名古屋第一赤十字病院の口コミと体験談 愛知県名古屋市中村区道下町

名古屋第一赤十字病院」愛知県名古屋市中村区道下町 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

名古屋第一赤十字病院について

総合病院で分娩室と隣り合わせてNICUがあるため、何が起こるかわからない出産も安心して任せることができます。私は周産期医療センターで出産しましたが、隣り合わせて助産師さんのみのバースセンターもあります。新しい設備でとてもキレイです。普通のお部屋のようになっており陣痛から分娩まで一つの部屋でできます。家族みんなに立ち会いをしてもらえるところも魅力的です。

名古屋第一赤十字病院の基本情報

「名古屋第一赤十字病院」愛知県名古屋市中村区道下町 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

妊婦

〒453-0046 愛知県名古屋市中村区道下町3-35 東山線の中村日赤駅から直結しているのでとても便利です!

出産にかかる費用

約67万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんもいらっしゃいます。比較的若い先生でした。

名古屋第一赤十字病院の良い点・オススメポイント

保育器

産まれたときに呼吸がうまく出来なかった我が子ですが、すぐに小児科の先生にみていただくことが出来よかったです。 数年前に改装されたばかりなので、とてもキレイです。赤ちゃんを寝かせるベッド?には呼吸をしているかをみる機械がついていて安心できます。母乳育児を推奨しているので、毎日指導をしてくれます。母乳育児をしたいかたにはオススメです。

名古屋第一赤十字病院を選んだ決め手!

家からの距離できめました。お祝いのフランス料理が出るような個人病院も憧れていましたが、初めての出産で不安なのもあり、総合病院であり、家から徒歩圏内のこちらの病院に決めました。周産期医療センターと同じ敷地内のバースセンターで出産するかで悩みましたが、元々立ち会い出産の予定もなく、割高になるので周産期医療センターに決めました。

名古屋第一赤十字病院の改善して欲しいポイント

総合病院で、いろんな方が集まるため妊娠中や赤ちゃんを連れての検診の際は病気をもらってこないか気を使いました。産科だけは別の入り口から入るとかだともっと安心して通えるかなと思います。わりと値段が高いので、もう少しリーズナブルだと嬉しい。個室の値段を下げてほしい。 授乳室が四人くらいしか座れなったので、もう少し広いと嬉しい。

名古屋第一赤十字病院についてもっと詳しく

助産師

以下では、名古屋第一赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

里帰り出産で、分娩から入院まででしたが、出産時の二人の助産師さんはクッションを持ってきてくれたり、さすってくれたり、とても的確な対応をしてくださり感謝しています。事前に書いたバースプランも尊重してくだしいました。事務の方も皆さん明るくてとても気持ちのよい方が多かったです。先生に関しては特別印象はありません。嫌な先生はいらっしゃらなかったです。

院内の設備

別料金ですが個室もあります。バストイレ付きと、お風呂のない個室とあります。アメニティなどはないので、各自持参でした。ドライヤーはレンタルできます。個室は広く明るいのでオススメです。産褥ショーツなどの産後のセットは病院から支給されますし、足りないようであれは院内の売店で買えるのでその点も便利でした。まだ新しいので、設備全般キレイです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

総合病院なので、食事は特別美味しいと言うわけでもありませんでした。ただ、母乳育児を推奨しており、母乳の事も考えてのメニューなのかなと思うと、退院後の食事の見本にもなってよかったかなと思います。ただ、食器が可愛いものであれば、寝不足でフラフラな解きも気分転換出来るのになーなんて思いました。夕飯と一緒にお夜食のパンもでました。

私の名古屋第一赤十字病院での出産体験談を紹介します!

産婦人科

初めての出産で、なおかつ里帰り出産だったため、分娩時は全員が初めてのスタッフのかたと思うと最初はとても不安でしたが、皆さん明るくて、一生懸命フォローしてくださりここで産んでよかったなと思います。 検診で予定日越えるかもと言われており、油断していたのもあり、前駆陣痛なのか本陣痛なのか判断が出来ないまま、気が付けば5分おきに。病院に着き、診察では子宮口も二センチ程だから後半日ほどかかりますね。と言われ、念のためそのまま入院することになりました。 この時入院の手続きをするのですが、痛みで無理なので付き添いの方がいた方がいいです。スタッフに案内され、状況からかスタッフ用のエレベーターで近道で移動。車イスに乗せてもらえました。 子宮口が全開になるまで陣痛室で過ごします。この辺りからあまりの痛みに記憶がとんでいますが、痛みの場所に合わせて助産師さんが的確にマッサージや姿勢などフォローしてくれます。母親が付き添いでいましたが、子宮口の開き具合を確認するときなどは助産師さんから部屋の外に出て待つように案内してくれます。この気配りはとても嬉しかったです。 全開になったところで、向かいの分娩室に移動します。ここでようやく先生の登場。赤ちゃんが出て来るときは下を見てと言われて、そのまますぐに赤ちゃんを抱かせてくれました。(バースプラン通り) その後、赤ちゃんの呼吸がうまくしていないとのことで写真を撮った後すぐにNICUへ。そのかいあってか、数時間後には無事に戻ってきたので、総合病院で産んでよかったなと思いました。 産後2時間は分娩室で横になって過ごします。家族も入れます。 結局病院に着いてから四時間で産まれてきました。母子同室の病院ですが、母親の状態や希望によってはナースセンターで赤ちゃんをみていてくれます。 フルコースやエステなどはありませんが、なにより「安心」があったので、ここで産んでよかったなと思います。

名古屋第一赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この名古屋第一赤十字病院の体験談・口コミは、2/28/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200921)

「名古屋第一赤十字病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!