半田市立半田病院の口コミと体験談 愛知県半田市東洋町

半田市立半田病院」愛知県半田市東洋町 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

半田市立半田病院について

知多半島地域の中核病院で周産期センターNICU(新生児未熟児センター)が設置され、未熟児やリスクの高いベビーにも小児科医師が対応しています。未熟児や母児のリスクの高い妊婦さんが近医から多数搬送されたり通院されているようです。もちろん地域の通常の妊婦さんも通院されていると思います。個人産院のような豪華さやサービスの充実などはないかもしれませんが、母親教室、マタニティヨガや助産師外来がありお産にかかわる必要なことはそろっていると思います。医療者の教育機関でもあるので医師、助産師、看護師の卵さんたちの実習生さんたちがかかわることもあります。

半田市立半田病院の基本情報

「半田市立半田病院」愛知県半田市東洋町 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県半田市東洋町2-29 JR武豊線 「半田駅」下車東へ徒歩10分 名鉄河和線「知多半田駅」下車 東へ徒歩15分またはバス「市役所前」徒歩1分 知多半島道路半田中央ICまたは半田ICより車で15分

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

分娩

予定帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん2名 30代から40代くらいの先生 優しく穏やかな先生方です

半田市立半田病院の良い点・オススメポイント

総合病院であることから、ほかに疾患をかかえての妊娠など同じ病院の他の科で治療を受けながら産婦人科に通院することができます。また私立の産院のような設備の豪華さやサービスの充実(産後エステや豪華な食事など)はないかもしれませんがお産に必要な処置、検査は十分にそろった上で費用はシンプルな分抑えられると思います。

半田市立半田病院を選んだ決め手!

私はもともと子宮筋腫がある上での不妊治療(体外受精)、不育症治療を行いながらの妊娠でした。当初は里帰りをして実家の近くの私立の産院での出産を考えていましたが不育症の治療をしながらの妊娠管理だったので何かトラブルがあった時に十分なマンパワー、設備の整った搬送される側の病院での出産が望ましいと紹介先の病院の先生から言われ里帰り出産をせずこちらの病院での出産を決めました。

半田市立半田病院の改善して欲しいポイント

エコー

超音波エコーが2Dなので3D、4Dのエコーを取り入れてもらえるとよりエコー画像がわかりやすくなると思います。妊婦健診も無料券で行える範囲内での診察なので自費でもいいので行える検査(クワトロ検査など)の案内が最初にあるといいかと思いました 細かく対応するのは病院の特性上難しいかもしれませんがバースディプランや母乳の希望など事前に聞いてもらって可能な限り対応してもらえるといいと思いました。

半田市立半田病院についてもっと詳しく

以下では、半田市立半田病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

医師

先生は毎回同じ女医さんを指名していました。とても穏やかで優しい先生でした。私は不育症も合併していたのでそちらを治療しながらの妊娠だったのですが私の不安な気持ちなどもしっかり耳を傾けてくださり心配な時はいつでも受診してくださいといってくださっていたので精神的にもとても安心しておまかせるすことができました。助産師さん看護師さんもたくさんみえてわからないことや困っていることなど問い合わせてもしっかり対応してくださいました。出産後母乳で悩んでいた時授乳室で助産師さんからなんども声をかけていただき相談しやすい雰囲気をつくってくれているようでした。総合病院なので1か所で用事が済まないこともありましたが事務の方がわかりやすく説明してくれました。対応はいいと思います。

院内の設備

個室は4、5室しかなく希望していても満室の場合は大部屋(4人床)になります。また個室は普通分娩の場合出産前には入ることができず出産後からの入室です。それまでは陣痛室ですごすことになるそうです。私は予定帝王切開だったので前日から個室にはいることができました。(個室が開いていなければ帝王切開でも大部屋になるそうです。)公立の病院になるので設備はシンプルで最低限でアメニティなどは一切なく準備が必要です。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は産前は私立の病院のような豪華さはまったくなく産前は通常の病院の普通食 産後は産褥食ですがあまり豪華ではありません。1日だけお祝い膳がありました。いつもの産褥食よりは少し豪華な感じです。産後はおやつがありますがおせんべいやビスコがちょこっとパックのジュースが1本ついてくる感じのかなり軽いおやつです。入院中1回だけケーキが選べました。母親教室、マタニティヨガは定期で開催されていました。

私の半田市立半田病院での出産体験談を紹介します!

妊婦

私は不育症を伴っていたので臨月直前まで不育症の薬を飲んでの妊娠生活でした。何度か逆子になり38週くらいの帝王切開での予定でしたが直前になりなおって自然に陣痛を待つこととなりましたが結局予定日を超えても陣痛がおきず子宮口もまったく閉口したままで固い状態 おまけに臍の緒が巻いていることも発覚 レントゲンを撮ったら児頭骨盤不均衡とまではいかないが難産が予想され不育症もあるためここまでがんばって最後にトラブルがあるといけないので予定日を超えての予定帝王切開での出産になりました。入院するまでは子宮口まったく開かずかたい状態だったのですが手術当日麻酔をかけた後内診したが5センチ近く開いていたそうです。前日の夜はお腹の張りは頻繁に感じていたのですが緊張してるから眠れないだけかなと思っていたのですがどうやら陣痛が発生していたようです。帝王切開は滞りなく終わり無事に赤ちゃんをとりあげてもらうことができました。術後は麻酔が切れた後の子宮収縮の痛みや傷のいたみはつらかったですが赤ちゃんに会えたよろこびでなんとか乗り越えることができました。

半田市立半田病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この半田市立半田病院の体験談・口コミは、平成27年2月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200681)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!