医療法人 恵愛会 恵愛病院の口コミと体験談 埼玉県富士見市

「医療法人 恵愛会 恵愛病院」埼玉県富士見市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

医療法人 恵愛会 恵愛病院について

高級ホテルのような病院で、全室個室。 ママファイルというファイルがあり、そこに、妊娠中の過ごし方などの知識が載っています。 出産した翌日より、母子同室がスタート。(体調的に、無理なら預けられます) 基本的に、入院時に必要なものは、ほとんどそろっています。入院中の食事もおいしく、 沐浴指導や、マッサージなどあり、入院中は、かなり忙しい印象でした。

医療法人 恵愛会 恵愛病院の基本情報

「医療法人 恵愛会 恵愛病院」埼玉県富士見市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

埼玉県富士見市針ヶ谷526-1 東武東上線「みずほ台」駅から、無料送迎バスあり

出産にかかる費用

585,500円

出産の際の分娩の種類や方法

計画出産

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

あり 若いが、話やすい

医療法人 恵愛会 恵愛病院の良い点・オススメポイント

なんでもそろっていて、母親学級に出ていれば、基本、あまりそろえなくても 赤ちゃんを迎える準備はできます。 入院中もお食事もおいしく、家族を招待できるので、よい。曜日により、和食・フレンチ・イタリアンと 変わるので、それも楽しみの一つです。 産まれてからも3歳まで、プレゼントが届きます。授乳指導もあり、母乳をどう飲ますかなども 教えてもらえます。

医療法人 恵愛会 恵愛病院を選んだ決め手!

義姉が産んだ病院2つ(川越の愛和病院と、赤心堂病院)と考えてみました。 義姉がいうには、赤心堂病院は、大部屋で、あまりプライベートがなかったと聞き、 愛和病院は、やはり高級ホテルのような病院でいいと聞きましたが、南古谷駅からバスということで、 健診に通うときに、やはり便利で、自分で行ける範囲ということで、 最寄り駅の隣の駅にある、恵愛病院を選びました。

医療法人 恵愛会 恵愛病院の改善して欲しいポイント

曜日や、時間によって、待ち時間がすごい時があるので、つわりの時などは、 大変でした。上の子がいるなかでの、待ちだったので、大変だった。 薬を出されるとき(貧血で鉄剤を飲んでました)や、会計が遅く、すごい待ちました。 体調悪い時は診察で待ち疲れ、さらに待つということがあるので、もう少し、診察後、すぐに会計などしてもらえると よかったと思います。

医療法人 恵愛会 恵愛病院についてもっと詳しく

以下では、医療法人 恵愛会 恵愛病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

看護師、事務スタッフさんは、みんな優しく、てきぱき仕事をこなしている感じでした。 先生によっては、聞いてることに対し、当たり前でしょ?というような、ちょっと冷たい対応の先生も 中にはいます(患者によってはそれがいいという人もいるので、何とも言えないですが)大体の先生が、 優しく、聞いたことには、いろいろと答えてくれます。先生の指定もできるので、最初の健診のうちは、 指定せず、いろんな先生に診察してもらうことをお勧めします。

院内の設備

全室個室。テレビ、エアコン、トイレなどあります。 (部屋によっては、シャワー室などあるところもあります) アメニティはとりあえず、入院期間中はこまることはないです。(ブラシやタオル、コップ類もあり) シャワー室も先生のOKが出れば入れます。ロビーに売店もあります。 キッズルームもあり、兄弟が預けられます。(診察時に預ける事ができます)

入院時の食事やその他のアクティビティについて

和食・フレンチ・イタリアン・中華料理と曜日によって、コースが決められています。 朝はビュッフェスタイルで、その場でオムレツを焼いてもらえたり、焼き立てパンも味わえます。お祝い膳として、 家族も招待できます。 病院と提携している、柳瀬川駅にあるNASで、マタニティースイミングや、ヨガなど、産前・産後のクラスがあります。 エステや、退院時には、ヘアセットをしてもらえます。 また部屋にマッサージに来てもらえます。

私の医療法人 恵愛会 恵愛病院での出産体験談を紹介します!

計画出産ということで、計画日の前日入院が基本です。(私の場合は、二人目で、しかも少し子宮口が空いているということで、当日の朝に入院しました) 下剤を打ち、陣痛促進剤を打ち、陣痛を促すも、なかなか陣痛が起こらず。 さらに促進剤の量を増やし、ようやく陣痛が起こりますが、なかなか赤ちゃんが下がってこないので、様子見。 しばらくたつと、事態は急変。2番目の子なので、会陰切開しなくていいと思っていたようですが、切開をするも少し 遅く、会陰裂傷してしまいましたが、3度ぐらいいきむと、生まれました。(ただ、今回は、助産師さんがいきみの声掛けを あまりしてくれなかったので、タイミングがよくわからず、一人目より大変でした) 出産後、身長などの計測をする様子がモニターに映し出されるのですが、モニターが不調で、見られませんでした。 後で、主人が撮っていたビデオをみました。 傷が裂けてしまったのもあり、出血が多く、お昼すぎに出産したのに、LDR(出産するお部屋)から出られたのは、 夜でした。二人目だから楽かなと思ったのですが、やはり、自然に反して、薬で日にちを決めて、出産したので、 大変でした。

医療法人 恵愛会 恵愛病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この医療法人 恵愛会 恵愛病院の体験談・口コミは、7/8/2009時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(202762)

「恵愛病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!