自治医科大学付属病院 産科の口コミと体験談 栃木県下野市

自治医科大学付属病院 産科」栃木県下野市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

自治医科大学付属病院 産科について

先生は担当制ではないため、健診ごとに異なるが電子カルテなどで情報共有もされている。希望すれば毎回助産師との相談も可能。 産科病棟の看護師は、全て助産師の資格を持っている。産科に入院後は、担当の先生が3人と助産師1人のグループ制であたってくれます。 ローリスクの妊婦のみだが、院内の助産院での分娩も可能です。

自治医科大学付属病院 産科の基本情報

「自治医科大学付属病院 産科」栃木県下野市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

栃木県下野市薬師寺3311-1 JR宇都宮線自治医大駅東口から徒歩10分

出産にかかる費用

病院 分娩

約60万

出産の際の分娩の種類や方法

誘発剤を使用し経膣分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有、教授レベルだと年齢高めだが、他のDr.は30代くらいが多い印象

自治医科大学付属病院 産科の良い点・オススメポイント

病院 分娩

大学病院で周産期医療センターの為安心感かあり、他科にも協力体制が整っておりその後搬送などの心配はないと思います。小児科の専門病棟もあり、小児科ドクターが新生児のチェックなどもしっかりしてくれます。 私は血管が細く看護師さんがルートをとるのに苦労してましたが、検査技師さんもたくさんいるのですぐに病棟に呼んでもらえたりでき良かったです。 大学病院にしては自然な分娩を優先してくれているような気がしました。インフォームドコンセントもしっかり行ってくれ、今後どうするかなどを担当の先生と話し合いをでき心強かったです。

自治医科大学付属病院 産科を選んだ決め手!

大学病院で周産期医療センターの為安心感かあり、他科にも協力体制が整っておりその後搬送などの心配はないと思いました。また、ローリスクの院内助産院にも興味があり決めました。こちらの助産院は健診などは先生にお願いし分娩時は産科病棟のすぐ奥にある助産院での分娩という形で、何かあればすぐに先生なども対応できる体制になってました。

自治医科大学付属病院 産科の改善して欲しいポイント

個室は重症患者を優先なので、予約していても体調戻っていると判断されると大部屋に回されてしまいます。 食事は洋食と和食が選べますがとっても質素な病院食で、もちろんお祝い膳などはありませんでした。出産後はおやつとしてお夜食がでました。これだけが楽しみでした。食事に関しては本当に質素!味付けはほぼないと思ってください。

自治医科大学付属病院 産科についてもっと詳しく

以下では、自治医科大学付属病院 産科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

病院 部屋

電子カルテを通して皆で情報を共有してくれてるので、さっきも言ったじゃんなどと思うことはありませんでした。管理入院中、出産後も心のケアをしっかり助産師さんがフォローしてくださり、大部屋でのトイレが苦手と話すと、病棟にある個室トイレを教えてくれたり、母乳指導ではマッサージ、搾乳、抱き方などたくさん相談に乗ってくれました。退院後も院内の母乳外来に行くことも可能みたいです。

院内の設備

個室はありますが重症患者優先なので予約しても追い出されてしまうことが多いです。 アメニティは出産後のパジャマ以外はすべて自分で用意する形でした。 分娩で使用するT字帯、腰を支える帯の様なもの、ガード10枚など少し病院で用意してくれるものもありました。両親学級で持ち物については説明があり、パンフレットにも書いてあるのでそれを見て入院セットを準備しました。 大部屋は、お部屋にトレイと洗面台がついてます。シャワー室は妊婦用、産後用で2室用意されてました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

トースト

病院食は洋食と和食から選べます。前日までに言えば変えることも可能です。病院全体で同じ食事のようでとっても質素な食事で味付けもなくこっそりふりかけをかけてしまってました。トースターなどもあるのでパンの方が代わり映えある気がします。パンは食パンやロールパンなどでした。産後のみ、おやつとしてお夜食がでました。これは本当に嬉しく美味しかったです。マフィンや杏仁豆腐など色々な種類のおやつがでました。

私の自治医科大学付属病院 産科での出産体験談を紹介します!

病院 出産 新生児

41週6日での出産だったので41週になってからは管理入院しました。入院中は担当の助産師さんがウォーキングや、スクワットに付き合ってくださり陣痛誘発の手助けをしてくれました。残念ながら陣痛が来なくて、41週4日から誘発剤の処置が始まりました。初日はバルーン処置。朝から行い、夕方にはバルーンが自然に取れて終了。2日目は少し大きめのバルーンと、誘発剤の点滴。日中は助産師さんと階段を往復したりスクワットんしたりと動き回りお昼頃にバルーンが自然に取れました。その後少しずつ陣痛の波にも乗れ、夜の10時くらいから10分おきの陣痛でした。3日目は陣痛も乗ってきたので今日中に分娩しちゃいましょうとのことで、誘発剤の点滴と2日目同様運動をしまくり、お昼前には分娩室に行けました。分娩室では3回いきんだくらいで赤ちゃんが出てきてくれて、やっと終わったという感じでした。胎盤もスルッと出てくれて、切開などもせずゆっくり拡がった為か傷も少なく、処置は局所麻酔を打って5分程度縫うことで終わりました。ただ、出血が止まらず先生が3人がかりで傷口チェック。膣の奥の方が裂けてしまったとのことで、麻酔なしでの縫う処置をしてくれました。その後止血の為、1mガーゼを2本詰め込み、処置は終了。翌日、このガーゼを抜くのですがとっても痛かったです。ただ、1500ml程度出血してしまったため、この日はバイタルチェックをしなくてはいけないとのことで心電図をつけたまま分娩室で待機。なにげにこれが一番辛かったです。鉄剤の点滴も行い、なんとか輸血はせずにすみました。大学病院だったので先生も多く、色々な疾患も見ているとのことで本当に安心感がありました。

自治医科大学付属病院 産科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この自治医科大学付属病院 産科の体験談・口コミは、7/24/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(204179)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!