順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の口コミと体験談

「順天堂大学医学部付属練馬病院 産科」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科について

とにかく大きな病院で比較的新しいので、人気もありいつも大体混んでいます。そのため待ち時間はけっこうあります。他の産婦人科の病院に比べると出産にかかる費用は高めだと思います。母子同室で母乳育児が基本のようです。大学病院のため、ベテランの先生ももちろんいますが、研修生もいて検診の度に違う先生だったりして、初産だった私は不安なこともありました。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の基本情報

「順天堂大学医学部付属練馬病院 産科」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都練馬区高野台3-1-10 西武池袋線の練馬高野台駅から近く徒歩3分程です。駅をでて病院がすぐ見えます。

出産にかかる費用

約75万円

出産の際の分娩の種類や方法

陣痛促進剤を使った分娩でした。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん数名います。比較的若く優しそうな雰囲気です。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の良い点・オススメポイント

綺麗で設備がちゃんと整っているので、もし万が一のことがあってもしっかりと対応してもらえるところがおすすめです。出産はとくに何があるのかわからないので、安心感はかなり大事です。また大きな病院だけあって経験豊富な助産師さんも多いです。 切迫早産でしばらく入院していたこともあったのですが、病院内は売店やATMもあり、長期の入院になっても困りませんでした。産後はベビーマッサージなどもあります。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科を選んだ決め手!

私の場合、婦人科系の病気があるため、リスクありの妊婦だったので家から一番近くてリスクありの妊婦でも受け入れてくれる病院がここの病院でした。また出産は里帰り出産で地元の病院で出産する予定だったのですが、検診の時、切迫早産で即入院となってしまったため、里帰り出産はできず出産もここの病院でということになりました。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の改善して欲しいポイント

大きな病院で、設備も立派で良いのですが、全体的に出産にかかる費用がもう少し安ければ良いのになと思いました。 また忙しいのはわかるのですが、何にしても質問しずらい雰囲気がありました。初産の妊婦さんには研修生ではなくベテランの先生のほうが良い感じがしました。私が初産だったからかもしれませんが、もう少し説明が欲しいなと思うこともありました。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科についてもっと詳しく

以下では、順天堂大学医学部付属練馬病院 産科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

基本的には皆さん、優しく対応をして下さってるのですが、忙しそうなので流れ作業的な感じがして融通がきかないというか、とにかくマニュアル通りに対応する感じがしてこっちまで気を使ってしまってました。 でも出産のときには助産師さんにはいろいろとアドバイスをもらったり、励ましてもらったりととてもお世話になり感謝しています。

院内の設備

2人部屋、4人部屋、個室があります。個室はけっこう費用が高いです。ただ希望通りの部屋が空いていなこともあります。 アメニティは、レンタル料がかかるものもあります。また出産のときは、マタニティ用のアメニティセットがもらえるのですが、けっこう色々と揃っていて、わざわざ事前に自分で購入しなくても良かったものもあり、助かりました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院の食事は、病院食にしては普通に美味しいです。すごく凝ったメニューがでるわけではないですがボリュームもけっこうあるほうで満足でした。出産後は、お祝い膳みたいなものがでるのですが、思った以上に豪華で産後の疲れも吹き飛びました。お祝い膳は病室からでて家族皆と一緒にわいわいと食べられるので良い思い出になりました

私の順天堂大学医学部付属練馬病院 産科での出産体験談を紹介します!

3週間くらいの間子宮口が2㎝ほど開いているのにも関わらず、出産予定日から2週間くらいたっても産まれる気配がなかったので、陣痛促進剤を使っての出産になりました。陣痛促進剤の点滴を打ってからは、順調に陣痛がつき2時間ほどで子宮口全開になり、3回ほど力んだところ産まれました。促進剤を使用したので、合わせて3時間くらいで出産しました。自然分娩に比べて陣痛促進剤を使うと痛いらしく急に痛みがやってきて大変でしたが、促進剤を使ったことで旦那も出産に立ち会うことができて結果的には良かったんじゃないかと思っています。出産自体はあっという間のできごとで最初気持ちがついていきませんでしたが、切迫早産を経て無事に産まれてくれ本当に嬉しかったです。

順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この順天堂大学医学部付属練馬病院 産科の体験談・口コミは、8/17/2011時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

「練馬病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!