都立大塚病院の口コミと体験談

都立大塚病院」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

都立大塚病院について

ここは高度な医療を目指しているので、紹介状が必要です。でも、近くの病院の先生にお願いすれば、紹介状を書いてもらえますからだいじょうぶです。 この病院の産婦人科には、体重500gのような早産で生まれた赤ちゃん専用の病棟もあり、周囲の産院でお産の時に妊婦や赤ちゃんに何かあった時の受け入れ先となっています。 その為、ここで分娩中に何かあっても、ここから他の病院へ転送されることはありません。 高度な産科の医療技術を持った病院なので、安心して赤ちゃんを産むことが出来ます。

都立大塚病院の基本情報

「都立大塚病院」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都豊島区南大塚2-8-1 池袋駅から東京メトロ丸ノ内線に乗って一駅目の「新大塚」下車。 そこから徒歩5分。

出産にかかる費用

26万円

出産の際の分娩の種類や方法

初めての子をラマーズ法で産んだので、ここでもそうさせてもらいました。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

現在は男性医師の数を上回っていますが、年齢は50代から20代までさまざまです

都立大塚病院の良い点・オススメポイント

何より高度な技術を持った医師達がいることだと思います。 医師達も看護師達も経験豊かな人達が多く、入院中の妊婦の様子を見て、緊急手術を行うこともあります。 また、産後4日目から赤ちゃんと一緒になるので、それまでにお母さんは健康を取り戻すことが出来ます。 また、妊娠中からずっと入院しているような人もいるので、看護師長さんからお産についての為になる話も聞くことが出来ました。 また、都立病院なので、最低限の費用で済む点も魅力です。

都立大塚病院を選んだ決め手!

1人目は夫と私が生まれた産院を選びました。でも、産後2日目から赤ちゃんと一緒になり、真夏にクーラーも夜は付けず、また母乳と布おむつでないと将来グレるとまで教育され、心身ともに疲れ切ってしまいました。 小さな産院だったので、食事は家庭料理で良かったのですが、行き家が来ても2時間逃すように言われて赤ちゃんを出せなかったり、赤ちゃんを産んだ後も階段を上って病室に行かされたりと、ちょっと辛いことが多かったです。 そんな時、母が婦人科で都立大塚病院で手術を受け、入院室の広さや産科の話も聞き、こちらの方が身体が楽だと思い、選びました。

都立大塚病院の改善して欲しいポイント

特にありませんが、時々煮豆が臭かったりして、食べるのをやめたりしたので、食事には気を付けて欲しいです。 また、予約制なので、遠くから来る患者には出来るだけラッシュの時間をさけるように、午前中の診察でも遅い時間にして欲しいと思います。 とに角全国から紹介状を持ってきているので、先生方も午後遅くまで午前中の外来患者の診察が終わらないという状態なので、そこは何とかならないでしょうか。

都立大塚病院についてもっと詳しく

以下では、都立大塚病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

女医さんの中には、やはり外科関係の科なので、気の強い先生もいますが、こちらが心を開いてわからないことはどんどん聞けば、先生も答えてくれますし、怖いようなことはありません。 1階の事務スタッフについては偉そうだったり、各課との連絡が上手く取れていなかったりということがあり、時々怒る人もいます。 私も用意するように言われた物を持って退院の手続きに行ったのに、これでは足りないと言われたので「産科で言われたことと違います。こちらは入院している身で1階まで来ているのですから、ちゃんと連絡はきちんとして下さい」と言いました。

院内の設備

都立の病院ですから、広さなどは充分ですが、アメニティやお洒落な食事等はありません。 個室はありますが、原則は6人か4人部屋で、個室は具合が酷く悪くなった人用という感じでした。 都立だけに、今時のお洒落な病院を思い浮かべるのは止めた方が良いでしょう。それより、無事に赤ちゃんを埋める幸せを感じられる人が選ぶと良いでしょう。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は特別にフランス料理などではありません。でも却ってそれが母乳を詰まらせたりしないので良いのです。 私が1人目を産んだ産院は毎日何かのアクティビティがあり、夜中の授乳で疲れていた私はナント途中で寝てしまったこともありました。 でも都立の病院だけに、業者との癒着も無いので、産後ゆっくりしていたいのに無理に運動させられることもありませんでした。

私の都立大塚病院での出産体験談を紹介します!

私は赤ちゃんが下の方へと下りてしまう質なので、初めてこちらを受診した時には早産を恐れて2週間入院しました。 でも、結局は出産予定日を過ぎて子供は生まれました。 しかも、それが2人目だった上に先に破水してしまったので、お産は順調にどんどん進み、あっという間に生まれてしまいました。 最初の子をいきみがきても2時間も産ませてもらえなかったので楽でした。ただ、大きな病院だけに、インターンの若い先生が会陰を縫ったので、そこが腫れあがり毎日痛み止めの座薬を入れる羽目になりました。 次の子は、陣痛がなかなか強くならず、いつ入院してよいかわからなかったのですが、これは臍の尾が赤ちゃんの首に巻きついているからだそうです。 いきんだ時、「ちょっと待ってね」と言われ、首に巻きついていた臍の尾をクルクルほどくのがわかりました。 陣痛がどんどん強くなると赤ちゃんの首が締まってしまいますから、自然と陣痛が強くならないようになっているそうです。 自然とはスゴイものだと思いました。

都立大塚病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この都立大塚病院の体験談・口コミは、1991年11月11日と1995年3月18日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!