青葉ウィメンズクリニックの口コミと体験談 神奈川県横浜市青葉区

青葉ウィメンズクリニック」神奈川県横浜市青葉区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

青葉ウィメンズクリニックについて

青葉区は出産まで対応してくださる病院が少ないので、多くの方が来ています。 分娩室が、音・アロマ・映像を使った世界初の癒しの空間であることがうりのようです。 病院は、上品で綺麗な雰囲気です。待合室では、雑誌や画像を楽しむことができるのでリラックスして過ごすことができます。 予約システムがしっかりしていて、次回の予約をとる場合など簡単で便利でした。

青葉ウィメンズクリニックの基本情報

「青葉ウィメンズクリニック」神奈川県横浜市青葉区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

横浜市青葉区青葉台1-29-15 東急田園都市線 青葉台駅より送迎車両があり便利でした。

出産にかかる費用

約65万円

出産の際の分娩の種類や方法

吸引分娩・陣痛促進剤・会陰切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは在籍しているようですが、一度も見かけませんでした。46歳ぐらいです。

青葉ウィメンズクリニックの良い点・オススメポイント

予約を取る必要がありますが、青葉台駅まで送迎車が迎えに来てくれます。 体が重いので、送迎のサービスは助かりました。車の種類も高級車なので乗り心地が良かったです。 病院の中で使われている予約システムの内容が良く、予約時間に行くとだいたい待たずに診ていただく事ができました。 他の産院に行った友達に聞くと、予約時間に行っても待たされることが多いと言っていました。

青葉ウィメンズクリニックを選んだ決め手!

助産院だと、医師対応ができないのでなにかおきた時に怖いなと思いました。 少子化の影響で、マスコミがあまり公にはしないけど、助産院だと結構危ないめにあうケースがあるという事を聞いたので医師のいる産婦人科にしました。 陣痛がおきた時にすぐ対応してもらえるよう、家からの一番近いということと送迎車があるのが決め手でこちらの産院を選びました。

青葉ウィメンズクリニックの改善して欲しいポイント

夜間帯の看護師人数を増やすなど、サポート体制を強化されると良くなるかなぁと思います。 看護師さんの中には、性格がきつく入院している人同士で『看護師の◎◎さん怖いよね?』と噂をされていました。 私が、入院中に配偶者が会社を退社後に駆けつけてきてくれて面談時間の終了時間近くになってしまったことがあったのですが、怖い看護師さんから、『面談時間の終了時間が近いんだから早く帰ってください』と配偶者が言われました。 仕事の都合上、ピリピリするのは分かるのですがもうちょっと伝え方を変えてもよろしいのではないでしょうか。

青葉ウィメンズクリニックについてもっと詳しく

以下では、青葉ウィメンズクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科医の先生は、初めに年配の方が診察をしていたのですが、本人の心臓の調子が良くないとのことで途中から担当の先生が変わりました。男の先生でしたが、年代が30代後半で若く親切で色々と質問もしやすい雰囲気でした。看護師の方は、優しい方と怖い方と人によって色々でした。助産師さんが若い方が多かったように思います。事務スタッフさんも若い方が多く、親切に対応していただきました。

院内の設備

個室は、別料金になりますが用意されています。1日ごとに別料金が発生するのですが人によっては勘違いをしていて、1回個室の別料金を支払うだけと思っていて思わぬ出費になってしまったという方がいらっしゃいました。 入院すると、一式入院セットが用意されているので、着替えやタオルなどは全部揃っているので安心です。 母乳パッドなども入っていました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院の食事は、妊婦のスタミナが付くようにとても美味しくて栄養豊富でした。おやつの時間も、とても嬉しい内容でした。 子供を産み終わった後には、お祝い膳が出るのですが、ホテルのランチのように素敵な内容でした。 体調がすぐれない際は、食事を病室のベッドに配膳していただくこともできるので助かりました。 出産後は、便秘になりやすいのですが、院内でリフレクソロジーのサービスをうけたところ改善しました。

私の青葉ウィメンズクリニックでの出産体験談を紹介します!

10か月を過ぎたある日、下着がとても濡れていることがありました。初めての出産だったのでよく分からなかったのですが、破水かなと思い病院に連絡をいれました。事務の方が出たので、下着が濡れていることと白い粘着質のものもついていることを話すと、破水の場合は白い粘着質のものはついていないはずだから破水ではないと伝えられました。そのまま日にちが経過していき、今度は夜中に陣痛が起きたので病院に連絡をいれたところ、夜勤を担当している看護師の方が電話にでました。 陣痛が起きても、一時的なもので遠のいてしまう場合もあるからしばらく様子を見てくださいと言われすぐに受け入れをしてはいただけませんでした。何時間も陣痛が続いたので再び連絡をいれたところ、陣痛の間隔がぴったり10分間隔になったらまた連絡を下さいと言われまた受け入れを延長されました。結局、夜の内は受け入れをしてくれることはなく朝になって看護師の人数が増えると、すぐに来てくれという話になりました。医師の診察を受けると、もう破水も起こっていると言われ緊急を要する入院でした。 結局、以前に私が電話で破水かなと思って電話した時が破水の時期でした。 事務スタッフさんと夜勤の看護師さんの対応によって、無駄に体力を消耗してしまいきつい出産でした。 もう2度と経験したくないと思った出来事でした。

青葉ウィメンズクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この青葉ウィメンズクリニックの体験談・口コミは、5/29/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(202572)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!