豊見城中央病院 産婦人科の口コミと体験談 沖縄県豊見城市

豊見城中央病院 産婦人科」沖縄県豊見城市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

豊見城中央病院 産婦人科について

総合病院なので、他の科との連携もとれています。診察は予約制なので、とくにとても待ち時間がとても長いということはありませんでした。診察は、気になることがあれば、助産師さんの問診時に伝えてアドバイスをくれ、先生にもきちんと伝わっていたので、その都度気になることは解消されました。出産後も、他の科など職員同士の連携もうまく、安心して入院生活を過ごすことができました。

豊見城中央病院 産婦人科の基本情報

「豊見城中央病院 産婦人科」沖縄県豊見城市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

沖縄県豊見城市上田25番地 名嘉地インターチェンジ・豊見城インターチェンジから車で5分

出産にかかる費用

約45万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩 出産の体制などは自分の好きなようにできました。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん あり 30代 雰囲気はとても良かったです!

豊見城中央病院 産婦人科の良い点・オススメポイント

産婦人科

妊婦さんの不安や気になることを検診時に、助産師さんや医師に気軽に伝えることができました。待ち時間もとても待たされるようなことはなく、スムーズに検診を受けることができました。出産時の希望は、前もって助産師さんとの話し合いの場を設けてくれて、どういう出産をしたいのか?などをバースプランを聞いてくれます。 また、産後は母子同室で個室も満室でなければ、希望どうり入れるので、他のママさんなどにあまり気を使うこともなくゆっくりと過ごすことができました。

豊見城中央病院 産婦人科を選んだ決め手!

第一子の時には、最初は他の病院で妊活をしていましたが、妊娠がわかり、自宅から近く、万が一何かあった時に総合病院がいいのではないか?ということで、豊見城中央病院に決めました。 第2子の時は、前回とても良かったのと出産時の時間がとても早かったので、自宅近くのこの病院で出産を決めました。実際、30分かからず出産だったので良かったです。

豊見城中央病院 産婦人科の改善して欲しいポイント

産婦人科

出産前は、母親サークルなどヨガなどがあればうれしかったです。 出産後、母子同室な分、ママによっては少し心細いと感じるので、もう少しだけ声かけなどがあればいいなっと思います。 産後の赤ちゃんサークルなどもありますが、第1子の時には案内されなかったので、わかりやすく案内などがあればいいなーと思いました。全体的には、私は満足しています。

豊見城中央病院 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、豊見城中央病院 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科

予約の連絡から、とても親切で空いてる日で早い時間を案内してくれました。助産師さんや看護師さんも話しやすい雰囲気で気になっていることは気兼ねなく聞くことができました。産後も、定期的に部屋を回ってくれて、気になっていることや授乳の仕方がわからなければやりやすい方法を教えてくれたりととても親切で、医師との連携もとても良かったと思います。

院内の設備

産婦人科

個室と大部屋とあり、個室も希望者はほとんど希望どうり入れると思います。テレビもあり産婦人科以外の部屋はテレビカードを購入しなければいけませんが、カードもいりません。また、個室は冷蔵庫もあり部屋の中にお風呂・トイレがあるので、時間をあまり気にせずに入れました。旦那さんのみ、個室であれば宿泊可で、部屋のソファーで寝ることができました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

豊見城中央病院では、総合病院なので、個人産婦人科のように豪華なお祝膳やエステなどはありませんでしたが、食事は、母親の体のことを考えた栄養満点の食事で、おいしかったです。毎日、おやつは手作りで、とてもおいしかったです。 エステなどはありませんでしたが、マタニティーズブルースなどのママには個別に話を聞いたりしてくれていたようです。

私の豊見城中央病院 産婦人科での出産体験談を紹介します!

産婦人科

私は少し妊娠をしにくい体で、不妊療法を少ししていましたが、薬とタイミングで妊娠をすることができました。その時に通っていた病院でも出産はできましたが、自宅からは少し遠く、自宅近くで総合病院の方が安心じゃないかという元産婦人科で看護師として働いていた母の勧めもあり、豊見城中央病院で出産することを決めました。 第1子の時は、出産の日3日前に出血があり、夜中に病院へ電話し問診をしてもらいましたが、まだ大丈夫ということで一度帰宅。当日の朝から張りがあるような感じで、時間を計ってましたが、間隔がバラバラで、昼まで測り病院へ連絡して、一度病院へ来るように言われました。問診をしましたがまだまだかかるはず。ということで、でも一応入院という形で、入院手続きをして、病院着へ着替え、階段昇降など運動をしようとしていましたが、病院着に着替えた途端、とても強い痛みが定期的に始まり、助産師さんにびっくりされるほどになっていました。再び、 NSTと問診で、8CMまで開いているということで、助産師さんたちが急いで出産準備をして、本格陣痛から40分ほどで長男を出産しました。 第二子の時は、出産の日の数日前から少しお腹の張りがありましたが、とても痛いわけでもなく、出産日が検診日だったので、その時に見てもらおうと思っていました。検診日に問診をしてもらうと、もう少し破水しているとのことで、即入院が決定。病室へ向かう時、破水してるけどまだ開いてないしまだまだだねーと話しながら病室へ。その時に母に息子をお迎えするように連絡。  入院道具も持っていなかったので、旦那さんにとってきてもらっている間に、痛みが増し、本格陣痛が始まって、子宮口も一気に全開。ギリギリ旦那さんも戻ってきて30分かからず出産。息子も立ち会いを希望していましたが、間に合いませんでした。

豊見城中央病院 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この豊見城中央病院 産婦人科の体験談・口コミは、平成24年5月4日 平成26年5月14日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200792)

「豊見城中央病院」「産婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!