セブンベルクリニックの口コミと体験談 愛知県稲沢市

セブンベルクリニック」愛知県稲沢市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

セブンベルクリニックについて

愛知県を中心にチェーン展開しているクリニック 総合病院ではありません 建物はおしゃれでホテルのようです。 待合室も広く快適に過ごせます。 分娩予約をするといろいろな特典がついてきて楽しいです。 今だと(2015年)マタニティブックというお腹のふくらみをかたどった本が作れる特典があります。 お食事がおいしい!おやつも毎回手作りです☆

セブンベルクリニックの基本情報

「セブンベルクリニック」愛知県稲沢市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県稲沢市小池4丁目122番地 名鉄国府宮駅、JR稲沢駅から車で10分程度

出産にかかる費用

約55万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

アリ さっぱりしていて分かりやすい

セブンベルクリニックの良い点・オススメポイント

全室個室です。 予約を断ることを基本的にしていないので、お産難民になりかけた私でも予約を取ることができて心底ホッとしました(笑) いろいろな面で最新機器がそろっています。子どもの顔も4Dで見ることができたり、毎回検診が楽しかったです。 お食事がおいしいです。産後のお祝い膳はフランス料理のコースがお部屋で食べられて幸せの極みでした。

セブンベルクリニックを選んだ決め手!

個室であること。クリニックの雰囲気がよかったこと。 今住んでいるところと実家からのちょうど中間地点であること。 今回の出産では、産院を決めるのが遅くなってしまい、私の希望するような個人のクリニック(個室)がどこも予約がいっぱいで焦っていましたが、ここはすんなり受けてくれてありがたかったです あとは口コミの評判もよかったので。

セブンベルクリニックの改善して欲しいポイント

時々予約しても待たされることがありました 緊急のオペが入ることがあったようです。 あとは妊婦健康診査受診票(妊婦クーポン)を使っても毎回2000円?4000円くらいの追加料金が出ました。 一人目の時の病院ではいつも追加料金なしで受診できていた気がするので、ちょっとイヤでした。 たぶん超音波の写真の性能がいいからかな?理由は分かりませんが。

セブンベルクリニックについてもっと詳しく

以下では、セブンベルクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は院長先生他、曜日で何人かいらっしゃいます。 最初の頃、診てくださっていた女医さんは30代かな?さばさばしていてすごく話しやすかったです。 性別も教えてくれます 事務のスタッフさんはたくさんいますが、いつも忙しそうでした。 かと言って感じは悪くなく、むしろよかったと思いますが忙しそうかな?と思うと声がかけにくかったかも。 看護師さんはたくさんいて、(入院中も次々違う顔をみたので)やさしい声掛けもしていただき、安心できました

院内の設備

全室個室です。 ベッドがひとつとトイレ、洗面所、シャワーがあります。ちょっと狭い印象ですが、一人で過ごす分には不自由しません。 お見舞いの方が複数で来ると少々狭いです、 アメニティはシャンプー、リンス、歯ブラシ、コップ、妊婦用ナプキンSMLなど一式の入った大きなバッグがもらえます。 産着も廊下に準備してあります。ドライヤーもあります。 テレビはカードがいりません。ベッドはリクライニングじゃなかったのでそれは少し不便でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

お食事は出来立てのおいしいものを運んでいただけます。 量も十分。デザートのフルーツがおいしかったです。 おやつはいつも手作りのものが出てきます。 アクティビティはヨガやマタニティビクス、母親教室(前期後期)、産後の体操教室みたいなものもたくさんあって 会員に登録すると半額くらいで受けられます。 産後のお楽しみとしてエステやマッサージなどの中から一つ選べます。 私はフットマッサージをしてもらいました。もう本当に幸せでした(笑)

私のセブンベルクリニックでの出産体験談を紹介します!

