広川レディスクリニックの口コミと体験談 愛知県大府市

広川レディスクリニック」愛知県大府市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

広川レディスクリニックについて

HPから予約が出来るが、予約開始になる当日朝7時直後にアクセス、予約をしないと午前診療が埋まります。午後診療は比較的待ち時間が少ないように思います。飛び込み対応有。

院長先生と他3?4名の医師がおり、曜日毎に担当医がいます。女性医師は私が通院していた時は1人いましたが、同じ曜日に他の男性医師もいますので女性医師が良ければ予約の際に伝えておくことをお勧めします。

広川レディスクリニックの基本情報

出産

「広川レディスクリニック」愛知県大府市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒474-0055 愛知県大府市一屋町四丁目88 JR共和駅から徒歩11分

出産にかかる費用

約6万円 部屋代です

出産の際の分娩の種類や方法

吸引分娩 普通分娩の予定だったが、途中で子どもの心拍が下がったため切り替えました

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有 30代後半で、てきぱきと物事を話す気持ちいい方でした

広川レディスクリニックの良い点・オススメポイント

出産

午前診療は取りにくいものの、時間にこだわらなければ当日予約も可能であることです。 ほかに2件の病院に行きましたがの産婦人科は予約が取りにくいように思えました。

私の住んでいる市には産婦人科のある病院があまりなく、集中するのも原因だったようですが選んだ病院では予約はしなければならないものの、何かあればいつでも来ていいよ、というスタンスでした。

広川レディスクリニックを選んだ決め手!

3つの産院を検討した結果、決め手は通いやすく予約が取りやすいことでした。入院をする際も個室が十分にあること、提携している大学病院などがあることを確認しました。

外したうちの1つは、予約が全く取れずに飛び込みも不可だったので除外。もう一つは他の付添の方がすんなりと診察室に入ってくることをスタッフが止めもしておらず、不審に思って除外しました。

広川レディスクリニックの改善して欲しいポイント

新生児

外来担当の看護師さんの態度がよくないので、もう少し丁寧に対応をして頂けたらいいなと思います。 ただでさえお腹の中に子どもがいるので動きにくいのに、診察室に早く入るように急かされたりきつい言葉をかけられて落ち込んでしまったりしました。

ただ、入院病棟の看護師さんたちはとてもいい印象だったので、そちらの看護婦さんとの連携をもっとして頂けたら改善するのではないかと思います。

広川レディスクリニックについてもっと詳しく

授乳

以下では、広川レディスクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生には様々な方がおられましたが、私の担当して下さった先生は細かく体のことや胎児の状態を教えて下さったので安心して出産に臨めました。

看護師さんは、外来の看護師さんは正直あまりいい印象はありません。御産と入院を担当して下さっている看護師さんたちはとても印象がよく、時には褒めてくださったり、叱ってくださったりしてありがたかったです。

院内の設備

有 大部屋は個室が埋まっている時はそちらにやむを得ず入院することになります。空き次第、個室に移動できます。 個室は種類が様々あります。家族が泊まれるようにとファミリー向けの部屋があったりワンがランク上の個室もあります。基本的に個室にはトイレがついています。

お風呂に関してはない部屋もあり、その部屋では部屋外にある共有のシャワールームを使うことになります。お風呂がある部屋では、ユニットバスがあります。 アメニティは御産で着る御産着、産褥ショーツ1枚、御産用ナプキン数枚、消毒ガーゼ1セットを頂けます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事量は大分多いです。食べきれないことのほうが多いように思います。ただ体重が増え気味の方には低カロリー食が出ますし、貧血の方には造血食が出ます。

また、出産後経過が良ければ基本的に5日で退院となりますので、最後の日にお祝い膳が出ます。 エステのオプションなどもありますが、私は受けていないので詳しくはわかりません。

私の広川レディスクリニックでの出産体験談を紹介します!

新生児

丸一日ほど陣痛がありましたがただの腹痛と思っており(予定日1か月前でした)気づいた時には陣痛が4分おきになっていました。病院に到着した際、すで子宮口が7センチ開いていたので即分娩台に昇りました。

3時間ほどで全開、いきみを開始しましたが直後に子どもの心拍が低下し、危険と判断されたために会陰切開し吸引分娩にて出産をしました。

子どもが呼吸をうまくしておらず、対応ができないとのことで大学病院へ救急車で運ばれそのまま50日入院しました。 総時間としては3時間40分ほどでした。

会陰切開は、間に合う人では麻酔をして頂けるそうですが、私は間に合わない&病院にある麻酔の種類にアレルギーを持っていたために使用はしませんでした。

広川レディスクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。

そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この広川レディスクリニックの体験談・口コミは、2014年11月6日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(199955)

「広川レディスクリニック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!