたが、2階以上の宿泊客専用スペースはとても静かで、夜子供が寝た後も安心でした♡ 出典: review.travel.rakuten.co.jp

宿泊できるとは言っても、お客様の来館時間にバラつきのある施設だと、時間帯によって騒がしさが懸念されたりしますよね。

その点こちらは宿泊専用スペースが分離されているので安心できそうです^^

さいたまスーパーアリーナ、鉄道博物館など…観光の帰りにも♡

どの口コミを見ても、「お値段以上の満足度!」との声の多いこちらのカフェ…♡

お友達やご家族とまったり、1人でもまったり。1日中、十分に楽しめるお風呂カフェです^^

お泊まりもできるので、遠方からご家族で来た帰りに疲れを癒しに立ち寄るだけでも良さそうですよ♡

赤ちゃんと温泉旅行に行こう!いつから行ける?注意とポイント

関連記事:

赤ちゃんと温泉旅行に行こう!いつから行ける?注意とポイント

赤ちゃんの育児にも慣れてくると、一緒に旅行に行きたくなりますね。しかし…

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!