 6月27日。  毎晩毎晩出産の夢を見ていたあの頃。ある朝、目覚めてトイレに行ったら大量の鮮血がぁっ!!!がまん顔  (ここここここれは・・・私の知ってる「おしるし」レベルを300パーセント超えている!!!)とビビりまくった私は速攻クリニックに電話して診察してもらいました。    しかししばらくして血は止まり、子宮口も開いておらず。今日こそわが子に会えるに違いない!と思い込んでいた私はこうべを地上3センチの低さくらいまで垂れて帰宅家。  (自分への労いに「an-an いいオトコ特集」を買って・・・。)     今か今かと待ち続けている時はナゼあんなに長いのでしょうか。   結局、多少お腹は張るものの、陣痛らしき痛みはその後2日間、全く現れませんでした。   鉄砲の先っちょをずっとこめかみに突き付けられているような、ビクビク感で過ごします。   名づけるならロシアンルーレット式出産。(←イヤだわ、そんな出産・・・)     6月29日。   この日の朝、私はこめかみにあるエア鉄砲をそっと外しました。   もう開き直って動きまくってやる、と。   そうしてリーフウォーク稲沢を長男と歩き回ること4時間。なんならここのトイレで産んでやるわい。ヤンキーの高校生みたいに!!!とやけっぱちでいたのですが、疲れただけで陣痛来ず。   切ない気持ちで夜がやってきました。なぜ焦ってるかっていうと、平日は旦那が出張でいないのですよ。陣痛タクシーの予約はしてたけど、旦那がいるうちに出てきてほしいんですよ。  そんな親の勝手な都合を腹のコは知る由もなく。  サッカーを見ながらワインをちょびっと飲んでも、何の音さたもありません。   今日も会えませんね。   そう思いつつ眠りにつきました。    6月30日。  2:30  ん??お腹痛い・・・でもコレ陣痛の痛みじゃなくてちょっとお腹がくだってるような痛みだなぁ。トイレ行くの面倒だなぁ。  ・・・なんて思っているうちにちょっと痛みが増してきて、腰に来たような・・・・  ・・・てか・・・もしかして陣痛??!  時間を計ってみると5分きるくらいでやってくるその痛み。  まずい、経産婦だから15分間隔きったら連絡くださいと言われていたのに。  でも、やった!やっとキターーーーーーーーーーーーー!!  さんざん待たせて、出ると決めたら即行動。そんな性格なんでしょうか、このコは。  3:00  寝室の明かりをつけ        「出陣?!!!!!」とやたらハイテンションで旦那を起こす。                旦那はなぜかシャワーを浴びに行き(なぜこのタイミングで??!)        私は階下の義父母に連絡をして寝ている長男を引き渡します。        この間にも陣痛がグングン進む感じ        ついに車に乗る時、破水?        「ギャー ハスったハスった!!!」(なんなんだ「ハスる」って。)と爆笑  4:15  病院到着        内診すると子宮口の開き。。。何と1センチ       ガーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!        出たこのパターン。。。上の子の時の恐怖の拷問地獄を瞬時にして思い出す。        絶望の中 NST(陣痛の強さを調べる器械)をつけるけど、素人目に見ても痛みの波の進み方がけっこうハンパないんです。        30分経過でもう一度内診。。。3センチ。いいねー        この頃はまだ、旦那が気分そらしで見せてくれる長男の小さい頃の動画にも「癒される?」と付き合っておりました。        前回の長男の出産の時はとにかく叫んで叫んで叫びまくった陣痛タイムだったので、今回はもう経産婦の余裕を見せるべく、静かに耐えようと固く心に誓っていたわたくしなのです。       痛みに負けルナ!!(ノーシンのCM)とイヤホンを付けてaikoやYUKIの歌を歌ったり。         いいぞ!わたし!!この調子だ!!!  5:30         い・・・・いたい。しかし内診してもそんなに開いてないって言われたのが精神的に相当こたえて絶望レベルは一気に急上昇です。        あまりの絶望にその次の内診はもう拒否。「どうせ進んでないから内診しないでください!」」←モンスター患者。そうお呼びください。でも内診するとめっちゃ痛みが増すんです泣き顔        痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い・・・・・        もはや旦那の差し出すコタロの動画も振り払っております。        旦那はなす術なし、といった感じでスマホを見たり仮眠したり。                何なんだよーーーー!!この役立たずっ!