帝京大学医学部附属病院産婦人科の口コミと体験談

帝京大学医学部附属病院産婦人科」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

帝京大学医学部附属病院産婦人科について

総合病院なので、普通の出産のための産科以外にMFICU(総合周産期母子医療センター)でハイリスク妊婦の受け入れやNICU(新生児特定集中治療室)などがあり、未熟児や早産で産まれた赤ちゃんもすぐ対応できるところが安心でした。 ただ、御見舞いの人が来た場合は、親族や父親でも直接病室に入ることはできず、面会室を通してでないと会えないというのが他の病院と違うなと思いました。

帝京大学医学部附属病院産婦人科の基本情報

「帝京大学医学部附属病院産婦人科」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都板橋区加賀2-11-1 JR埼京線十条駅より、徒歩15分

出産にかかる費用

帝王切開だったので手術扱いになり、高額医療の手続きをしたために4万円弱

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんが一人いて、20代後半~30代前半。真面目で優しい先生でした。

帝京大学医学部附属病院産婦人科の良い点・オススメポイント

部屋が母子同室ではなく授乳室があり、そこへ毎回通って授乳するという形だったので、深夜の授乳は看護師さんたちが責任持ってミルクやおむつ換えをを赤ちゃんに行ってくれるので、夜中、明け方は母親の体を休めることができでゆっくり眠れたのがとても有難いことでした。 もし母子同室だったら、産んですぐ、ボロボロの体で色々な講習を受けた後、赤ちゃんの授乳、夜中も一日中お世話しなきゃならなかったら本当に倒れそうな勢いだったので、良かったです。

帝京大学医学部附属病院産婦人科を選んだ決め手!

友人が以前その病院で出産していたことと、最初から里帰り出産を希望していたので、実家に近くで安心なためこの病院を選びました。しかも出産前に色々問題があって予告もなく長く入院したために、何の準備もできず、その分両親が何かと荷物やら着替えなどを運んでくれるのにも、とても近い病院だったので良かったのだと思います。 実家の近くの他の産院も検討したのですが、実家から電車で二つとか、何よりあまり情報もなく、結果的にもそこ以外を選ばなくて良かったです。

帝京大学医学部附属病院産婦人科の改善して欲しいポイント

MFICUの患者さんと、普通の出産の患者さんの部屋があまり分けてないこと。 病院のベッドの関係で仕方ない部分もあるのでしょうが、まだ何ヶ月も産まれるのが先だけど、何かしら流産や早産の危険があるために一ヶ月二ヶ月仕方なく入院してる人の部屋でも、赤ちゃんが産まれたばかりのお母さんが嬉しそうに退院の話や子供の話をしてるのを聞かされるのは少し酷なことだなと思いました。

帝京大学医学部附属病院産婦人科についてもっと詳しく

以下では、帝京大学医学部附属病院産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

入院する前に一度挨拶のつもりで訪れたのですが、男の先生が多かったですがとても優しく対応して下さり、助産師さんも親身になって話を聞いてくれたのでリラックスできました。 看護師さんがとても若くエネルギッシュで明るかったです。退院する直前だけど、とても仲良くなり恋愛相談まで受けたりして、学生の頃に戻ったようで楽しかったです。

院内の設備

個室はありますが、元々産婦人科のための病院ではないので、病室代を安くしたい場合は6人部屋へ移動することも可能でした。 というより、その部分は他の病院とはあまり変わらず、どうしても空きがない場合は個室、大部屋が空いたら荷物持って移動、というのが当たり前のようでした。 それなので、アメニティなどが充実してるわけではありませんが、院内も綺麗で静かで過ごしやすかったです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

普通の総合病院なので、医療は色々備えられていましたが、エステなどは殆ど存在しません。 食事は、普通の病院食で、部屋のベッドで食べても、娯楽室で食べてもどちらでも大丈夫でした。 他の産院と同様、退院の前日の夜は、洋食か和食かで豪勢な食事がつき、今まで色々我慢していたケーキとか食べられてとても幸せな気分になったのを覚えています。

私の帝京大学医学部附属病院産婦人科での出産体験談を紹介します!

妊娠中、八ヶ月までは殆ど問題なく過ごしてきたのですが、仕事を退職した直後しばらく出産まで家で過ごすつもりが、早産の危険が高いということでそのまま入院になり、赤ちゃん用品を揃えるまもなく一ヶ月程病院で過ごすことになりました。ですが私以外にもそういった方は多くいて、返って励みにもなりました。 早産の危険が少し和らいだので、一時退院する前日、突然破水しそのままお産となりました。出産予定日まではまだ一ヶ月弱ありました。 普通分娩で産む予定でしたが、陣痛が短くなるにつれて赤ちゃんの心拍が弱ってきたので帝王切開となり、一時間程で生まれました。鳴き声が怪獣みたいで笑いましたが、無事に生まれてきて、保育器に入るのもセーフな体重だったので一緒に退院できました。 しかし、一ヶ月程ベッドの上で横になっていたせいか体力がなくなり、その後退院してからは大変でした。 退院する時、婦長さんの「よく頑張ったね」という何気ない一言で、今までの不安とかギリギリまで職場に通って大変だったこととか色々思い出し、涙が溢れました。 特に頑張った、これをした、というのは思いつかないけど、母親というのはお腹に赤ちゃん抱えてるだけで、人一倍頑張っているということに自信持っていいのだなと思いました。

帝京大学医学部附属病院産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この帝京大学医学部附属病院産婦人科の体験談・口コミは、4/26/2012時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!