ママ必見!赤ちゃん連れの新幹線で知っておくべき6つの事

赤ちゃんを連れて新幹線に乗ってお出かけしたい!そんなとき、料金はいくらなんだろう?いつから乗せて良いの?ベビーカーはどうしたら良いの?オムツ替えは?など、様々な疑問が出てくるはずです。そんなママの疑問を全部解決しちゃいます。これさえ抑えておけば赤ちゃん連れの新幹線は大丈夫!6つのポイントをご紹介します。

ママにとってなにかと大変な赤ちゃん連れの新幹線

赤ちゃんを出産後、4,5ヶ月もすればママの体力も戻り、赤ちゃんの首も据わってきますから、パパと赤ちゃんを連れて一緒に遊びに行きたくなる方も多いのではないでしょうか。遠出するとなると新幹線など交通機関を使うことも多いでしょう。

ところが赤ちゃん連れで新幹線を利用するのはなにかと大変です。ただでさえ手のかかる時期ですが、新幹線では周りの乗客のことも考えなければいけませんからね。

今回は、赤ちゃん連れで新幹線に乗るときに「これさえ抑えておけば大丈夫!」という6つのポイントをご紹介していきます。旦那さんの協力も得て、新幹線を使って楽しく外出しましょう。

1.赤ちゃんが新幹線に乗るとき料金っていくらかかるの!?

"無料"です。

新幹線の料金は乳児、幼児は基本的には無料です。ただし、指定席・グリーン席などの席を1人で使用する場合や、幼児が1人で旅行する場合は有料で、子供料金1人分が必要となります。

また、乳幼児が3人以上の場合も、3人目から子供料金1人分が必要です。

子供料金は大人料金の半額で、6歳~12歳未満も子供料金ですが、12歳以上からは大人料金となります。ちなみに、乳児は1歳未満、幼児は1歳~6歳未満の年齢が該当します。

ですから、赤ちゃん連れで新幹線に乗る場合、双子までは無料で乗れるということですね。

2.赤ちゃんは新幹線にいつから乗れるの!?

赤ちゃん 日本人

一般的には1ヶ月健診で問題がなければ新幹線に乗ることは大丈夫なようですが、"医師から許可"をもらうようにしましょう。

赤ちゃんの1ヶ月〜3ヶ月くらいは首が据わっていないことが多いですし、初出産であれば不慣れなことも多いはずなので、旅行などをすることはあまり望ましくありません。ただ、里帰りなどの事情で新幹線に乗る必要が出てくることもあると思いますので、その場合は医師から許可をもらえれば問題ないでしょう。

旅行目的の場合は、4,5ヶ月して首がすわってからにしましょう。ちなみに首がすわったと判断できるのは、赤ちゃんが自ら首を動かせるようになったときです。

3.新幹線で赤ちゃんのおむつ替えはどうしたら良いの!?

画像:www.instagram.com

まず"乗車前"にしっかりオムツ替えすることが大切です。新幹線乗車中にオムツ替えが必要な場合は、"多目的室"で行いましょう。

新幹線の車両には、オムツ替えや授乳ができる多目的室という部屋があります。多目的室がある車両は、新幹線によって違いますし乗務員さんの許可が必要ですので注意しましょう。

多目的室がある車両は下のリンクから確認できます。該当の新幹線のページに進めば、車内設備が確認できますので、赤ちゃんのオムツ替えができる車両をチェックしましょう。

4.赤ちゃん連れのとき最適な席はどこ!?

新幹線 座席

息子が四ヶ月の時に東京と名古屋の往復しました。

オススメ車両は11号車の後ろか12号車の前の方です。
多目的室がその付近にあります。 出典: komachi.yomiuri.co.jp

出入り口近く、車両の中の"一番前"か"一番後ろ"でかつ"通路側"です。

もちろん新幹線によって座席は変わってきますので注意が必要ですが、基本的には"一番前"か"一番後ろ"でかつ"通路側"の席が良いでしょう。

なぜかと言うと、赤ちゃん泣いたときにスムーズにデッキに出ることができるからです。最近は、赤ちゃんが泣く声や子供の声に敏感な人もいますから、周りの目が気になるところですが、きちんとすばやく対応できる席に座っていれば問題はありません。

さらに言えば、オムツ替えをするときのために多目的室そばの席が理想です。

多目的室の位置は下のURLから確認できます。乗車予定の車両を確認しましょう。

多目的室の場所の確認はコチラから

5.赤ちゃんのベビーカーは新幹線のどこに置けば良いの!?

