産科・婦人科・内科 高山クリニックの口コミと体験談 奈良県奈良市

「産科・婦人科・内科 高山クリニック」奈良県奈良市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

産科・婦人科・内科 高山クリニックについて

口数の少なく、余計なことは言わない男の先生1人が開院された産婦人科。 マリー・ローランサンの絵が飾ってある玄関口から入ると光の射し込む明るいスペースの待合室。 きれいに清掃されていて、清潔感ある病院です。 帝王切開にも対応できる。(高次医療機関への搬送体制も整っているので安心) 入院中の食事の評判がとってもよく、毎日毎食、とても豪華で美味しいです。

産科・婦人科・内科 高山クリニックの基本情報

「産科・婦人科・内科 高山クリニック」奈良県奈良市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

奈良県奈良市柏木町190-5 電車の場合 近鉄橿原線「西ノ京駅」から徒歩5分 車の場合 国道24号バイパス 柏木交差点を西へ

出産にかかる費用

約55万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん無  60歳くらいの口数の少ない先生

産科・婦人科・内科 高山クリニックの良い点・オススメポイント

先生の口数は少なく診察もテキパキとされますが、こちらが質問すればきちんと答えてくださるので余計な心配事が増えず安心できます。 受付の方は明るい雰囲気で、外来看護士さん・入院中の看護士さんや、助産師さんは気さくで優しい雰囲気の方が多く不安や心配の相談にのってくれます。 入院中のお食事がとにかく豪華で美味しい。毎日の食事も豪華ですが、メモリアルディナーはコース料理の用に運ばれてくるのでとっても特別な気持ちになります。

産科・婦人科・内科 高山クリニックを選んだ決め手!

3つの産院を検討しました。 ・里帰り出産ではなく、退院後もすぐに自宅に戻るので少しでも子供との生活リズムをつかむため母子同室であること ・出産後のメンタル的な心配があったため落ちるける完全個室があること ・初めての入院。入院中の楽しみは食事を聞いていたので料理がおいしいこと この3つを条件に検討し、料理の評判がすごくいいこちらの高山クリニックにしました。

産科・婦人科・内科 高山クリニックの改善して欲しいポイント

先生の口数が少ないので、自分からあまり質問できないタイプの方だと冷たく感じるかもしれません。 予約制ではないため、混雑時の待ち時間がとても長いです。 先生が1人なので診察時間内にお産が入ると、外来診察がストップするのでより待ち時間が長くなります。 (診察がストップしてる間も外来看護士さんが先に体重測定や、血圧測定などは進めてました) 母子同室になるとこちらからアクションがなければ、少し放置されてる感覚になることがありました。ナースコールなどでアクションを起こせばすぐに来てくれますが、初めての出産、育児だったので看護士さんや、助産師さんがもう少し様子を伺いにこまめに部屋へ来てフォローして欲しかったなと思いました。

産科・婦人科・内科 高山クリニックについてもっと詳しく

以下では、産科・婦人科・内科 高山クリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生はとっても口数が少なく、余計なことを言わないタイプの先生。 外来看護士さん、入院中の看護士さん、助産師さんがとっても気さくで優しい雰囲気の方が多かったので安心できます。 子育てしてきた助産師さんは、経験談を話しながらアドバイスしてくれたり、質問に答えてくれたりするのでお話してるだけでホッとします。 受付の方も明るい方でとても丁寧に対応してくれました。

院内の設備

全室個室(トイレのないお部屋もあり、その部屋によって金額が違ってきます)。 入院中と感じさせない内装の特別室有り。 入院準備がいらないほど、スリッパやシャンプーなど用意されています。 パジャマも毎日新しいパジャマを用意してくれています。 授乳クッションもお部屋にありました。タオルなども用意されていて本当にほぼ手ぶら入院状態。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は毎日朝・昼・晩すべてが豪華でとっても美味しい。特にメモリアルディナーはコース料理の用に運ばれてくるので豪華で特別な気分が味わえます。おやつも和菓子や洋菓子などバラエティーがあり、毎日楽しみでした。 母親学級や助産師外来(予約制)、マタニティーヨガなど出産前にあり、出産後も沐浴レッスンや母乳外来、育児相談、1ヶ月検診なと行われています。1ヶ月検診では、同じ時期に出産したママたちで集まり軽食を食べながらお喋りします。

私の産科・婦人科・内科 高山クリニックでの出産体験談を紹介します!

元々お腹が張りやすく安静が続いたマタニティー生活だったため、陣痛に気づくのに時間がかかりました。 いつもの張りと少し違うなと思いお腹の張りの間隔を測ると5分?7分になっていて、すぐに産院に電話して伝えると初産なのですぐにお産になるかどうかは分からないけど入院準備をして来て下さいと言われたのが0時過ぎぐらいでした。 1時過ぎに病院についてから、まずNSTにて赤ちゃんの心拍をお腹の張りの間隔を測り、しっかりとした陣痛でした。 それから入院する部屋へ移動し陣痛の痛みを耐えながら過ごし、4時半ごろに陣痛の波と共にバシャと何かが出た。「おしっこもらしちゃった」とその時は思ってたんだけど、実はそれは破水だったようでその後からの陣痛の痛さは今までと非にならないくらい辛く、もう耐えられないとナースコール。すぐに助産師さんが来て「破水して、もう子宮も全開・・・」と。そこから慌ただしく陣痛と陣痛の合間に車いすに乗り分娩室へ移動し、先生が来るで助産師さんがお尻をおさえてくれてイキまないように、深く深呼吸。 先生到着して、陣痛の波に合わせて3回イキむとツルン・ポンという感覚。5時32分に元気なわが子が誕生しました。 とっても安産で、助産師さんの予想以上に早い出産になりました。

産科・婦人科・内科 高山クリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この産科・婦人科・内科 高山クリニックの体験談・口コミは、平成25年4月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200757)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!