夏のエアコン代の節電方法…見つけちゃいました!

暑い夏、冷房シーズンがまもなくやってきます。どの家庭でもエアコンを使う機会が急激に増えるので、夏の電気代は高くなりやすいですよね・・・。良い節電方法はないものでしょうか・・・?そこで今回は、夏のエアコン節電するコツについてまとめました!どれも簡単な方法ですので、節電して快適な夏にしましょう♡

必見!エアコンの節電方法☆

まもなく暑い夏がやってきますね。熱中症などにならないためにも、エアコンは必須アイテムです。けれども、電気代がかかるのが悩みの種ですよね・・・。

そこで今回は、エアコンの節電方法についてまとめました!エアコンを節電しながら上手に使いこなして、快適な夏を過ごしましょう♡

①日差しを遮断する!

夏の強い日差しは、室温を急激に上昇させます。ですから、効率よく部屋を冷やすために、窓から入る日差しを防ぎましょう!

カーテンやブラインドなどを用いて日差しを遮断することで、窓からの熱の進入を約30%カットすることができます。

また、朝顔やゴーヤなどツルのある植物で作った「グリーンカーテン」やすだれなど、外からの日差しを防ぐ物を窓の外に立てかけておくことも、非常に効果的ですよ♪

②室外機の周りをキレイにしておく!

室外機の前に草が生えていたり、物を置いていたり、室外機をカバーで覆ったりしていませんか?

そのままにしておくと、冷房効果が弱くなり、電気のムダ使いになってしまいます。室外機の周りにある障害物は、冷房シーズンになる前に取り除いておきましょう。

更に、室外機が置いてある場所に日陰を作りましょう。室外機より1m程度離れた場所に木を植えたり、すだれを立てかけたりして、直射日光や地面からの熱の反射を防ぐことも節電につながりますよ☆

③エアコンと扇風機を併用する!

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。ですから、エアコンと扇風機を併用して、室内の空気を循環させましょう!そうすると、暖かい空気と冷たい空気が混ざり合って、節電につながります。

また、風を感じると体感温度が下がるので、扇風機の風を体に感じることで「涼しい」と感じます。

この方法で「肌寒い」と感じたら、扇風機の風を壁などに当てて間接的に風を感じる状態にすると、風が柔らかくなりますよ♡

④こまめにフィルター掃除する!

エアコンのフィルターにほこりなどが詰まると、冷房効果が弱くなり、部屋を冷やす時に電気のムダ使いをしてしまいます。2週間に1回はフィルター掃除をしましょう!

フィルター掃除のやり方は、まず、フィルターを水洗いしてほこりを取り除きます。その後、日陰に置いて乾かしてから、エアコンに戻してくださいね。

フィルターの目詰まりは、電気のムダ使いや水漏れ、異音や臭いなどの原因にもなりますので、定期的にフィルター掃除をして節電しましょう♪

⑤換気やドアの開閉に気をつける!

外出先から帰宅した時など、室内に熱気が溜まっている場合は、部屋の窓を開けて換気をしましょう!換気した後にエアコンのスイッチを入れると、節電につながります。

また、冷房している部屋の窓には鍵をかけて、ドアの開閉は最小限にするように心掛けましょう。冷房で冷えた空気を逃がさず維持することも、節電につながりますよ☆

リモコンの上手な使い方☆

リモコンの上手な使い方のコツは、下記の通りです☆

  1. 設定温度を1℃高めに設定する
  2. 風量設定を自動運転にする
  3. 「暑い」「寒い」でスイッチをオン・オフぜずに連続運転にする
  4. 「暑い」と感じたら設定温度を下げずに風量を強くする
  5. エアコンの風向きは水平に設定する

1についてですが、設定温度を1℃高めに設定すると約10%の節電になります!また、28℃の設定温度が推奨されていますが、その日の気温に合わせて無理のない範囲で設定温度を変えるようにしましょうね☆

2~3については、自分で操作するよりもエアコンに調節を任せた方が節電になりますし、自動で適温に保つことができます。また、4については、風量を強くすることで体感温度が下がり、「涼しい」と感じます。

室内の温度にムラがあると、エアコンが頑張りすぎて電気のムダ使いになってしまいます。ですから、5のようにエアコンの風向きを水平にすることで、冷たい空気を上から下へと循環させましょう!

このようにリモコンを上手に活用することも、節電につながりますよ♡

光熱費の節約術!明日からLet's節約!

関連記事:

光熱費の節約術!明日からLet's節約!

節約方法を色々実践してみたけれど、それでもこれ以上は落ちないというママ…

ちょっとした心掛けでエアコンは節電できる!

今回はエアコンの節電方法をご紹介しました!ちょっとした心掛けで驚くほど電気代が変わりますので、是非やってみてくださいね♡

夏の電気代を上手に節約して、心身ともに過ごしやすい夏にしましょう☆

「エアコン」「節電」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!