車両の中の"一番前の席"か"一番後ろの席"です。

車両の中の"一番前"は足下のスペース、"一番後ろ"は背もたれの後ろのスペースにベビーカーが入るスペースがあります。

お気づきかと思いますが、ベビーカーを置ける位置は"最適な席"とご紹介した場所と一緒です。

ですから、"一番前"か"一番後ろ"の席を取得すれば、赤ちゃんのベビーカーを置くのに便利です。また、新幹線によってはデッキスペースに荷物を置けるようになっている車両もあります。

各新幹線の座席表は下のリンクから確認できます。該当の新幹線のページに進めば、座席表が確認できますので、とるべき座席を決めましょう。

各新幹線の座席表はコチラから

6.新幹線にはどんなアイテムを持って行くべき?持って行ったら便利!?

新幹線に持って行くべきアイテム、あったら便利なアイテムを10個ご紹介します。新幹線に乗る前にはチェックしてからお出かけしましょう♡

オムツ・おしりふき

おしりふき

新幹線は長い時だと2,3時間乗ることもありますよね。
そんなときに赤ちゃんがうんちをしてしまって、おしりふきがない!なんてことになったら大変です。おしりふきやオムツはしっかりと十分にもってから乗車しましょう。

ビニール袋

オムツやおしりふきだけでなく、社内の揺れで赤ちゃんがジュースをこぼした!なんて光景も日常茶飯事です。
使用したオムツをいれるだけでなく、いつもより多めに汚れたベビー服などもいれるビニール袋を持って行きましょう。

赤ちゃんの着替え

当然ながら、服が汚れてしまったらお着替えが必須です。
普段のお出かけに加えて、プラスで1,2セットの着替え服があると安心ですね♫

ガーゼ・タオル

ジュースやお菓子をこぼすだけならまだしも、新幹線のシートを汚してしまったら大変です。
しっかりとお掃除ができるように、ガーゼや少し汚くしてもよいタオル等を用意しておきましょう。

赤ちゃんの粉ミルク・お湯・哺乳瓶・離乳食など

哺乳瓶 ガーゼ

赤ちゃんにとっては新幹線はいつもと違う空間です。
中には過敏になってぐずる子もいるようです。少しでも落ち着かせてあげるために、ミルクや哺乳食などの気を紛らわすものをしっかりと用意しておきましょう。

ミルクを飲んでいる間は大抵の赤ちゃんは静かにしてくれているのでママも安心ですね!

抱っこ紐・ベビーカー

ベビーカーと抱っこ紐、赤ちゃんによって好き嫌いはあると思いますが、いざというときのためにどちらも用意があると万全です。
新幹線内では中々ベビーカーを押せなかったりするため、抱っこ紐が大活躍します!!

赤ちゃん用シューズカバー

画像:www.instagram.com

歩けるようになってからは、なるべく靴をはいて歩かせるようにしています。ただ、電車に乗って抱っこすると、ほかの人に靴が当たっちゃう。いちいち脱がせるのはめんどうなので、シューズカバーをさっとかぶせてしまいます。
【Sくん(1才)のママ】 出典: mama.shufunotomo.co.jp

靴を履いている赤ちゃん用にあると、座席に座らせたりするときに靴を脱がせなくて良いので便利ですね。

おもちゃ

おもちゃ

音の鳴るおもちゃ、あやす親の声が子供より大きくなることは避けてください。 出典: komachi.yomiuri.co.jp

新幹線で遊ぶ用ですので、音が出ないかつ赤ちゃんがお気に入りのものがオススメです!
どうしても泣き止まない場合は、新幹線の通路にておもちゃで遊んであげるもの一つの手かもしれません。

当日は気楽にどっしり構えてお世話しよう

新幹線 家族

赤ちゃん連れで新幹線に乗るための抑えておきたいポイント6つをご紹介しましたが、これらすべてをパパにも共有しましょう。ママ一人で抱え込んでしまうと疲れてしまいますので、パパにも協力を要請することが大切です。

また、パパにも共有できていれば、不測の事態にも慌てず対応できるでしょう。

当日は、神経質にならずに気楽な気持ちで新幹線に乗りましょう。緊張していれば赤ちゃんにも伝わってしまいますし、疲れて赤ちゃんのお世話もできなくになってしまいます。

しっかり準備はしていますから、どっしり構えて赤ちゃんとパパとの外出を楽しんでください。

「赤ちゃん」「新幹線」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!