社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの口コミと体験談

「社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニック」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックについて

総合病院なので、赤ちゃんに何かあっても安心です。 血液検査や尿検査などは病院の別のところで行います。 基本予約制なので、待ち時間は短い方かもしれません。しかし、助産師外来もその都度あり、そちらでは待たされることも多いです。また、先生に聞けなかったことでも助産師さんに詳しく聞けたりするので、安心です。そして分娩予約時に前金で10万円支払いが必要です。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの基本情報

「社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニック」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

名古屋市南区白水町9番地 名鉄常滑(河和)線柴田駅南口下車徒歩3分

出産にかかる費用

約48万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんはいません。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの良い点・オススメポイント

・助産師外来があること。 実際分娩時は助産師さんとの時間が長いです。 この時にいろいろを話したりするので、分娩時はとてもフレンドリーに接してくれます。 バースプランも助産師外来で相談したりできます。 助産師のみなさんはとってもニコニコしています! ・外来と病棟が違うけれど、両方ともキレイ。 清潔感もあるし、施設全体がキレイです。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックを選んだ決め手!

里帰り出産だったので、実家から近いということが一番の決め手です。 他にも個人医院もありましたが、やはり出産時に赤ちゃんに何かあった際に、移送しなくてもその場で小児科の先生にみていただける総合病院の強みも決め手の一つです。 分娩室や個室などもキレイだったのと、出産費用も高くはないのでいいかなと思いました。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの改善して欲しいポイント

・女医さんがいない 気にする方もいると思うのですが、一名くらいいたらいいなぁと思いました。 ・ご飯の量が少ない 個人病院ではないので、ご飯は病院食といった感じです。 夜とか本当にお腹が減りました。 他のママたちもお腹が減るからとパンなどを買ってきてもらっていました。 最後の夜にはお祝い膳があり、メニューが選べるのですが、これは量が多い。平均して美味しい食事をそれなりの量ででてきたらいいのになぁとみんなで話していました。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックについてもっと詳しく

以下では、社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は気さくな方です。 健診時はきちんと赤ちゃんがどこにいるかなど教えてくれます。 分娩時は様子を見に来るのと、最後くらいしかいません。 助産師のみなさんは分娩時も入院中もとっても元気で温かく、さらにニコニコしていて、大変心強いです。 なので、不安なことはすぐに聞けるし、きちんと対応してくれます。 夜中に赤ちゃんを預けたときも安心できました。

院内の設備

個室は金額別であります。 シャワーがある部屋や旦那さんも泊まれるようにソファベットがある部屋もありました。 空きがない場合でも空いたらすぐに教えてくれて移動できます。 共有のお風呂は浴槽があるタイプとシャワーのみのタイプの2つあります。こちらは予約制になっています。 個室の方でも入院中は授乳室でおむつを替えたり、授乳したりします。ほかのママたちとも交流できて楽しかったです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は病院食です。個人病院のような食事は一切出てきません。 量も少ないので本当にお腹が減ります。 でも、おやつがでます! ファミリークラスやマテニティ・ヨーガ教室なども行っています。 立ち合い分娩の後、へその緒を切るという方はファミリークラスに出て、説明をうけなければいけませんでした。 ファミリークラスの後に病棟や分娩室の見学もできました。

私の社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックでの出産体験談を紹介します!

夜11時に自宅で破水をし、病院に連絡すると、すぐに病院に来てくださいということだったので向かうと、下の玄関で守衛さんが病棟から聞いていますといい、車いすを用意してくれていました。 その日は2つある分娩室は埋まっていて、私は到着後助産師さんに様子を見ていただいた後、子宮口が開くまで陣痛室という部屋にいました。 そこでは両親も一緒に過ごすことができたし、テレビもありリラックスできました。 朝に分娩室に移動してからは助産師さんが変わりました。 そして、この日は学生の方の見学をお願いしたいということだったので、2名分娩室でお手伝いしてくれました。 夫も間に合い、立ち会ってくれました。 子宮口が全開になってからも、赤ちゃんの頭が斜めにでてきてしまっていたので、自力ではでることができないということになり、最後は鉗子分娩という方法で先生に取り出してもらいました。 とにかく痛かったですが、笑顔で過ごす時間も多く、この病院で出産できてよかったなぁと思えました。

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニックの体験談・口コミは、13-6月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!