愛育病院の口コミと体験談

愛育病院」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

愛育病院について

自然分娩、母乳育児推奨、母子同室、病院スタッフはよく教育されており人数も多く充実してます。ブランド産院といわれている病院のひとつですが、建物はとても地味で食事やその他華やかではなく体育会系であるといえます。建物はいまは移転して田町になり綺麗になったようですが、その体育会的なところはあまり変わってないようです。

愛育病院の基本情報

「愛育病院」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都港区南麻布5-6-8 日比谷線広尾駅から徒歩10分位です

出産にかかる費用

80万位

出産の際の分娩の種類や方法

予定帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんもおられました。40代位。

愛育病院の良い点・オススメポイント

まず愛育病院は、総合周産期母子医療センター認定病院なのでハイリスク妊婦などにはとても安心できる病院だということです。スタッフの質もよく人員もたっぷり居られるので余裕がある感じがしてよかったです。また私は母乳で育てたかったので、徹底した母乳指導があるこの病院は助かりました。最初母乳が出にくかったときもマッサージなどもしてくれました。

愛育病院を選んだ決め手!

2つの病院から選びました。家から近い広尾の広尾日赤と愛育病院で決めたいと思っておりました。どちらもとてもいい病院だと思ったのですが、愛育は産科がメインの病院で日赤に比べて、病院内がすごくゆったりとしておだやかで幸せな感じがしたのがいいなと思い、それが決め手となりました。また広尾駅から日赤に歩くのは、つわりが始まった身体にはすごく辛かったのも日赤をやめた原因でした。

愛育病院の改善して欲しいポイント

移転前も、移転後の今も、追加料金なしのお部屋がとにかく狭いことです。びっくりするくらい狭いです。また出産後でなければお部屋の希望も言えませんし、その時お部屋が空いてなければ、一日10万円も追加料金の必要なお部屋かベットがくっつきそうなお部屋しかないときもあります。また基本母子同室なので、すごく疲れて休みたいときもなんだかんだと呼ばれてしまうので、もう少し新生児を預かってくれると嬉しいなと思いました。

愛育病院についてもっと詳しく

以下では、愛育病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

一応担当の先生は決まっているのですが、検診の時は毎回先生が違いました。先生は殆どの方が親切で、嫌な思いをしたことも殆どありませんでした。分娩後は看護婦さんが本当に多く、時間がたつごとに挨拶にこられるのですが名前を覚えられないほどでした。事務スタッフも基本的に親切でした。また土地柄外国籍の妊婦さんも多く、事務スタッフが英語を喋れるかたも多かったようです。

院内の設備

個室は、出産後に空いている部屋から選ぶことができます。つまりそのときによってとても高いお部屋か、とても狭い追加料金なしのお部屋しか空いてないこともあります。院内のアメニティは、入院の時に一括で大きな袋に入ってきました。内容は可もなく付加もなく、必要なものは入ってましたが最近の流行りのような豪華さはまったくありませんでした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は別に大したものが出るわけではありませんが、シンプルで普通に美味しかったです。妊婦エステなど華やかなものは何もなかったです。アクティビティとしては、産前のマタニティヨガ、マタニティエアロビ、産後のヨガ等がありました。お医者さんのOKが出てから参加となりましたし、何かあっても病院内ですので安心して参加できたので良かったです。また両親学級などはありました。

私の愛育病院での出産体験談を紹介します!

私は高齢出産等々のハイリスク妊婦だったこともありこちらを選んだのですが、結果とても良かったと思っています。産院がメインなので、いつも病院内が幸せムードでほんわかしてますし、ハイリスクの方も多いようで先生方も慣れてらっしゃるようでした。予定帝王切開となったのですが、主人が立会させてもらって手術となりました。自然分娩のように生まれる時の痛さはないですが、麻酔が切れた出産後1日は痛くて痛くてかなり辛かったです。それでも翌日から歩かされるし、子供の世話もしなくてはなりませんし大変でした。また愛育病院は別名「愛育道場」と呼ばれるくらいスパルタ母乳促進です。よっぽど必要がないかぎりミルクなんで出してくれません。私も最初は母乳の出が悪く、それでも鍛えてもらったせいで、退院時にはなんとか沢山でるようにはなってました。マッサージも何度もしてもらって痛くて涙がでそうでしたがそれで出るようになりとても助かりました。

愛育病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この愛育病院の体験談・口コミは、6月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

「愛育病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!