幼児教育の基礎知識!あなたの教育偏っていませんか?

幼児期に必要とされる教育については多く情報が散乱していて、実際何がいいのか分からなくなってしまうことはありませんか?自分の教育方法は大丈夫なのかな?と不安になる事もあるかもしれません。こちらでは、子どもの成長の中で必要な教育を知育だけでなく運動や社会性の点から紹介します。幼児教育の参考にしてみてください☆

幼児期に必要とされる教育とは?

日々成長し、多くの可能性を秘めている子どものための幼児教育。どのような環境や、どのようなツールやどのような方法で教育をしていったらいいのか、多くの情報が溢れている中で分からなくなったりしませんか?

幼児期は、人間形成にとって土台をつくる最も重要な時期と言われています。この時期には、知育だけでなく心の教育や感性をはぐくむ教育などバランスの良い教育が求められます。子どもの大好きな遊びや生活を通して、情緒や運動能力、知育、社会性などをバランスよく育てていきたいものです。

幼児期に、しっかりとした人間形成の土台ができていると、小学校以降の学力や理解力に繋がっていくと言われています。また、バランスの良い土台ができていることで、子どもの自立や自律性、社会性や思いやりといった、生活の中で必要な部分も伸ばしていくことができます。

今、目の前に事だけでなく、将来、子どもが生きていくための力を伸ばしていく大人の関わりが幼児教育なのです。

知育

幼児教育の中でも、知育に関心がある方も多いと思います。こちらでは知育の中でも、特に右脳教育とコミュニケーション能力について紹介します。

右脳教育

人間の脳には、瞬間的な暗記や空間の認識、芸術、直感的な思考に関わる右脳と、言語や計算、分析など論理的な思考に関わる左脳があります。

右脳に関しては、幼児期の発達が著しいと言われています。そのため、幼児学習の中でも右脳教育は注目されている分野のひとつです。幼児期の右脳教育により、瞬間的に法則を見つけ出したりする能力を身につけることができると言われています。

コミュニケーション能力

社会生活を送る中で必要なコミュニケーション能力も幼児期から育てることができます。

コミュニケーションをスムーズにするためには語彙力が必要となってきますが、その語彙力は家庭の中の会話で育むことができます。幼児期に語彙力を育てておくと、就学後言葉のイメージをすることが容易になり授業の理解度も上がります。

コミュニケーション能力を育てるためには、語彙力の他に考える力も必要となります。普段の生活の中で子ども自身が考えて判断する機会を増やすことで自然に考える力を育てていくことができます。考える力が育つことで、学校での授業でも自ら考えて取り組んでいこうという姿勢を身につけることができるのです。

これらのコミュニケーションに関わる2つの能力は、特別な教室に通うことなく家庭の親子の関わりの中でできる幼児教育といえるでしょう。

運動能力を育てる

人間の脳がほぼ完成するのは9歳まで、と言われています。脳と身体は深くかかわっており、脳の成長が著しい幼児期に全身を動かす運動をすることも重要な意味があります。

幼児期に運動を取りいれた教育をすることで、感情をコントロールする意志や心の発達だけでなく、考える力や知性を伸ばすことができるのです。

また、幼児期に全身運動をすることで運動神経も発達していきます。

社会性を育てる教育

社会性を身につけるための教育も幼児期には必要です。社会性とは社会の中で他者と有意義な関係を築くことのできる能力です。

社会性の中でも重要なもののひとつが、他者の気持ちを理解する「思いやり」の心です。
幼児期の成長段階において、3歳児ではまだ他者の視点に立つことが難しく、4歳以降になって少しずつ他人の気持ちが分かるようになってくると言われています。社会性を育むためにこの時期に大人ができる事は、見本を見せる事です。

子どもに対して、大人が共感したり思いやりのある行動をみせることで自然に子どもも「思いやり」について理解していくのです。

「子どもが親の言うことを聞かなくても、心配いりません。むしろ、常に親の行動が見られていることを心配した方がいいでしょう」と、『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』の著者として知られるロバート・フルガム氏も言っています。

成長し続ける子どもに応じた教育を

幼児教育を通して、「子どもが将来幸せな大人になってほしい」というのが親の願いだと思います。
そのためにも、何かに偏った教育ではなくバランスよく子どもの成長をサポートしてく教育が大切ですよね。

子どもの持っている能力を最大限に伸ばせるように、子どもの姿をよくみながらその時々にあった働きかけが必要なのだと思います。そして何よりも、幼児教育を通して、子どもが自分に自信を持って成長していくことのできる「自己肯定感」を育てていくことが大切だと思います。

「幼児教育」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!