あびこクリニックの口コミと体験談 千葉県我孫子市

あびこクリニック」千葉県我孫子市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

あびこクリニックについて

助産師さんが沢山いて助産師外来と言うものを行っています。診察前に採尿と血圧をしてから助産師さんとお話します。その時に体重測定や腹囲、子宮底長を測定し体重管理や不安なことなどいろんなことを相談することができます。時には夫婦間のことで不安なことなどでも出産経験者の助産師さんが話しを聞いてくれるので、気兼ねなくいろんなことが質問できます。 また、12週以降の妊婦さんの場合ネットで検診の予約ができるので便利です。

あびこクリニックの基本情報

電車

「あびこクリニック」千葉県我孫子市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

千葉県我孫子市我孫子4-3-25 常磐線 我孫子駅から徒歩5分

出産にかかる費用

60万円

出産の際の分娩の種類や方法

あびこクリニック独自のリーヴ法。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんはいません。医師はどちらかと言うとビジネスライクな感じです。

あびこクリニックの良い点・オススメポイント

授乳

助産師さん看護師さんと顔なじみになると、特に安心して検診を受けられます。また出産後入院中に母乳指導もきちんと行ってくれますし、食事もおいしく退院前には無料で髪の毛を院内のサロンでカットしてもらえます。退院前夜にはお祝い膳として、夫婦二人で近くのフレンチレストランでフルコースがいただけます。子供を新生児室に預けて送迎してもらえるのでとてもリラックスできます。

あびこクリニックを選んだ決め手!

他のクチコミサイトで評価が良く人気があったことです。また、いろんなサービスがあり希望すれば4Dエコー(有料)も受けられるところ。 自宅から歩いて5分で通院できたので、夫が海外出張で不在でも何かあった時にすぐ対応してもらえるところ。 また、クリニック内に小児科や小児歯科もあるので出産後もお世話になれること。

あびこクリニックの改善して欲しいポイント

悩む

医師がちょっと無愛想に感じるところ。また事務員がちょっと頼りないところ。小さいミスが多いです。その割にはちょっと高圧的な態度に感じるのが毎回イラっとさせられました。もう少しにこやかに柔らかい人当たりができるともっと雰囲気がよくなると思います。助産師さんの中にはさばさばしていてもう少し物の言い方を考えて欲しいなと思う方がいました

あびこクリニックについてもっと詳しく

看護師

以下では、あびこクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

看護師さん、清掃スタッフさん、配膳の方等はとても親切で雰囲気もいいです。 看護師さん(助産師資格有)は人によって感じ方はそれぞれですがずけずけ物言いをする方がいて、曜日によって助産師外来の担当が決まっていたのでその方の曜日は避けていました。 事務員さんははっきり言って、あまり期待しない方がいいです。毎回のように小さなミスをします。その時はもちろん謝りますが、通常はちょっと高圧的なものの言い方をされるように私は感じました。人数が結構いる割に対応はよくないです。 助産師外来があるせいか、医師とはそんなにコミュニケーションがうまくできませんでした。あくまでも助産師外来ではできない医療行為(内診やエコーでベビーの状態を診る)をするためといった感じです。

院内の設備

全て個室です。院内にはお産セットで足りない場合の産褥パット等の自販機があります。新生児との添い寝も可能なようにベッドガードが装着されています。入院中はクリニック専用のネグリジェがあるので入院時に授乳用パジャマを用意する必要はありませんん。病室に備え付けのハンドソープがありませんが、お産セットの中にポンプタイプのハンドソープが含まれています。退院時に持ち帰れます。シャワー室が4つあり、自分とベビーの状況で好きな時間にシャワーを浴びることができます。シャワー室には洗濯された、ネグリジェとバスタオルがあり座ってドライヤーで髪を乾かすことができます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

院内で調理しているため、暖かくておいしい家庭的なお料理が食べられます。出産後~退院までの間に院内のサロンで髪をカットしてもらえます。 退院前夜のお祝い膳は近くのフレンチレストランでフルコースが食べられます。また、別料金を支払えば人数を増やしてもらえます。外出せずに病室を希望した場合は院内調理のお祝い膳を選択することもできます。

私のあびこクリニックでの出産体験談を紹介します!

親子

切迫早産で8か月の時に2回入院しました。しかし予定日を過ぎても出産の気配がなかったため41週目に予定入院で促進剤(錠剤を飲んで)を使って出産しました。午後1時に病院に到着し、すぐに1錠促進剤を服用し間隔はあくもののしっかりした陣痛を感じるようになりました。その後2時間後にもう1錠服用。いよいよ出産へと言う感じになりましたが午後10時くらいには陣痛もひと段落してしまったためあと6時間くらいはかかるかも知れないということで、一度主人は帰宅。しかし、その後午前0時近くになって破水し、子宮口が開いてきたため分娩室へ移動。通常分娩するつもりでいましたが、高齢出産だったため出産後の体力温存も考えて、途中で無痛分娩に変更してもらいました。分娩室に移動した段階で主人に連絡を取ってもらい立ち会ってもらいました。 途中で無痛分娩を希望したため、もしかしたら麻酔が効かないかもしれないと説明を受けていましたが、陣痛の波が分かる程度まで痛みが治まっていたので、いざ息むときにはきちんと意識をしてお腹に力を入れることができました。 その後午前3時過ぎに出産。ベビーの処置をしてもらった後はすぐにおっぱいを上げ、照明を少し落としてくれて親子3人で1時間近く分娩室でのんびりさせてもらいました。結果論でしたが、あとで看護師さんから「麻酔を使っていなかったらもっとお産が長引いて赤ちゃんが危なかったかもね」と言われました。実際はどうなのかわかりませんが、麻酔を打つとお産が早く進むのだそうで、料金的には痛かったですが、無痛分娩に変更してよかったと思います。

あびこクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このあびこクリニックの体験談・口コミは、10/1/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(203183)

「あびこクリニック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!