出産前に保険に加入して出産リスクを回避!妊婦さんの保険について!

妊娠出産には思わぬリスクが潜んでいます。健康だと思っていた妊婦さんでも高額な入院費用が必要になってしまう可能性も…女性の病気等に特化した医療保険に入っていると健康保険ではカバーできないお金を補うことが可能です。どんなリスクが考えられるのか?またその場合の費用の目安や女性に特化した医療保険についてご紹介します!

出産時に保険に入っていた方が良い?

待ち望んでいた赤ちゃんを授かり、大きくなっていくお腹を見て幸せな気持ちになる…妊婦さんなら誰でもそういった日々を過ごしている事でしょう。

しかし昔から出産は命がけと言われます。妊娠中に思わぬ病気が判明したり、無事に出産を迎えても異常分娩となったり、あるいは産後にトラブルが発生する事も。

こちらの記事では出産時に万が一があった場合の費用や、そのために医療保険に入っていた方が良いのか?という事について紹介します。参考にしてくださいね!

出産にかかる費用は?

まずは通常の出産にかかる費用を紹介します。主に下記のようなものがあげられます。

  • 妊婦健診の費用…助成券を使用して、自己負担は1回につき2千円~1万円程度
  • マタニティ用品…体型が変わるため必要、1万円~3万円程度
  • ベビー用品…ベビーバスなどすぐに必要なもの、1万円~5万円程度
  • 出産費用…分娩と入院にかかる費用、40万円~60万円程度

マタニティ用品やベビー用品は人から譲ってもらったりリサイクルなどを利用すれば、もっと安く済むかも知れません。しかし妊婦健診の費用や分娩費用についてはどうやっても節約できないところ。

特に出産費用は病院によっても違いますので、事前に下調べをして産院を決める事が大事です。また自然分娩と帝王切開では、一般的に帝王切開の方が高額となります。

出産費用の相場ってどの位なの?

関連記事:

出産費用の相場ってどの位なの?

妊娠が分かった時というのは、うれしい反面、お金のことが気にかかるもの。 …

ある程度は公的費用の助成があります!

上記で紹介した出産準備費用ですが、ある程度は公的費用の助成があり、それで補填されます。妊婦健診には自治体で配布される助成券が使えるので1回の自己負担は数千円で済む場合が多いでしょう。

また出産費用には健康保険から出る「出産育児一時金」が使えます。最近はこの一時金の費用を上回る病院も多いですが、それでも平均して自己負担は数万円で済みますよ。

みんながもらえる出産費用の補助制度「出産育児一時金」

関連記事:

みんながもらえる出産費用の補助制度「出産育児一時金」

出産育児一時金をご存知でしょうか?健康保険に加入している人(本人および…

出産に潜むリスク…

手術

公的負担で足りるなら、わざわざ民間の医療保険に加入しなくても大丈夫!そう思う妊婦さんも多いかも知れませんね。確かに妊娠経過も良好、出産も正常であれば問題ないのですが…

ここで出産に潜むリスクについてあげてみたいと思います。母体にかかるリスクと赤ちゃんにかかるリスク、それぞれにありますので参考にしてください。

出産で母体にかかるリスク

まずは出産で母体にかかるリスクから。妊娠中になる可能性のある疾患から分娩時の異常まで様々な事が考えられます。

  • 子宮外妊娠
  • 切迫流産、切迫早産
  • 浮腫・たんぱく尿及び高血圧性障害
  • 前置胎盤及び胎盤早期剥離等
  • 帝王切開
  • 分娩後出血
  • 脳出血や血管の奇形
  • 産科的塞栓症

帝王切開では自然分娩よりも数万円高額になる事が多いようです。また子宮外妊娠での手術費用は15万円程度と言われます。

そのほか浮腫や高血圧性の障害で管理入院となれば、健康保険の限度額認定証を使っても1ヶ月10万円以上の自己負担となります。管理入院は長期に渡る場合も少なくありません。

新生児にかかるリスク

また新生児にかかるリスクとしては次のようなものがあげられます。

  • 未熟児出産
  • 脳出血が起きた際の後遺症

最悪の場合は母子ともに命にかかわることもあり得ます。正に出産は命がけ!こういった出産にかかるトラブルは健康保険の適用となりますが3割は自己負担となります。このような事態に備え民間の医療保険に入ることも検討してみるべきでしょう。

出産時のトラブルにも対応する保険!

民間の医療保険の中でも近年では女性に特化した保険商品があります。これは女性がよくかかる病気や女性特有のがんに対して重点的に保険金が支払われる仕組みになっています。

先ほど紹介したような妊娠出産にかかる病気、子宮や卵巣の疾患などが心配な方にお勧めの保険です。一般的に子宮筋腫は30代、乳がんは40代から危険が高まりますが、最近では乳がんの発症が低年齢化しており30代でかかってしまう事も。

高齢出産の方は特に妊娠高血圧症などのリスクもあがるため、こういった医療保険への加入をお勧めします。万が一出産時にトラブルが起きても保険がお金の問題を解決してくれるので安心です。

安心して出産するための保険加入

妊婦健診

いかがでしたか?出産には多かれ少なかれ様々なリスクが伴う事がお分かりいただけたでしょうか?女性のための医療保険は妊婦さんでも入れるものが多いです。

これから妊娠を考えている方はもちろん妊娠中のプレママも、万が一のリスクに備えて問い合わせしてみると良いかも知れません。

健康保険の適用であっても自己負担の3割分は意外と高くつくもの…民間の医療保険で補えば経済的にも安心して出産に臨めますよ!

「出産」「保険」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!