静岡済生会病院の口コミと体験談 静岡県静岡市駿河区

静岡済生会病院」静岡県静岡市駿河区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

静岡済生会病院について

総合病院の産婦人科になります。 総合病院内になるため、検査・処置の施設と設備が充実しています。 産科のとなりの部屋に生まれたばかりの子供のための設備が充実しているため、 出産時にトラブルがある妊婦の受け入れも可能で、 トラブルにも迅速に対応してくれます。 個人病院とのちがいは、オプションの充実がないので 出産施設でのエステや食事内容の充実を希望される場合は対応していないようです。

静岡済生会病院の基本情報

「静岡済生会病院」静岡県静岡市駿河区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

静岡県静岡市駿河区小鹿1?1?1 JR静岡駅からバスまたは車で10分、静岡鉄道柚木駅下車で徒歩15分

出産にかかる費用

お金

約40万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有り、30?40代のきりっとした先生がいらっしゃいます

静岡済生会病院の良い点・オススメポイント

妊婦

私の場合は先に破水をしてしまい、個人病院に通院していましたが、出産時のリスクの高い妊婦は請け負えないと断れ、総合病院へ行くこととなりました。そういった、リスクのある状態でも受け入れてくれた点がおすすめです。出産はその日まで順調でも、そのときになにがあるかわからない不安があるので、トラブルに迅速に対応してくれるのは助かりました。

静岡済生会病院を選んだ決め手!

私の場合は個人病院に通院中でしたが、10に記載の理由により、入院を断れてしまったため、うけいれてくれるのが総合病院という理由でそちらを選びました。通院前までは3つほどの産院を検討していましたが、総合病院よりも個人病院のほうが診察や入院がゆったりすごせそうでしたので、個人病院に通院しようと考えておりました。

静岡済生会病院の改善して欲しいポイント

出産直前の入院部屋が4人部屋にはいったのですが、これから出産を控える妊婦さんばかりで、夜中になると陣痛がおきたり、容体が急変したり、急患が入る部屋でした。あまり長く滞在する妊婦もいないのかもしれませんが、わたしは5日ほどいたため、なかなか眠れず、休むことができませんでした。休めないときは、場所を移動するなどの配慮があると休まるかもしれません。

静岡済生会病院についてもっと詳しく

以下では、静岡済生会病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

助産師

親切で丁寧でとても心強かったです。直前まで違う産科にかよっていたので、総合病院での勝手もわからず、また夜中になると陣痛がきて、あさにはひいてしまうので、夜中も献身的に対応していただいて、安心して過ごすことができました。また産後も赤ちゃんの接し方などが明るく思いやりを持って対応しているのが感じられたので、印象がとてもよかったです。

院内の設備

通常の料金の範囲は4人部屋で産科は産科のみという配慮があり、ほかの婦人科の病気のひとと同じになることはありません。料金のアップをすると、4人部屋でもカーテンだけのくぎりではなく、半個室のように仕切りがついた4人部屋にグレードアップが可能です。実際この部屋で産後はすごしましたが、一般の4人部屋より人目も音も気になりにくく、過ごしやすかったです。個室も用意があります。院内のアメニティなどはおしめ・乳パット・ナプキンなどの出産・産後に必要なセットを最初に購入し、余分なものは置いてありませんでした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

産後の食事がもうすこし充実するといいかと思います。個人病院のメニューをみていると、まるでレストランのような充実ぶりでだったため、まったく違うのに驚きました。そこまでの至れり尽くせりのメニューでなくてもいいですが、実際に食べた食事が病院食の薄味のイメージが強く、出産は大変な作業なので、食が進むような献立だと産後の入院期間が快適になるのではと思います。退院直前の一日、一人ではたべきれないパーティー料理みたいな料理が祝い膳として出されます。

私の静岡済生会病院での出産体験談を紹介します!

出産 赤ちゃん

予定日より一か月も前に破水をして、総合病院に入院したものの、まったく生まれる気配がなく、陣痛促進剤を投与してもらっても微弱陣痛で、破水から5日も陣痛に至りませんでした。見かねた病院の先生に、スクワットをとにかくして、病院内をたくさん散歩しなさいと指示を受けました。大きいおなかであんなに運動したのは、あの時くらいだと思います。5日たっても生まれないため、本日中に陣痛がなければ明日帝王切開にしましょうという話しがあり、出てこないとおなかを切られちゃうよとお腹の子供に話しかけたのを覚えています。その日の夜中に陣痛がはじまり、翌日6日目の昼に子供が生まれました。話しをきいていて、危機を感じたのかもしれませんね。

静岡済生会病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この静岡済生会病院の体験談・口コミは、11/28/2011時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(201840)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!