慶應義塾大学病院産科の口コミと体験談

慶應義塾大学病院産科」 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

慶應義塾大学病院産科について

大学病院ということもあり、高齢出産の方や無痛分娩を希望される方など様々な方が受診していました。私は大きな病気をしてしまった為、こちらの病院に通うことになったのですが他の科との連携などがとてもしっかりしていたので安心して受診することができました。ホワイトボードに予約人数が記載されていたので、あと何人くらいで自分の番がくるかなどがわかりやすくしてありました。

慶應義塾大学病院産科の基本情報

「慶應義塾大学病院産科」 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

電車

東京都新宿区信濃町35番地 JR中央総武線 信濃町の駅の改札を出ると正面にあります。駅から徒歩1分のところです。

出産にかかる費用

約70万

出産の際の分娩の種類や方法

経膣分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

30代くらいの女医さんがおられます。とても親身になってお話してもらいました。

慶應義塾大学病院産科の良い点・オススメポイント

女医

充実した設備やいろいろな先生がおられる為、とにかく安心して受診することができました。助産師の方たちもとても優しかったです。私の場合妊娠初期に大きな病気をしてしまったので、そのケアも兼ねて助産師の方と何度かお話をする時間を作ってくださいました。病気のことや不安に思っていることなど、何でも助産師の方に相談できたのもとても心強かったです。

慶應義塾大学病院産科を選んだ決め手!

通っていた大学病院か里帰り出産にするか、2つの選択肢で悩みました。しかし病気をした為、里帰り出産は難しいと言われそのまま大学病院の方での出産を決めました。妊娠中期にもまた別の病気にかかった為、全てをこちらの大学病院で診ていただき、他の科とも連携がしっかりとれており、こちらで出産するのが一番安心だと感じ決めました。

慶應義塾大学病院産科の改善して欲しいポイント

待合室

いろいろな理由があって大学病院に通う方もおられた為、待ち時間はかなり長い方だと思います。予約の時間に来ても1時間以上遅れることはよくありました。大体の待ち時間は電光掲示板やホワイトボードに表示されていますが、妊婦なだけに後期になると椅子に座っているだけでもかなり大変なので少しでも待ち時間が減るようになればいいと思います。

慶應義塾大学病院産科についてもっと詳しく

以下では、慶應義塾大学病院産科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

助産師

とにかく先生を始め、ほかの方々も皆優しい方ばかりでした。いろいろと不安なことがある中、個人的に話を聞いていただいたり丁寧に診察してもらってとても嬉しかったです。特に助産師の方は患者さんの状態をよく覚えておられるようで、廊下で待っていても声をかけてくださる方もおられました。他にも大学病院は採血の場所やエコー室がいろいろな場所にある為、順番がわからなくなったり迷ったりもしましたが、事務スタッフの方がわかりやすく説明してくれました。

院内の設備

院内は昨年に改装されたということもあり、とてもきれいな内装になっていました。1人部屋と3人部屋があり、私は3人部屋でしたが一人一人のスペースはとても広く、お見舞いにくる人もゆったりと座れるぐらいのスペースでした。ロッカーなども部屋の中に一つずつ用意されています。ホテルのような病室ではないですが、ゆったりと過ごせる雰囲気のお部屋でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

朝からこんなに食べれるかなというくらいいろいろな種類のお食事が出てきました。どれもとても美味しくて毎回楽しみなくらいでした。退院前日の夜はとても豪華な御膳が準備されており、食べきれないほどのお食事でした。産後に体力や栄養を必要としているお母さん方にとってはとても食べ応えのあるものでした。そして退院時には記念の革の写真立てなどの記念品もいただきました。

私の慶應義塾大学病院産科での出産体験談を紹介します!

分娩室

陣痛がかなり強くなってから、看護師の方から「大学病院ですので、研修医などが立ち会ってもいいか許可をいただきたいのですが…」と言われ、あっさり許可した為に分娩室がすごい人数になってしまいました。全員で15人程になったのではないでしょうか。ちょうど午前10時頃という時間で研修医の方たちも病院にたくさんおられたようで、見学にこられたようです。私としてはもう少し早く聞いてくれたら断る余裕もあったかもしれないのに、あんなにしゃべれないくらい痛いときに聞かれたらどうでもよくなってしまい許可してしまいました。 しかし無事出産が終わった今から思うと私の出産を見て、今後研修医の方たちがいいお医者さんになってくれればと思います。

慶應義塾大学病院産科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この慶應義塾大学病院産科の体験談・口コミは、1/1/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(LTI001283620)

「慶應義塾大学病院」「産婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!