ばかあほまぬけちんどんや!!!        痛みも手伝って私は思いつく限りの悪態を彼に浴びせかけておりました。        心のマイクに向かって!!             事前に読んだ本に「痛みを真正面から受け止めず、対岸から横に流す感じ」と書いてあり、なるほどなるほど、何となくわかるぞ。とイメージトレーニングしていたものの、本番では全く役に立たず、私は痛みを「いらっしゃいませ」と真正面から受け止め、本来なら対岸に流すべき痛みのビッグウェーブに乗りまくり湘南の海をサーフィンです    6:00         イカン!もういい加減、当初の誓いも破り叫びまくっておりましたが、このまま無策ではいけないと、陣痛が軽くなるという四つん這いの姿勢を取ろうと試みます。        本当は少しだって体勢を変えたくなかったけど、トライしてみなくちゃ。        そう思って体を起こしかけた途端、強いイキミの始まり始まり?!!! 私はその中途半端な姿勢から1センチも動けなくなりました。        かろうじてナースコールを押します。        「どうしました???」という看護婦さんの問いかけにも        「痛????????????????いっ!!●ДИш▼仝?&%=”#(←声にならないうめき)」         看護婦さん登場。そして内診        「ま。まだですよね??」軽くジャブると        「子宮口10センチ全開なのですぐ準備します!! ・・・あぁ、こんなことならさっき無理やりにでも内診しておくべきだった!!まだいきまないでね!」とかなり焦っております。そういう反省は思っても口に出さないでほしいものです。    でも・・・          まじスカーーーーー揺れるハート  ホント?もう生めるの??!  私は痛みの中でもかなり狂喜しました。本格的な陣痛から2時間くらい・。   しかし痛い!プラスいきみの下腹部だんじり祭り状態ですから私ももう大騒ぎです。  しかも分娩台の足をかけるところに足を乗せた途端、足が攣るっていう情けなさ。  「いたーーーーーーーーーーーーい!ぎゃあーーーーー!!!足がつったぁーーー」  ・・・・どこまでうるさいんだ。いい歳して。(-_-;)                     さて 「立ち合いはしたくない」と常日頃から言っていた旦那はそそくさと退室しておりましたが、ワタクシは(これがきっと最後のお産だから絶対立ち会わせてやる)と目論んでいました。  旦那をあだ名で「もや」と呼んでいるので、その時も    「もやーー!もやーーー!!!」と大声で外に向かって名前を呼んだら  看護婦さんに  「『もうイヤ』じゃないの!!がんばらなくちゃ!」と言われ  「いえ、、、違うんです、、、『もやーーー!!もやーー!!』」  「だから イヤ、とか言わないの!!ママが頑張らないと!」  「違うんですって。。。『も・やーーー!!』(←わかってもらえるように区切って呼ぶ)」  。。。というコント的な場面も本人からしてみたら必死です。  しぶしぶ入室してきた旦那はなかば強制的に立ち会うことになりました。    コタロの時は「2回深呼吸して。。。はい!いきんで!!」と指導してくれたのに今回の産院は完全放置。途中からベテラン助産師さんみたいな人が入ってきて  「そうそう上手よーはいーレバーを握って。。。ハイっイキんでっ!!」とやってくれたので助かった。頼むよ、褒められて伸びるタイプなんだよ、あたしゃ。(笑)  6:36      叱咤と激励の間で8、9回のイキみのあと、するりと生まれてきてくれた女の子。           お産の進みが速すぎて・・・お腹の上に乗せられても、あたたかいその子を信じられない気持ちで見つめてしまいました。4時間前はグースカ寝てたのに。今、私、生んだんだ。。。  イキみと次のイキみが来るまでの あの しーんとした静かな数秒。  生む瞬間の感覚。  生み終わった後に急激に痛みが引いて、1分後にはなーんの痛みのなくなる不思議な感じ。    こうしてしみじみと振り返れるのは、こどもが元気で出てきてくれたからこそ。  当たり前のコトのようで、本当に奇跡です。  神様、ありがとう。  おんなのこは成長が早くて、3歳にもなればおしゃべりで親をたじろがせる、と聞きますが頑張ります。    

セブンベルクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このセブンベルクリニックの体験談・口コミは、6/30/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(203313)

「セブンベルクリニック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!