大谷地産婦人科の口コミと体験談 北海道札幌市

大谷地産婦人科」北海道札幌市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

大谷地産婦人科について

この病院での出産は2回目ですが、どちらも落ち着いて出産できました。大きい病院ではないですが、院内の作りが広く、妊婦や子供連れでも安心です。看護婦さん、助産師さんもきつい方がいないので、リラックスして通院・出産できます。出産時の分娩イスが新しくなったらしく、力をいれていきむ事ができてよかったです。おかげで親子共々元気に退院できました。

大谷地産婦人科の基本情報

「大谷地産婦人科」北海道札幌市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

札幌市厚別区大谷地東5丁目13番 地下鉄東西線「大谷地駅」から徒歩5分。駐車場も広いので、車でも行けます。

出産にかかる費用

43万

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩。出産前に促進剤使用。(錠剤&点滴)

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん無。

大谷地産婦人科の良い点・オススメポイント

母乳育児を押し付けてこない点です。他の産院でも出産したことがありますが、出産当日 のあまり母乳が出ていないときも、ミルクを与えず糖水のみで夜を過ごしました。赤ちゃんは泣くし、体はつらいしで大変でした。しかし、大谷地産婦人科では、体がつらいときは、助産師さんが預かってくれてミルクを与えてくれました。おかげでゆっくり休む事ができました。おっぱいマッサージや飲ませ方の指導もしてくれるので、母乳育児をしていこうと考えているママにもおすすめです。

大谷地産婦人科を選んだ決め手!

コスパが良いと思います。病院にあまりコスパを求めるべきではないとは思いますが、出産費用は、病院によって大きな差があることも事実です。大谷地産婦人科は、補助金で収まる額ですが、安心満足な出産が可能です。曜日や時間帯によっては、個室に入っても補助金で収まる額で出産することが出来ます。食事も比較的美味しいです。

大谷地産婦人科の改善して欲しいポイント

多少院内の設備は古いように感じます。診察時の椅子や、NSTのときの椅子、キッズルームのお人形や、トイレが1つ和式なところなどが、気になります。清潔感はあるのですが、古い感じが否めません。このような点が改善されると、いいと思います。あとは、待合室の狭さです。外待合は広いのですが、中待合が狭いように感じます。ただでさえお腹が大きい妊婦なので、もう少し広いといいと思います。

大谷地産婦人科についてもっと詳しく

以下では、大谷地産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は、高齢とまではいかないですが、おじさん先生2人に、産科医としては若めの先生です。あとは、大きい病院から週1回、先生がやってきます。診察は丁寧で、エコーでもしっかり見てくれます。体重の増加も、まあまあ注意される程度です。看護婦さんも優しい人が多いです。注射もヘタな人にあたったことはありません。事務の方はいつも丁寧です。次はいくらくらいかかりますか?と聞くと、調べて教えてくれたりします。

院内の設備

個室の内容が充実していればいいと思います。特に、シャワーがついていればいいなと思いました。シャワーが2つで、入院されている方がみんな順番に使うので、自分が使いたいときに使えない場合があります。また、部屋から遠いといろいろ荷物を持っていくのが大変なので、個室に欲しいと思いました。また、洗面台とトイレが同じところにあるので、別になっていれば使いやすいと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はまあまあですね。メニューによってはとっても美味しいと思うものもありますが、全く箸が伸びない物もあります。野菜が多めなので、そのせいかもしれません。また、夜ご飯より昼ごはんのボリュームがよく、満足できました。特に、塩ラーメンはアツアツで、入院中にラーメンが食べれるとは思いませんでした。産後1000円で足裏マッサージが受けられます。出来ればフェイシャルもあるといいなと思いました。ちなみに、2000円のメニューですが、1000円は、病院が負担してくれているそうです。

私の大谷地産婦人科での出産体験談を紹介します!

3人目の出産ということもあり、予定日より早く生まれると思っていましたが、結局予定日を過ぎ40週1日で入院。促進剤(錠剤)とバルーンで、陣痛を付けることに。しかし子宮口が開いていなさすぎるためバルーンは入らず。錠剤は服用しましたが、結局初日は陣痛が付きませんでした。40週と2日目。朝から促進剤(錠剤)を服用し、院内を歩いていたら痛みが来ました。スタートは10分間隔。それから点滴の促進剤に切り替え、それからお昼ご飯を食べているときには2分間隔。食後すぐ破水、すぐに分娩台に移動し、5回ほどいきむとすぐ生まれました。10分間隔で始まってから3時間ほどの、超安産でした。2分間隔でもお昼ご飯を間食する余裕ぶりで、まだまだ生まれないと思っていたのでビックリです。というのも、上の二人は微弱陣痛で12時間以上の陣痛を経験していたので、自分はまだまだだと思っていたからです。3人目って本当に早いものですね。

大谷地産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この大谷地産婦人科の体験談・口コミは、1/22/2015時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(201328)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!