名古屋第一赤十字病院 産婦人科の口コミと体験談 愛知県名古屋市

名古屋第一赤十字病院 産婦人科」愛知県名古屋市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科について

総合病院なので、広くてとても綺麗でした。 でも広いから予約や会計、薬をもらうなどは移動距離もあったし待ち時間も長かったです。 産婦人科の先生も数名いらっしゃったので、固定の先生を決めるとなかなか予約が取れなかったりしました。 救急車の対応もしている為、突然診てもらうはずの先生がいなくなったりもありました。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科の基本情報

「名古屋第一赤十字病院 産婦人科」愛知県名古屋市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県名古屋市中村区道下町3丁目35番地 地下鉄の駅が目の前なので電車でも通いやすいです

出産にかかる費用

約60万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩でなかなか生まれなかったので、促進剤を使いました

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん 有 女の先生は若い方が多く、男の先生は年配の方もいます

名古屋第一赤十字病院 産婦人科の良い点・オススメポイント

総合病院なので、何かの時は転院することなく診てもらえるという安心感がありました。 看護婦さんも優しくて、名前もすぐ覚えてくれました。 産後の体調が良くなければ、夜間のミルクも代わりにしてくれるのでとても助かりました。 駅から近いのも通いやすいし、駐車場も広いので車の停める場所も困ることなく通院することができました。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科を選んだ決め手!

もともとは実家の近くの病院を受診したのですが、妊娠と同時に子宮筋腫が見つかり、流産の危険性、妊娠を継続できた時の危険、出産時の危険性、を考慮していただき名古屋第一赤十字病院を紹介して頂きました。 通うのにはかなり長距離となってしまいましたが、生まれてくる赤ちゃんの事、自分の体の事を考えて、この病院にお願いすることを決めました。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科の改善して欲しいポイント

看護婦さんの担当が毎日変わるのし、午前と午後でも変わったりしたので、お休みの時は仕方ないにしても退院までは固定の担当の方を決めて頂けたほうがいいと思いました。 母子同室で過ごすのには、個室ならいいのですが大部屋だと1人に対しての場所が狭く、赤ちゃんのベッドが入るとすごく狭くなるので、もう少し広く場所をとって頂けたら良かったと思います。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、名古屋第一赤十字病院 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

診察の内診の時は、男の先生は若い方も年配の方も痛かったです。 女の先生だと内診時の痛みはほとんどありませんでした。 看護師の方々はどの方も物腰優しく、丁寧な対応をして頂きました。 でも担当がコロコロ変わったので、お願いしたことが伝わって無かったりもしたことがありました。 事務の方はほとんどコンピューターでやっているので、退院時の会計の説明位でほとんど関わることはありませんでした。

院内の設備

個室は有り、広くて綺麗でした。 個室もシャワー室が付いている部屋、付いてない部屋と2種類ありました。 付き添いの宿泊はできませんが、泊まっても大丈夫なほどの広さのソファーがありました。 売店がありますが、産婦人科からは遠く買いに行くのは大変なので、必要な物は主人に頼んだりしてほとんど使うことはありませんでした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はごくごく普通の病院食でした。 正直、可もなく不可もなくといった感じでしたので、体は元気なので物足りなさはものすごくありました。 お祝い膳は出産した翌日位に出ましたが、それ程の豪華さもなく、味も薄味でした。 総合病院だからなのか、個人病院でよくあるエステ等のサービス的なものは一切なく、日々淡々としていました。

私の名古屋第一赤十字病院 産婦人科での出産体験談を紹介します!

陣痛が来て入院してから、出産までに2日半かかりました。 なかなか子宮口が開かなくて、すぐに促進剤を使いましたが効き目が遅くひたすら痛みに耐えて、1日に3回までしか使えない痛み止めの注射を看護婦の方が時間配分の事を考えて打ってくださったり、痛みで過呼吸を起こしたりして、ほとんど眠れないため少しでも眠れるようにと、妊婦でも大丈夫な睡眠導入の注射も打ってくださったり。 最終的には子宮口を触って開いてくれて、分娩台に移動して人工的に破水させてくれて、自力で生むのは体力的に限界だったけど助産師さんの声掛けに救われて、酸素マスクをつけながらも自力で生むことができました。 少し離れたところで、赤ちゃんの体温をあげたりをしてくれて、赤ちゃんの顔を向けてくれたり、写真を撮ってくれたりして。 大変だったけどとてもいい思い出です。

名古屋第一赤十字病院 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この名古屋第一赤十字病院 産婦人科の体験談・口コミは、2011年4月3日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200493)

「名古屋第一赤十字病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!