広島市立広島市民病院の口コミと体験談 広島県広島市

広島市立広島市民病院」広島県広島市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

広島市立広島市民病院について

総合病院なので、子どもや母体に何かあってもすぐに対応して貰える所が一番のポイントだと思います。 そのためリスクの高い妊婦さんのみが出産できると勘違いされている方も多いですが、10週頃までだとリスクがないにしろ分娩予約可能でした。個人病院のようにエステだったり、ホテルのような病室や料理はでてきませんが、病棟はとても綺麗で新しいですし、市民病院は食事がとても美味しいです。出産して何日か後に豪華なお祝い膳も出ます。 私自身は、二度の出産を経験していますが二人とも広島市民病院で出産しています。 二回とも切迫早産になり長期的に入院しましたので、長い間先生や病棟の看護師さんたちにお世話になりましたがとても素敵な方ばかりで救われました。もちろん先生や看護師さんも沢山いらっしゃいますので少し厳しい人がいたり、きびきびした方がいたり、元気な方がいたりとありますが、長い間入院していても嫌いになるような方はいませんでした。 病棟はナースステーションから左か右で妊婦さんと産後さんで別れていました。 どの部屋にもトイレがあり、4人部屋か個室が選べます。空いていないときは選べませんが。 個室は一番安いところで一日4000円台だったと思います。 一番残念な部分は、陣痛室や分娩室は付き添いは1人までと決まっているところでしょうか? 病室に付き添いで泊まることもできません。 個人病院だと、家族で出産を見守ったり、病室も家族部屋があったりするところもあるので少しうらやましかったです。

広島市立広島市民病院の基本情報

「広島市立広島市民病院」広島県広島市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

広島県広島市中区基町7?33 広島市の中心部にあるのでアストラムライン、市電、バスどの駅も近くにあって便利です。

出産にかかる費用

35万程度

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

若い女医さんが多くハキハキしていて気軽に話せる雰囲気の方が多い

広島市立広島市民病院の良い点・オススメポイント

総合病院なので、子どもや母体に何かあってもすぐに対応して貰える。 NICUが産科のすぐ横にありました。 改装されてからあまりたっていないので産科病棟はとても綺麗です。 出産費用も個人病院に比べるととても安いので助かります。ご飯もとても美味しいです。 妊娠中に何か体を悪くしても同じ病院内で見てもらえるので安心です。 広島の中心部なのでとても便利です。

広島市立広島市民病院を選んだ決め手!

初めから安さとNICUがあることと、総合病院であることから市民病院しか考えていませんでした。 もし個人病院で出産して何かあった時、搬送されるのはこういう病院なので、何かあって搬送される時間とリスクを考えるとはじめからこのような設備の整った病院にしたほうが良いと思ったからです。 そのような設備の整った病院の中でも、安くて綺麗との口コミをみて決めました。

広島市立広島市民病院の改善して欲しいポイント

駐車場料金が高いことくらいでしょうか。 良くなるというより、家族部屋が出来たり、何人でも立ち会えたらいいなとは思いますが 総合病院ですし、様々なリスクを抱えて出産に挑む方が多いわけなので、何かしら理由があるんだろうなと思います。 大きい病院なので、外来と病棟は看護師さんが違うのと、病棟内でも妊婦さん担当と産後さん担当は違うのですこし不安はありました。

広島市立広島市民病院についてもっと詳しく

以下では、広島市立広島市民病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生も看護師さんもとても素晴らしい方ばかりでした。ただお偉い先生はいつも忙しいので、いざというときしか出てきません。 看護師さんも優しい方ばかりです。 病棟の事務の方は一人しかいらっしゃらないのですが、本当にいい方で、優しく分かりやすく丁寧に対応してくださいました。 切迫入院で長い間お世話になったので退院するのがさみしいくらいでした。

院内の設備

個室はあります。 一番安い個室にはシャワー室がついていませんが、トイレは全室あります。 お風呂がない部屋は共同のシャワー室を予約表に名前を書いて予約するシステムでした。 面会できるデイルームみたいなのが二か所あり、お茶、お水、お湯が無料でつげます。 一つのデイルームは自販機があります。 病院の1階にはローソンとドトールコーヒーが入っています。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

個人病院の様なエステはありませんし、食事も病院食ですがとても美味しいです。 朝ごはんは、パンかご飯が選べて、パンは1ヶ月おきにパンやが変わるのですが2種類あるうちの1種類がとても美味しいパン屋さんのロールパンなのでとても美味しいです。ご飯よりパンがおすすめ。 お昼ご飯は週に4回3択で選べる日があります。長期入院になるととても楽しみでした。

私の広島市立広島市民病院での出産体験談を紹介します!

ここでは二人目の体験を書きます。 5か月で切迫入院し、シロッカー手術を受け、お腹の張りや子宮頸管が落ち着かず1ヶ月入院。 その後自宅で1ヶ月安静生活そしましたが、また状態が悪くなり再入院。 そこから34週まで2か月入院しました。 36週で抜糸し38週で子宮口5センチ開いているのに生まれないため 検診時に刺激してもらいました。 その日の夕方チロチロ破水していることに気づき病院に電話し、すぐにむかいました。 車に乗り込む頃には陣痛開始していましたがまだ大丈夫でした。15分後痛みが下りてきて いきみのがししないと耐えれなくなり、車で生まれてしまったらどうしようと不安になりました。 その15分後病院に到着し、母が警備員さんにお願いして車いすで8階まで運んでいただきました。 この時すでに歩けず、母親は事情を説明し車をロータリーに置いたまま、長男を荷物を抱え着いてきてくれました。 病棟についたとき、沢山の看護師さんが、良く間に合った!よく頑張ったよ!と出迎えてくれた時、入院の時にお世話になった方々の顔を見ていっきに安心したのを覚えています。師長さんがおまたを押さえてくれました。 そのまま分娩台に転がり乗り、5分後生まれました。 とにかく分娩台の上で生まれてよかった。が1番でした。 母が車を駐車している間に生まれました。

広島市立広島市民病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この広島市立広島市民病院の体験談・口コミは、平成26年6月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200939)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!