横須賀市立うわまち病院の口コミと体験談 神奈川県横須賀市

「横須賀市立うわまち病院」神奈川県横須賀市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

横須賀市立うわまち病院について

一番の特徴はフリースタイルでの分娩だと思います。 陣痛が始まりいざ入院!!となったときから産まれるまで同じ布団の上で過ごせます。 陣痛中も好きな体勢でリラックスしながら過ごせます。 他の人も入室可能です。家族以外の友人等でも大丈夫です。 私の場合は旦那さんとおしゃべりしながら、ねっころんだり、歩いたりしてました。

横須賀市立うわまち病院の基本情報

「横須賀市立うわまち病院」神奈川県横須賀市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

神奈川県横須賀市上町2?36 京浜急行電鉄 横須賀中央駅下車、徒歩12分

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

フリースタイルでの自然分娩でした。お布団の上で好きな体勢で分娩に望めます。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは2名。男性も含めお医者さんは優しい方ばかりです。

横須賀市立うわまち病院の良い点・オススメポイント

お医者さん、助産師さんがとても優しいです。 担当医を選択することはできませんので、毎回違う先生の診察を受けるんですが、どの先生も親切でやさしいので不安を感じることはありませんでした。基本曜日制ですので女医さん希望の場合は、予約時に伝えると女医さんがいる日に予約が取れます。 お産のときも助産師さんが付きっ切りでサポートしてくれるのでともて頼りになりました。

横須賀市立うわまち病院を選んだ決め手!

一番最初は自宅から一番近い個人病院を受診しましたが、先生の対応が余りにも冷たかったので、他の病院を検討することにしました。旦那さんは出産時赤ちゃんになにか起きても、すぐ対応してもらえるように総合病院を希望とのこと。 自宅の近くに総合病院は2つあり、どちらも産婦人科がありました。 最終的にはどちらの総合病院でも出産経験のある友人の話を聞きこちらの病院を選びました。

横須賀市立うわまち病院の改善して欲しいポイント

病院のつくりがわかりにくいです。健診の前に血圧測定と尿検査を済ませてから産婦人科に行くんですが、病院内をいったりきたりします。また産婦人科自体も場所がわかりにくいです。 案内図もいただけるので慣れてしまえば問題ないのですが、私はつわりがひどかったので体調が優れない中、地図片手に病院内を歩き回るのは辛かったです…。

横須賀市立うわまち病院についてもっと詳しく

以下では、横須賀市立うわまち病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生、助産師さん、とても親切でやさしい方ばかりです。 事務の方もとっても親切丁寧に対応してくれます。 妊娠中・出産時・入院中も助産師さんのやさしい言葉に何度助けられたかわかりません。 出産時担当だった助産師さんは若い女性の方でしたが、とっても頼りになりました。 退院前日の夜、わざわざ私のベットまで来てくれて、「お産はどうでしたか?今後の参考になるので是非感想を聞かせてください。」と言われました。 向上心があり、勉強熱心な方で感動しました。

院内の設備

個室はないです。大部屋のみになります。(4人) アメニティはすべて自分で持参したものを使います。 お風呂にリンスinシャンプーとボディソープはありますが、持参したほうがいいと思います。 お風呂は正直あまりきれいではありません。建物自体が古いので仕方ないですが…。 ドライヤーは洗面所に病院のものがあるので、そちらを使用しました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は普通の病院食ですが、夜ご飯は毎日お祝い膳がでます。 朝昼晩の食事とおやつがでます。どれもおいしかったです。 基本母子同室です。 他の病院と違うことはお母さんと同じベットに赤ちゃんも寝かすことです。 お見舞いに来た方は「狭くて寝返りもできないじゃなーい!」といいますが大丈夫です。 授乳があるので寝返りをするほどまとまった時間眠れません。 私は赤ちゃんのすぐ隣で眠れるのはとてもうれしかったです。

私の横須賀市立うわまち病院での出産体験談を紹介します!

早朝に自宅で出血。おなかの痛みがいつもより強く、痛みに波がなかったので不安になり病院へ連絡。 「念のためいらしてください」とのことで準備しはじめ、準備が終わることろには痛みに波が出始め計測したところ7分間隔でした。準備完了後旦那さんと病院に向かいました。 到着したのは7時前でした。 病院の駐車場で破水し、そのまま入院。破水は生理の多い日のような感じでした。出たのはわかりましたが、ナプキンをしていたこともあり足がぬれたりはしませんでした。 モニターをつけ計測開始。陣痛は3分間隔でした。私が普通に笑って話していると「痛みに強いですねぇ?」 と助産師さん。私もまだまだ余裕でした。 その後モニターを一度はずしてトイレへ…。 トイレに向かってる最中に「歩いてるほうがラクだ!」とういことに気づき、その後は歩いてました。 ただ助産師さんから「体力温存のために陣痛が来ていないときは座っていてください。」といわれ、座ったり、立って歩いたりを繰り返してました。 その後感覚がどんどんせまくなり、立ったり座ったりが面倒になり布団へ…。 あとはそのまま流れを任せて、出産まであっという間でした。 助産師さんに「もう頭見えてきてますよ!」と声をかけてもらったのですが「うそだ!頭出てたらもっと痛いはず!まだそんなにいたくない!」と思っている間に産まれました。 私はかなり痛みに強いタイプなので、お産も耐えられたようです。

横須賀市立うわまち病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この横須賀市立うわまち病院の体験談・口コミは、3/13/2015時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200795)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!