久保産婦人科医院の口コミと体験談 群馬県沼田市

久保産婦人科医院」群馬県沼田市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

久保産婦人科医院について

総合病院ではないので、病院内で定期的にマタニティーヨガや音楽コンサートなどを開催しています。コンサートは子連れでの参加も大丈夫です。この産院で出産をする方のための母親学級も前期中期後期と3期に分かれており、 その分1回の参加人数が散るため、体調や心配事の相談もしやすいですし、保健師さんや他の妊婦さんとの距離も近くなります。私は里帰り出産だったため後期しか参加できませんでした。3回全て参加したかったです。

久保産婦人科医院の基本情報

「久保産婦人科医院」群馬県沼田市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒378-0056 群馬県沼田市高橋場町2031-4 車での移動になりますが、沼田市のほぼ中心に病院があるので、何か足りないものの調達などにはとても便利な場所にあると思います。沼田インターからも近いです。

出産にかかる費用

478720円

出産の際の分娩の種類や方法

破水から始まり、その後自然に陣痛がきたため、自然分娩でした。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんはいません。院長先生は40代後半でとても優しいです。

久保産婦人科医院の良い点・オススメポイント

退院の際、お祝いとして、哺乳瓶、ミルク2種類、命名用紙、内祝いのカタログ、産院オリジナルタオル、育児日記帳などたくさんいただきました。出産してしばらくは外出ができないためこれらは非常に助かりました。中でも一番嬉しかったのはベビーリングです。赤ちゃん用とママ用で二つ入ってました。私は産休ギリギリまで仕事をしていたので記念品の準備ができなかったのですが、この産院で頂けたのでとてもうれしかったです。

久保産婦人科医院を選んだ決め手!

私の地元には総合病院と専門医院のふたつしかありません。私は今まで入院したことがないのですが、総合病院は人の出入りや入院患者が多いイメージがあり、少し抵抗を感じてました。一度お見舞いで来院する機会があり、施設の清潔感もすごく気に入ったのと、地元で出産する友人が皆この病院を使っていたため私も迷わずこの病院を選びました。

久保産婦人科医院の改善して欲しいポイント

私が出産した日は他にも入院患者さんが多く、少し混雑してたのかもしれません。看護師さんたちもバタバタしてました。忙しかったのかもしれないですが体温検査で熱を測ったあと、看護師さんがなかなか体温計を取りに来てくれず、結局2回測りました。その他にも先ほど説明を受けたのに別の看護師さんがもう一度部屋を訪れ同じ説明をされたりと、少し連携がとれてないのではないかと思いました。

久保産婦人科医院についてもっと詳しく

以下では、久保産婦人科医院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

院長先生はとても親切で丁寧でした。お若いのにベテランだと思います。院長先生がお休みの日はもう一人別の先生がいるのですが、機械が苦手なのか、エコーで赤ちゃんを確認するときに機械をお腹に強く当てられてしまい、痛くて泣きました。 看護師さん・事務の方もとても良い印象ですが、少し細かい説明が抜けてるように見受けました。(入院患者は入院中は1階に降りてはいけないなどの説明や、里帰り出産の助成金についての説明が不足してました)

院内の設備

部屋は全て個室でとても綺麗です。洋室和室、トイレのある部屋ない部屋とありますが空いている部屋から入室となります。部屋によって1泊の値段が違います。なるべくトイレのある部屋を選んだ方がいいと思います。洗面用具を準備するように事前に言われてましたが、シャンプーや化粧水など全て完備されてました。うがい用のコップは無いので用意した方がいいと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は病院食とは思えないほど豪華でバランスもよく、毎回とても美味しくて、完食してました。入院最終日はお祝い御膳を出してくれます。家族の分もお金を支払えば一緒に食べることができます。この産院はエステのサービスはないですが希望があれば看護師さんがマッサージをしてくれるようです。入院中時間に余裕がある方のために本やDVDがたくさん用意されてました。

私の久保産婦人科医院での出産体験談を紹介します!

4月4日夜中の3時頃。パジャマが少し濡れてる気がする、で目が覚めました。 でも破水ってもっと勢いがあるって聞いてたから違うよね、朝また様子見ようと思いましたが、やっぱりちょっと心配だったので念のため母に状況を伝えると、病院に電話しよう、ってことになり、入院の準備をして病院へ向かいました。 このときも陣痛は来てませんでした。 病院に到着して、診察するとやっぱり破水とのことで、お部屋を案内され、横になって、大丈夫なときに色々説明を聞かされ、しばらくするとだんだん生理痛のような強い痛みがやってきました。 誘発剤や促進剤などは使わず、自然に陣痛が来てくれて、今となってはよかったのかなと思ってます。 10?15分間隔で、痛いときと痛くないときがあって、痛いときはとにかく深呼吸。母が一生懸命腰をさすってくれました。 痛いって思ってても仕方ないので、陣痛のときはひたすら「赤ちゃん今ママが酸素送ってあげるからね?」と、もうただそれだけ考えてました。 痛くないときは出された食事をとって、母と看護師さんの話を聞いて、とにかく安産で産まれるように頭の中で再度復習してました。 夜中の破水だったため、途中で眠くなってウトウトしましたが、そのときは寝ていいというので構わず寝ました。 それでも15分くらいで陣痛に起こされます。そんなのをずっと、10時間繰り返してました。 10時頃、子宮口の開きのチェックで分娩室に移動。まだ2cmちょっとしか開いてませんでした。 13時頃、看護師さんよりまた分娩室への移動を言われ、再び子宮口のチェック。 助産師さんに5cmほど開いてきたと言われ、あとちょっとで終わるよと言われ…でも陣痛の痛みはこのときがピークで、心折れそうなのを必死で耐えてました。 とにかく耐え続けた陣痛のおかげ?で15時頃、子宮口が全開になり、いよいよ出産のとき。 助産師さんが3?4人いらっしゃいました。みなさんベテランに見えて、このひとの言うとおりにやろうと思い、指示されたままに呼吸し、力を入れました。声出しちゃだめ、そっちに力が逃げちゃうからと言われたけど、それだけは守れず…どうしてもふんばる声は我慢できませんでした。 頭が見え、そのあともうちょっとふんばったら、そこからはするっと出てきて、無事お産が終わりました。 分娩室には頭の上に大きなスクリーンがあります。お産が終わった直後スクリーンをふと見るとおめでとうございます、の文字があり、その後の赤ちゃんの様子を映してくれました。スクリーンから元気な赤ちゃんの様子を確認することができました。 私の助産師さんはベテラン助産師さんで、大きな声で的確に指示をして下さいました。とにかく新しい命の誕生というのは感動します。2人目もこの病院で産もうと思ってます。

久保産婦人科医院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この久保産婦人科医院の体験談・口コミは、2015年4月4日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(199121)

「久保産婦人科医院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!